最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

「マンマ・ミーア!」5/29

保坂ドナ復活!

やはり彼女のドナでなじんでいるからか、演技、歌ともに、落ち着いていられる。熱唱ぶりには、ショーストップなみの拍手が起きる事があります。残念ながら、生オケでない四季では、これは不可能な話だけれど。彼女を大阪の舞台で観られるのも、もうあと少しだろうなぁ。目に焼き付けておくつもりで、しっかりと観てきました。

アンサンブルな面々も、少しづつ変わっているので、繰り返し観ると、いろんな変化を見られるのが楽しいです。衣装の小さな変化、指輪のあるなし。自由な演技が許されている部分もあるのでしょう、とても楽しそうに演じている役者さんを観ていると、こちらも楽しくなります。

この作品、やはり元気をもらえるので、へこんでいても、見終わった頃には復活している自分がいます。

今日は阪神が勝ちました!しかし、交流戦って面白いですね。来年以降も続けてほしいです。

解ってたまるか

自由劇場にて上演中の劇団四季の「解ってたまるか」を観劇してきました。

自分が生まれる前に書かれたとは思えない、内容が現代に通じるものがあって驚きました。社会や人間は全く変化していないのかもしれないです。

観る前に、喜劇、とは聞いていましたが、シニカルな笑いに溢れていまして。大人向けの笑いが会場に広がっていました。

久々のストレートの舞台の加藤敬二さん。シャープな顔つきが、悪人にも善人にもなれない、哀しい犯人像のイメージに合っていたと思います。

どれだけ長い台詞もきちんとこなされていたし、普段はキレキレ(笑)のダンスを見せる加藤さんの新たな一面を発見できて楽しかったです。

コーラス

映画「コーラス」を観てきました。

寄宿舎に舎監として赴任してきた教師と生徒たちの音楽を通しての交流を描いた作品。

音楽教師のマチューがとても温かい心を持って、生徒に接する姿に心が動きました。最初は、新任教師を馬鹿にし、反抗していた生徒たちだけど、マチューの情熱ある教え方に、次第に心を開き、音楽(合唱)の楽しさに目覚めていく姿、そして目の輝きが違ってくる彼ら。さらには、体罰を当たり前と思う校長の心をもほんの一瞬だが“いい人”に変えてしまった、「音楽」の力は素晴らしいものだと思います。ラスト近く、寄宿舎を去る事になったマチューに、生徒たちが別れのメッセージを綴った紙飛行機を、窓から飛ばすシーンに、涙が溢れてきました。

天使(以上かも)の歌声を披露した、ピエール役のジャン=バティスト・モニエは、さすがに現役の合唱団の所属とあって、素晴らしいです。いまだに彼の歌声が耳から離れないほどです。

ここのところ、阪神は負けが続いています・・・(号泣)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん