最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« ベートーヴェンマラソンコンサート 金聖響さん指揮 | トップページ | 「モーツァルト!」中川さん »

時には父のない子のように

京都にて、“チーム申”第1回公演としての「時には父のない子のように」という芝居を観てきました。

佐々木蔵之介さんと佐藤隆太さんの二人芝居です。

売れっ子芸人だった父の49日法要の日に再会した兄弟のやりとりで繰り広げられるお話。父の後をついで、芸人をやっている兄。上京して、ワンマンなボーカルのバンドでドラムをやっている弟。兄は恋人と別れてまでも芸人を続けようとし、弟は異論をはさむ、何故に弟は父の葬式にも姿を見せなかったのか、と兄は弟を責める。その理由は・・・。

芸人を演じている蔵之介さん、出身が関西なだけに、関西弁の台詞と、とても面白い演技で、その辺の若手芸人よりも面白いんじゃないかと思いました。

佐藤さんは東京弁で、ずっと二人の会話はそのまま。佐藤さんもなかなかお芝居が上手な方でした。お二人は同じ事務所で、ドラマでも共演されているので、息が合ったお芝居をされていました。今後もこの共演が見られたらいいなと思います。

芝居の展開としては、もう少しエピソードがあってもいいかと思いましたが。ラストの含みを持たせた終わり方は、観客に謎を与えたかもしれないです。“?”な感想をもらしている人が周りにいらしたので。

会場には、劇団☆新感線の演出家さんが観にいらしていました。次の新感線の公演に、このお二人が出演される可能性があるのかもしれない、と思いました(笑)

大入り満員。劇場が小さいので、観やすくて、お二人の細かな表情まで楽しむ事ができて良かったです。

« ベートーヴェンマラソンコンサート 金聖響さん指揮 | トップページ | 「モーツァルト!」中川さん »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/4650973

この記事へのトラックバック一覧です: 時には父のない子のように:

« ベートーヴェンマラソンコンサート 金聖響さん指揮 | トップページ | 「モーツァルト!」中川さん »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん