最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 現田茂夫さん | トップページ | 日韓友情年2005 記念クラシックコンサート »

「モーツァルト!」井上クン

梅田芸術劇場メインホールにて上演中の「モーツァルト!」を観劇してきました。

ヴォルフガングがWキャストで、今日は井上芳雄クン。何故か初演を見逃してしまったので、今回が初見となります。

今までにもモーツァルトを取り上げた芝居、映画などは観てきましたが、ここまで現代チックなものは初めてでした。

周囲の人間が彼の生きた時代の衣装(だろう)が、ヴォルフガングだけは、ジーンズにTシャツっぽい衣装が目立ちます。

もちろん、モーツァルトに関する今までも語られていた、彼の苦悩、周りの嫉妬、父親や妻との関係などの話は、変わらないものでしたが。

そして、観劇の最大の目的は、ヴォルフガングの父親役の市村正親さんだった訳ですが(笑)

「屋根の上のヴァイオリン弾き」を経て、きっと初演よりも父親っぽい雰囲気になっていると信じます。我が子の天才ぶりは自らが創り上げたもの、彼の才能を支えられるのは自分だけ、子供が手を離れるのは許せない、等々、かなり親バカ(失礼)な父親でした。しかし、究極のところ、親とはこんなものでしょう。ましてや、類まれなる才能を持ったわが子となれば、尚更。

二幕にて、「オペラ座の怪人」を彷彿とさせる仮面舞踏会、そして、まさしく怪人と見間違う衣装をまとって現れた市村パパ。頭の中には、「オペラ座」の曲が流れ、市村さんのあの歌声がよみがえってきて、しばし別の世界へ旅立った私(笑)

で、井上クン。自分の才能を信じ、大司教や父親からの呪縛を逃れ、一人で生きていこうとするも、欲望うずまく世界に呑み込まれ、自分自身を見失い、妻との亀裂、そして・・・。お坊ちゃまとして育った人間が、庇護のない世界に飛び出したら、こんな風に翻弄されてしまうのだろうか、という演じ方に見えました。

リプライズする曲が少なく、強烈に印象に残った曲がなかったのが残念ですが、実際のモーツァルトの曲が所々にちりばめられていたので、あぁ、彼の事の作品だな、と思う事が出来ました。

一つ、耳に残ったフレーズ、うろ覚えですが、“ウィーンは成功するものを蹴落とす”街らしいです。好きな音楽家さんも過去の偉大なる音楽家もウィーンへは度々行かれています。修行されています。そんな方々がふと頭に浮かんで、この言葉がちょっと印象に残りました。

« 現田茂夫さん | トップページ | 日韓友情年2005 記念クラシックコンサート »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/4527908

この記事へのトラックバック一覧です: 「モーツァルト!」井上クン:

« 現田茂夫さん | トップページ | 日韓友情年2005 記念クラシックコンサート »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん