最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« スター・ウォーズ エピソード3 | トップページ | THE WINDS OF GOD »

中村勘三郎襲名披露公演

大阪・松竹座での「十八代目中村勘三郎襲名披露公演」を観てきました。

華々しい舞台には豪華な俳優陣が勢ぞろい。顔見世並みの顔ぶれに、どれも楽しむ事が出来ました。

「寿曽我対面」での孝太郎さんの舞鶴は凛としていました。どんどんと大きなお役をされているのはとても嬉しい限りです。

「口上」では、勘三郎さんの歴史、今後、そしてお二人のご子息への温かい言葉が連なり、素顔が垣間見えた気がして、楽しかったです。やはり、襲名公演は口上を聞くのが楽しみの一つですね。

「大津絵道成寺」、鴈治郎さんが究極に可愛い娘でした。そして、彼は坂田藤十郎襲名される事が決まっています。私には、これが最後の鴈治郎としてのお姿を拝見する事になりました。

「野田版 研辰の討たれ」は場内爆笑に包まれる場面が多かったです。さすが、野田秀樹さん演出、歌舞伎としては斬新なものでした。ただ、他の演劇も観る私としては、初見の手法ではなかったですが。舞台を無駄なく、出演者も、囃子方も巻き込んで、観るものを楽しませてくれました。何より、出演者が一番楽しんで演じているのが、観客に伝わってくるので、面白くない訳がないのかもしれません。カテコにスタンディング、今後は歌舞伎でも珍しくなくなってくるのかもしれないですね。

新・勘三郎さんは、慣れ親しんだ勘九郎という名前と別れ、新たな一歩を踏み出された訳です。しかし、今後も彼は、意欲的に、新たな歌舞伎の歴史を創り上げていかれる事でしょう。

« スター・ウォーズ エピソード3 | トップページ | THE WINDS OF GOD »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/5419445

この記事へのトラックバック一覧です: 中村勘三郎襲名披露公演:

« スター・ウォーズ エピソード3 | トップページ | THE WINDS OF GOD »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん