最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 台風が来た | トップページ | 佐渡裕さん »

下野竜也さん

京都コンサートホールで行われた“京都新聞トマト倶楽部コンサート”を聴いてきました。 

指揮:下野竜也、ヴァイオリン:エリック・シューマン、管弦楽:京都市交響楽団。 

ベートーヴェン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」より終曲、サラサーテ:カルメン幻想曲、マスネ:「タイス」瞑想曲、サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン、ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

さて、どんな基準でこの演奏会へ足を運んだかというと、指揮の下野さん目当てな訳です。と言うのも、大好きな指揮者、金聖響さんと下野さんは公式サイトで同居(笑)してらっしゃるのでお二人のブログは毎日チェック。そんなこんなで、どうしても下野さんの指揮姿が拝見したくて、足を運んだ次第であります。

下野さんが登場された瞬間に思ったのが、“可愛い~”(*^^*)どこがどうというのではなく、お姿、方向転換の時のからくり人形チックな動き(失礼)だったり、左手の動き、などなど、何から何まで可愛い訳です(微笑)

しかし、交響曲の指揮はまるで別人のように情熱的な指揮ぶり。指揮台から落ちそうになるんじゃないかと思うくらいの動き、語彙が足りないのでうまく言えないですが、最後には彼の背後に(彼自身かも)英雄が見えた気がします。 エリック氏の演奏に気を遣いながらの様子、全ての演奏後に、周囲の楽団員との個々の握手、そのそれぞれを称える仕草は、とても紳士的でした。 こうして初☆下野さんとはとても素敵な出会いとなった訳です。

もちろん、京響の演奏も素晴らしかったです。また機会があれば足を運びたい楽団の一つになりました。

余談:先月の加古川で、聖響さんによる、「プロメテウス・・・」の序曲、今回は下野さんで終曲、何だかつながっているみたいで面白かったです。

flyer697

« 台風が来た | トップページ | 佐渡裕さん »

下野竜也さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/5834952

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也さん:

« 台風が来た | トップページ | 佐渡裕さん »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん