最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 間宮浩介さま | トップページ | 憧れの?サントリーホール »

市村正親 ワン・アクターズ・ショー「ペールギュントの旅」

0915 サントリーホール・小ホールにて、市村正親さん出演の、ワン・アクターズ・ショー「ペールギュントの旅」を観てきました。

その名の通り、市村さんの一人ミュージカル状態♪ 劇作家ヘンリック・イプセンの劇詩「ペールギュント」の物語に、シャンソン界の第一人者シャルル・アズナブールの楽曲をちりばめたショー形式。

舞台の三方を取り囲む形(ファッションショーのステージみたいな)で客席が  0915a配置され400席弱の贅沢な空間。もっとも、これくらいが一人舞台には最適だけど。

市村さんは観客の入場したドアから登場、客席とコミュニケーションを取りつつ、遅れてきた人を構いながらも、携帯の電源チェックを促してから、やがて舞台へ。

三文役者が、ベンチに腰掛ける年老いたペールギュントに話しかける所から物語は始まる。故郷を飛び出し、様々な遍歴を重ねてきたペールが、やがて故郷へ帰り、彼の帰りを待ち続けた恋人との再会、、、そしてその人生を語り終えたペールの、三文役者へのエールで物語は終わる。。。 (←略しすぎな、あらすじ/汗)

舞台上には不思議な形のスクリーンが後方に設置され、時折、そのスクリーンに花、降りしきる雪、糸巻きなど、物語に関係する映像が映し出され、その情景を思い浮かべる手助けとなる。が、ほとんどが、市村さんの演技、表情、小道具(コートやスカーフ程度)から、観ているこちらが想像力を駆使して作品を楽しむシンプルな空間。 この想像するって事がとても楽しい作業です。 もしも、それぞれの観客の想像している場面を見る事が出来るなら、人数分だけのそれぞれ違う場面が見えて、とても面白いと思います。

アズナブールの楽曲によって、歌い綴られるペールの人生と、彼が関わる人物とのやり取りの面白さ、“どんな意味?”と考えてしまう言葉との出会いを楽しむ事ができました。

ペールギュントが三文役者に最後に言った言葉が心に残りました。

「私がおっかあ(お母さん)とソルヴェイグ(恋人)の愛に包まれていたように、あなたの人生とあなたのお客様が愛に包まれますように」

それから、市村さんのサービス精神のご報告。 “コメディアン”という曲の時、市村さんはポケットからトランプを取り出し、歌いながらカードを客席に投げられました。うわぁ、欲しいと思ったけれど、私の所には届かず、涙をのみました。しかも、市村さん曰く、「そのカードにはサインを入れてますので」、だって(号泣)

結局、市村さんは、20歳から70歳までのペールギュントと、オーセ(母)、ソルヴェイク(恋人)、緑の服の女(森の魔物の娘)、ボェイグ(森の精霊)、アニトラ(アラブの娘)、料理番(ペールが乗船した船の料理番)、ボタン作り(人の魂を溶かしてボタンを作る謎の存在)の8役をこなされました。 過去の「クリスマスキャロル」の54役には及ばないけれど、この実績があるからこその今回の安定した舞台でした。

市村さんが演じると、何歳の役でも、きちんと見えるのです。老人を演じていても、コートを脱いで振り向いた瞬間、もう青年になっているし。彼は女性も抜群にうまいです(笑)改めて、凄い役者さんだなぁと思いました。

今日は千秋楽。何度も続くカーテンコールでの一言。「拍手をありがとう、この作品をやった事で新たなお客様との出会いもありました。そんなお客様とも、またどこかの劇場で、他の作品でお会いしましょう」  

新しい客ではないですが、是非、お会いしましょう、市村さん!(笑)

« 間宮浩介さま | トップページ | 憧れの?サントリーホール »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

つとさん、こんばんはぁ~~。
市村さんは、演劇に詳しくない私でも知っていますぅ
いいですよねぇ~~。
私が記憶に残っているのは、映画「ホテルビーナス」に出てた市村さん。
存在力っていうのかなぁ~~。
凄く、引き寄せられてみてたのを覚えています。
もう、泣きながらみてました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/6082232

この記事へのトラックバック一覧です: 市村正親 ワン・アクターズ・ショー「ペールギュントの旅」:

« 間宮浩介さま | トップページ | 憧れの?サントリーホール »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん