最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ヨーロッパ・クラシック・ライブ」 | トップページ | 鬼も呆れる話題 »

「李香蘭」

京都劇場にて上演中の「李香蘭」を観てきました。

李香蘭 野村玲子 
川島芳子 濱田めぐみ
李愛蓮 五東由衣
杉本 芝 清道
王玉林

芹沢秀明

劇団四季が戦後60年の今、「昭和の歴史三部作」として上演するオリジナル作品のひとつです。

李香蘭として名を知られた、山口淑子さんの半生記を題材に、“李香蘭”と彼女が生きたその悲しい時代を描いていきます。

この作品は繰り返し観ていますが、涙なくしては観られないです。史実をもとにした創作ではありますが、実際に前線に散った若き兵士の残した言葉が語られ、あまりにも惨い実際の映像が使用され、教科書では習わない時代の事実を知ることになります。

語り継がなくてはいけない、歴史。栄光の歴史も必要ですが、もっと必要なのが悲しみの歴史。この繰り返してはいけない悲しみを、このような演劇という形態で表現するのは大事な事だと思います。文章ではとっつきにくくても、演技、歌という形で、分かりやすくなる事がありますから。

もう何百回と、“李香蘭”を演じておられる野村玲子さんは、すっかり山口さんご本人に見えます。ただ似せるだけなら、役者はお手のものでしょうが、魂までがそのままに感じられるようなお姿です。

この作品で狂言まわしの役割を果たす、川島芳子役の濱田めぐみさん。どんどんと進化を続けていかれる方ですね。気迫に満ちた演技でした。

重い内容の作品ではありますが、コミカルな部分もあって、少し救いがあります。丸の内警察署長さんの登場は心和みます。余談ですが、東京・丸の内の地名を聞いたり、足を運ぶ度に、何故か丸の内警察署長さんの歌が頭をよぎるのです(^^;

そうそう、今回の、香蘭を評しての、“今のアイドル目じゃない・・・”の後の部分は、“浜崎、宇多田、チェ・ジウ、ヨン様”の名前が挙がっていました。ここ数年なら妥当な人選ですね。

来年、3部作の残り、「異国の丘」、「南十字星」と上演が続きます。

« 「ヨーロッパ・クラシック・ライブ」 | トップページ | 鬼も呆れる話題 »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/7234804

この記事へのトラックバック一覧です: 「李香蘭」:

« 「ヨーロッパ・クラシック・ライブ」 | トップページ | 鬼も呆れる話題 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん