最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 行きたいけど・・・(BlogPet) »

聖響/ウィーン古典派・最終章

ザ・シンフォニーホールにて『聖響/ウィーン古典派・最終章』を聴いてきました。

金聖響:指揮、大阪センチュリー交響楽団:演奏

ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調「英雄」

モーツァルト:交響曲第39番変ホ長調K.543

ハイドン:交響曲第45番嬰ヘ長調「告別」

入場時に貰ったチラシの束の中に、‘出演者の演出の都合上、曲順が変わる’とのコメントがありまして。当初の予定とは、ベトベンさんとハイドンさんが入れ替わっておりました。

最後だと思っていた「英雄」。恐らく最後に演奏されたら、第3章のベトベンさんのように、勢い良くいかれたのでしょうが、後の2曲の為なのか少々抑えた調子に感じられました。でも気持ちよい演奏をされておりました。

続いて、モーツァルト。テンポ良く、何かに向かって突き進んでいきます。早っ、と思いましたが慣れてきたかも。それはそれは楽しそうに、時に曲に耳を傾けながら(あれ、指揮は?/笑)指揮されていた聖響さん。 聴いているこちらも、楽しく心地よく時間を過ごせました(^^) モーツァルトは難しい、と以前、仰っていましたが、ちょうど一年後、同じ曲が演奏される予定です。一つの演奏会で違う作曲家さんと同時に演奏されるのと、また違うのかもしれませんね。

そしてそして、ハイドンの「告別」。何よりも曲順が変わったという事で、これは期待だなぁ、と思っておりました。前のモーツァルトから引き続いて、楽しく進むうちに最後がやってきました。一人、二人と舞台から去っていく楽団員さん達。“ほな、飲みにいこか~”などとの仕草をしながら去っていく男性陣。“もうええやん、はよ一緒に帰ろう”みたいな女性陣。←演技力が問われます(笑) そして、真っ赤なバラを一輪、聖響さんに投げ、〝退場〟と書かれた扇子を取り出して去っていく楽団員さん。そして、聖響さんが一人、ステージに取り残される、かと思いきや、聖響さん、ヴァイオリン奏者お二人を残して、ご自分も退場されました(^o^) 

楽団員さん達が次から次へと退場される間、可笑しくてたまらん、みたいな表情から、笑いをこらえるのが必死、な表情をされていた聖響さん(笑) 楽団員さんと、アイコンタクトしながら、楽しまれていました。 観ているこちらも笑えて仕方がなく、声をあげないように必死にこらえておりました。 退場された後、ステージ袖から何やらお声が聞こえてまいりましたよ。聖響さん、楽団員さん達と盛り上がってらしたのでしょうかね。

バラを胸に挿したままのお姿で、カテコに応える聖響さん、黒ジャケに赤が映えておりました。

何度も続くカテコの後、客席に向けて“来年はモーツァルトやります。”との聖響さんのお言葉がございました。そしてアンコールとしてモーツァルト歌劇「フィガロの結婚」序曲が演奏されました。

そして演奏会終了後、本日のもう一つのメインイベント(笑)である、サイン会が行われまして、それほどの時間を並ぶ事無く、無事にサインをいただく事ができました♪ これは宝物でございます(*^^*) サイン会での聖響さん、完全に私服で(当たり前か)、ステージでは見られない眼鏡姿。一緒に並んだ友達と同時に崩壊してしまいました(笑)

来年のオール・モーツァルト・プログラム、非常に楽しみでございます(^^)

そうそう、本日の演奏会、テレビ収録がされていました。1月に放送予定だそうです。普通に見られるチャンネルなのかしら。。。 

あと、ロビーには、「探偵・ナイトスクープ」の大きなパネルが掲示されていまして。顧問として登場されている笑顔の聖響さんが写っていました。放送が楽しみですね~。

« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 行きたいけど・・・(BlogPet) »

指揮者さん」カテゴリの記事

金聖響さん」カテゴリの記事

コメント

こんにちはです、結月です。
昨日は楽しかったですね~。改めて、シンクロ率の高さを感じるひと時でございました。
ハイドンさん、実は一番楽しんでおられたのは、指揮台にいた聖響さんだったのではないかと思います(笑)。

にしても、サイン会での眼鏡は反則でございますね。あのお姿を見た瞬間に崩壊致しましたね(笑)。自分の番が来て、聖響さんを目の前にして、名乗るとか、握手してください、とか。不思議とそういう気持ちにはなりませんでした。お会いできただけで、サインしていただいただけで、十分です、みたいな(笑)。
私、根っからのファンかもしれない。
と思った、昨日のサイン会でした。

昨日のコンサート、拝見できるチャンネルで放送されるといいですね。その時にはぜひ、モーツァルトで気持ちよさそうにオケの演奏を聴いておられたお姿とか。あのハイドンさんで嬉々としてステージから下りていく聖響さんのお姿を、アップで映していてほしいものでございます。

で、昨日はコンサートの感想を書いて、日記書いて。聖様のブログにコメント&TBを入れたところで力尽きてしまいました。
なので今日、TBさせていただきます。

こんばんは。
昨夜はTBのみで失礼しました。
いやぁ、よかったですねぇ。
私も聴きたかった・・・つとさんや結月さんの記事を読むと、その思いが強まってきます。

「告別」の演出は「定石」ですけど、アンコールも!
うぅぅぅぅっ、ちと悔しい感じ(笑)。
2月の奈良では「プロメテウス」をアンコールしてくれましたけど、本シリーズではずっとなかったですからね。
眼鏡姿は奈良でのサイン会にて拝見しましたよ。

結月さん
いらっしゃませ♪
本当に楽しかったです!

放送が無事に見られたなら、今度は演奏を真面目に聴きたいと思います(笑)
何しろ、聖さま一点集中でしたので。

してやったり、な聖さまの遊び心が、これまた彼に惹きつけられてしまう訳ですね。

試験、頑張って下さいね!
聖さまのパワーが、サインと昨日の演奏を通じて、結月さんを励ましていますよ~。

りゅうさん
ようこそいらっしゃいました♪

眼鏡姿は、お写真ではあったのですが、ナマでは拝見した事がなくて、しかも間近だったもので、演奏会とは別のところで崩壊してしまった訳です(笑)
もちろん、演奏も楽しかったです。テレビ放送が見られるといいですが。
来年のシリーズで、どんな音を聴かせて下さるのか楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/7348984

この記事へのトラックバック一覧です: 聖響/ウィーン古典派・最終章:

» 聖響 ウィーン古典派 最終章(みえさん報告) [親父りゅうのつぶやき横丁]
今日は「聖響 ウィーン古典派」の最終章。 私は休日勤務で行けなかったので、時々、コメントを頂いているみえさんに、聴きに行ってもらいました。 さっそく感想が届いたので掲載します。 すっごいよかったです! 音が繊細ですね。丁寧に創ってるのがわかりました。 私はモーツァルト(39番)が良かったように思います。 聖響さんとオケがとっても合ってた気がして。 終楽章は速くって少しば�... [続きを読む]

» 聖響/ウィーン古典派 最終章 [Allegro con brio]
 10月の第3章に引き続き、「聖響/ウィーン古典派 最終章」を聴きに行きました。  いろいろな意味で、またしても、してやられた!という感じです(笑)。  ホールに着いて中に入りましたら、渡されたチラシに「本日の公演は出演者の演出の都合上、曲順が以下の通り変更となりました」ということが書かれておりました。なるほどぉ、と思うと同時に、やっぱりな、と思いました(笑)。  というわけで、本日... [続きを読む]

« 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 行きたいけど・・・(BlogPet) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん