最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 京響来期公演(BlogPet) | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ 第20回定期演奏会 »

「コーラスライン」

京都劇場にて、劇団四季の「コーラスライン」を観てきました。

個人的には何年ぶりのこの作品の観劇となります。キャストはかなり初見の方々ばかりでした。

ザックは飯野おさみさん、今でもザック以外のお役でもOKだと思います。タフですね。この若いメンバーをしっかりと見守っておられるようです。

ボビーとポールは、過去に自分の好きな俳優さんが演じておられたので、どうしても気になって観てしまいます(^^;

今回のボビーは道口クン。最初から最後まで、“人間”の姿で、久々へ京都へおこしやす、って感じです。前は魔法掛けられてましたので(^^) あまりダンサーな姿を拝見した記憶がなかったので、新鮮でした。過去の行状を告白する時、もう少し皮肉っぽい笑いの方が自分の好みではありましたが。しかし、男性陣コーラスの時、一番声が聞こえてくるのが彼なのですよね(^o^)

ポールは望月クン。何か内に秘めた、陰を感じさせる部分がもう少しあれば。しかし、彼はストレートを経て、随分と進化されていますね。笑うと完全に目がなくなるのがお気に入りです。今後も楽しみでございます。

「踊れなくなったらどうする?」との問いに、様々な答えが返ってくる場面。この作品の構成員はダンサー達。そして演じる彼らもダンサーであり俳優であり。そのあまりにも現実味を帯びた質問に、この場面では、かなり現実に引き戻されます。

そして、ディアナの「愛した日々に悔いはない」。“悔やまない 選んだ道がどんなにつらく この日々がむくわれず過ぎ去ろうと ~ 命燃やし全てを捨てて生きた日々に悔いはない ひたすらに この道を” 

この曲を知った時から、ふと何かの折に、頭の中で繰り返される曲です。しかし、果たして、自分はこのように自信を持って生きてきた、生きている、と言えるのか、自問自答を繰り返したり。いえ、いつか言えるようになりたいです。

もう一つ、好きな曲は「ONE」。誰もが世界にひとりだけの特別なひと♪そうですよね(^^)

また観たい作品です。

ザック 飯野おさみ
ラリー 中山大豪
ダン 朱 涛
マギー 真鍋奈津美
マイク 藤原大輔
コニー 高城信江
グレッグ 武藤 寛
キャシー 坂田加奈子
シーラ 増本 藍
ボビー 道口瑞之
ビビ 荻原亮子
ジュディ 遠藤瑠美子
リチー 松島勇気
アル 川口雄二
クリスティン 村中ちえ
ヴァル 八田亜哉香
マーク 良知真次
ポール 望月龍平
ディアナ 吉沢梨絵

« 京響来期公演(BlogPet) | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ 第20回定期演奏会 »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/8272194

この記事へのトラックバック一覧です: 「コーラスライン」:

« 京響来期公演(BlogPet) | トップページ | シエナ・ウインド・オーケストラ 第20回定期演奏会 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん