最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「出雲の阿国」第4回 | トップページ | 「功名が辻」第5回 »

大阪シンフォニカー交響楽団 第40回名曲コンサート

シンフォニーホールにて、大阪シンフォニカー交響楽団の第40回名曲コンサートに行ってきました。

指揮:現田茂夫

ピアノ:熊本マリ

管弦楽:大阪シンフォニカー交響楽団

G・ガーシュウィン作曲

「キューバ序曲」

「ピアノ協奏曲 へ調」

「ラプソディ・イン・ブルー」

「パリのアメリカ人」

~アンコール曲(ラプソディ・イン・ブルーの後) 「スリー・クォーター・ブルース」~

ガーシュウィンと言えば、ミュージカルナンバーでも有名ですし、誰でもそれとは知らずにCM曲などで、耳にしていることと思われます。今日の演奏会はそんなガーシュウィンの曲を集めたものでした。馴染みのあるナンバーをこうやって生のオケで聴くと、普段、耳にする雰囲気と違ってこれまた良いものです♪

体をつい動かしながら聴いてしまう曲もあって、全体を通して楽しめました(^0^)周りに迷惑だったかも?(汗)

ピアノの熊本マリさん。きらびやかな衣装でしたが、パンツスタイルでスマートなものでした。演奏会の内容に合わせられたのでしょうか。リズミカルな演奏がオケとよく合っていました。彼女もとても楽しまれていたようです。アンコール曲の前のコメントでも、楽しいと仰っていました。曲のなせる業と、演奏家達の一体感があったのでしょうね。

シンフォニカーさんは初めてだったのですが、やわらかい優しい感じのイメージを受けました。ガーシュウィンの曲は、管楽器と打楽器が印象的な曲が多い(自分が接している曲がそうなだけなのかもしれませんが)のですが、中でも打楽器担当の楽団員さんがとても印象的でした。ノリノリで演奏してらっしゃるし、カテコの時にピースしてらっしゃるようにお見受けしました(笑)管楽器さんもとってもユニークな印象を受けましたし。機会がありましたら、楽しい(?)曲の演奏会でまたお出会いしたいものです。ハイドンさんの“告別”とか(笑)

そして、指揮の現田さん(^^) 現田さんはプログラムなどのお写真で拝見するよりも、舞台で拝見する方がお若くて。そしてやっぱり可愛い印象ですね(*^^*) 動物に例えると、わんこみたいな感じです。

今日は曲のせいもあるか、とても楽しそうにノリノリで指揮されていました。指揮台狭しと動き回られ、しかし的確に品良く。特徴のある、両手で微妙な動き(上手く説明出来ないのですが/汗)で指揮されるのがお気に入りでございます(^^)

シンフォニカーさんともいい関係を築かれているのか、カテコの時にお互いがお互いを讃えあう様子がとても微笑ましい光景でございました。客席のあちこちに向かってにこやかに手を振りながら去っていかれた現田さん、お知り合いでも来てらっしゃるのかと思ってしまいましたが、普段からこうやって去ってらっしゃいましたかしら?

この公演、一日2公演でして、休憩もそうなかったでしょうに、現田さんもオケのみなさんもお元気ですね。さすがでございます。指揮者さん、ソリストさん、オケのみなさんの楽しそうなお顔が心に残った演奏会でした。

余談ですが、曲を聴きながら、彼の作ったミュージカルで、また観たい舞台が思い出されて、思考がどこかに飛んでみたり(^^; 観たかったなぁ、先週近くで上演された某公演(泣)

ついしん。

明日はいよいよ、「題名のない音楽会21」、金聖響さん&下野竜也さんのお二人の競演の回の放送です♪

« 「出雲の阿国」第4回 | トップページ | 「功名が辻」第5回 »

指揮者さん」カテゴリの記事

現田茂夫さん」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、私は昼に行ってきました。
カテコの時、打・金・木・弦と順番に拍手を受けた後「さぁみんなで!」と、現田さんが手を上げ振り返られた時、既にみなさん起立されていて、現田さん「おおっ!」と、ちょっと照れ笑いされて周りから微笑ましい笑いが起こっていましたよ。本当に楽しい演奏会でしたね♪

とらこさん☆
いらっしゃいまし。
そんな微笑ましいひとコマがあったのですね!
ホント、楽しくて素敵な演奏会でした(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/8504751

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪シンフォニカー交響楽団 第40回名曲コンサート:

« 「出雲の阿国」第4回 | トップページ | 「功名が辻」第5回 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん