最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「マチベン」 | トップページ | 統合? »

兵庫芸術文化センター管弦楽団第1回定期演奏会

兵庫県立芸術文化センターにて行われた、芸術文化センター管弦楽団第1回定期演奏会に行ってきました。ちなみに、この楽団、愛称はPACオーケストラです。

指揮・芸術監督:佐渡裕

管弦楽:芸術文化センター管弦楽団

ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」

R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」作品40

「運命」 このセンターのオープン時に見かけたポスターにあった佐渡さんの笑顔と“ジャジャジャジャ~ン”の文字。その予告通り?、PAC定期の記念すべき最初の曲はこの曲。ドキドキ状態の心臓が、あの“ジャジャジャジャ~ン!”で緊張が解けました。後はこの曲の響き、流れに引き込まれていきます。緩急のはっきりとしたリズム、曲が進むにつれて壮大な世界が見えてきます。そして第4楽章は何だか妙にテンション上がって、楽しいんだけど、涙。。。感情制御不能状態にしばし陥っておりました(^^; 結論、、、楽しかったです。

「英雄の生涯」、ドラマチックな曲でした。例えるなら、冒険者の活躍する映画を見ているような。冒頭から何かが始まるぞ、という高揚感に包まれて、話は進んでいきます。途中、女性とのロマンス、危機、そしてハッピーエンドと物語が展開する。ラストは宇宙へ旅立つ感じです(どんなんや/笑)もっとも、自分のこの解釈は作曲家や演奏者の意図と違っているかもしれませんが(汗)

佐渡さんは、最初の5番から勢いがありました。飛んではります、暴れてはります、もちろん汗も凄かった(笑)こんな大曲を同時に演奏されるとは、佐渡さんもですが、PACオケの面々もエネルギッシュですね。曲が進むにつれて、眉間に皺がどんどん増えていく団員さんもいらっしゃいましたけど。大変なんですよね。。。

何度も繰り返されるカテコ、団員さん達が去り始めても、まだまだ物足りないって感じの聴衆でした。

ロビーにある展示コーナー、ポッケでは、“「佐渡裕」写真展”が行われていました。これまでの芸文での演奏会の模様、アウトリーチでの様子など、こんな佐渡さん、あんな佐渡さん、佐渡さんが一杯!でした。一番目を引いたのは昨年末にあったジルベスターコンサートの様子。まぁ、佐渡さんったら、こんな格好されていたのね(笑)と思わず笑ってしまいました。行けなかったけど、絶対に場内は大いに盛り上がったろうなぁ、というのがたった1枚の写真からでも十分に伝わってきます。さすが佐渡さんです(^^)

ついしん。

その1 PACオケと聖響さん、相性合うと思うんだけどなぁ。。。

その2 我らが金本アニキ、世界新記録達成です!!!佐渡さんも(もちろん聖響さんもっ)喜んでおられるでしょうねっ(^^)vv

« 「マチベン」 | トップページ | 統合? »

佐渡裕さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/9510130

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫芸術文化センター管弦楽団第1回定期演奏会:

« 「マチベン」 | トップページ | 統合? »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん