最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | やってくれた »

「聖響/モーツァルト~天才が遺した音楽~」5/14

シンフォニーホールにて、「聖響/モーツァルト~天才が遺した音楽~“深化するアマデウス”」を聴いてきました。

指揮:金聖響

ヴァイオリン:矢部達哉

管弦楽:大阪センチュリー交響楽団

歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」K.588より“序曲”ハ長調

ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調「トルコ風」K.219

セレナード 第6番 ニ長調 「セレナータ・ノットゥルナ」K.239

交響曲 第25番 ト短調K.183

アンコール曲 ディヴェルティメント第二楽章(だったと思います)

昨年の「ウィーン古典派」の最終章の時に、来年はモーツァルトをやります~と仰ってから数ヶ月、やっとシリーズが始まりました。

聖響さんの親友である、矢部達哉さんとの共演。ご自分のブログでも何度かお名前を挙げてらしたので、お名前とお顔だけは存じていたのですが、ナマで拝見するのは初めてでした。小柄なお方なのですね、そしてお写真の印象と少し違ってました。ヴァイオリンの音色は落ち着いたものに聴こえました。

セレナードの気持ちよさ。指揮台との接近戦での演奏、指揮台で聴いてみたい衝動にかられます。

25番。自分の場合、どうしても、映像がバンと浮かんでくるのは映画「アマデウス」。この曲が使われているのはなかなかインパクトのある場面なもので。でもって、この映画が好きなもので、映画と共に曲が記憶されているのですよね。そして、この序章を乗り越えて曲が進んでいくと、あとは怒涛のように流れていく曲が全身に響いてまいります。このリズム、個人的に好きです。ピンチ!の時に頭の中で流れるんですけどね、時々(^^;

交響曲が一番お似合いな聖響さんな気がします。

本日のコンマスの川崎さん。やはり彼は揺れるコンマスさんです(笑)音楽に合わせてお身体、楽器共に揺れる、揺れる。そしてその演奏されている時の表情がこれまた豊かなんですよ。楽しい曲調の時はニコニコと、苦悩の時はそのように。めまぐるしく変わるその表情は楽しいです。って、じっと見ていた訳でもないんですが、聖響さんを見ていても、お近くなもので、ちらちらと視界に入ってくる訳で(笑)

そして、思ったのですが、センチュリーさんの音が変わった気がします。今日の演目がそうだったのかもしれませんが、音が軽やかというか明るいというか。

で、、、。

本日の聖響さんは、スーツ姿!先日の子供の日コンサートでもスーツ姿だったとの報告を友達から受けていたのですが、まさか今日、拝見出来るとは。客席を向く時はジャケのボタンをされているのですが、指揮される時は苦しいのか、ボタンを外されるんですね(笑)思いっきりウケてしまいました、聖さま、お隣さま、ごめんなさいっ。

親友の矢部さんとの共演はアイコンタクトされながら、楽しまれていたようです。しかし、一番ノリノリだったのは、後半の2曲。セレナードの時、心地良さそうに奏でられる音楽を聴いておられる状態が何度か。そして一番楽しまれてらしたのがやはり、25番ですかね。その満面の笑みったら(^^)

アンコールは、“今日は母の日って事で”なんて聖響さんのコメントがあってから演奏されてました。会場からの拍手を片手を挙げて止める仕草だけでも、クラっとくる単純な自分(爆)

と、聖さま観察をするのは毎度の事ですね(笑)

それから、演奏会の事以外ですが、ホールロビーには、頭の部分をくりぬいた、アマデさんの看板が置いてありまして、あなたもモーツァルトに!なんてことで遊べます。パンフレットの他にステッカーも販売していました。どうせなら、アマデさんの扮装したスタッフさんが会場内をうろちょろする、とかしたら、過日行われた“熱狂の日”ミニ版みたいな感じで面白いのになぁ、なんて思いました。

さて、今後のシリーズも楽しみです!

ついしん。

会場でお会い出来たみなさま、少々(?)壊れておりましたので、ご迷惑をお掛けしたかと思います。この場を借りてお詫び申し上げます。あ、壊れているのはいつもの事ですが、今日はさらに壊れていたようで(汗)

(16日加筆)

« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | やってくれた »

指揮者さん」カテゴリの記事

金聖響さん」カテゴリの記事

コメント

早々にご報告ありがとうございます。
お疲れ様でした!
壊れた姿拝見したかったです(笑)
11月はきっときっと伺いますのでよろしくです!!

お邪魔しますです。
昨日はご一緒できて、楽しゅうございました♪
二人揃って壊れまくっていたので、周囲に多大なご迷惑をおかけしたのではないかと……(滝汗;)。
今日は平常心に戻れましたでしょうか?(笑)

先ほど、あちらからTBさせていただきました。
シクヨロなのですm(__)m。

先ほど、取り急ぎTBのみさせていただきましたが、あらためて、お疲れ様でした。

ホンマに素晴らしい一日でしたね。
私、今までの聖響さんのコンサートで一番感激した一日でした。
ド迫力や個性的な解釈ではなく、モーツァルトの音楽で感動させてくれたのが凄いと思いました。
深化する聖響&センチュリーでしたね。

楽しい演奏会でしたね♪
センチュリーの音が気持ち良く3階席まで響いてきて、楽しく聴いてました。
演奏会以外にも色々楽しい事があったようで、良かったですね(^O^)

まとめてのレスすみませんです。

>masumiさん
先日お会いした時はキャイキャイでしたけど、壊れるとキャーキャーと、大きく壊れると、フラフラになります(笑)
11月、お待ちしております♪

>結月さん
周囲に迷惑を掛けていてもその時はテンション上がってて、気づかない我々?(笑)
次はおとなしく楽しみましょうね、って出来るのか(笑)

TBありがとうございますです。

>りゅうさん
さすが聖響さんが変化させてきたセンチュリーです。そしてメンバーが変わったのも、いい影響をしているのでしょうね。

目の前で騒いですみませんでした(汗)
駄文にTB、コメント有難うございます。

>佐都さん
ホール全体だけでなく、きっと天にまで届いていたのではないでしょうか♪

はい、いろいろ楽しかったです(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/10071739

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖響/モーツァルト~天才が遺した音楽~」5/14:

» むっちゃ「乗っとるなぁ」〜聖響/モーツァルト 第1回 [親父りゅうのつぶやき横丁]
聖響/モーツァルト 〜天才が遺した音楽〜第1回「深化する天才アマデウス」 指揮:金 聖響 管弦楽:大阪センチュリー交響楽団 ヴァイオリン:矢部達哉 2006.5.14 14:00〜  ザ・シンフォニーホール 曲目:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲、ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」、 セレナーデ第6番「セレナータ・ノットゥルナ」、交響曲第25番 アンコール:ディヴェルティメントk.何番だったかの緩叙楽章(曲名、聞き�... [続きを読む]

» 聖響/モーツァルト〜天才が遺した音楽〜 深化する天才アマデウス [Allegro con brio]
 来年はモーツァルトをやります。  と、聖響さんの口からお聞きして、予告編、とばかりに歌劇「フィガロの結婚」序曲を聴かせていただいたのが、去年の11月に行われた「ウィーン古典派 最終章」のことでした。  あれから半年。  楽しみにしていたモーツァルト・シリーズがついに始まりました!  その第1回目を聴きに行きましたので、感想書かせていただきます。 ------------------... [続きを読む]

« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | やってくれた »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん