最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 世代交代(BlogPet) | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団と若きソリストたち »

「マンマ・ミーア!」7/8

大阪四季劇場にて、「マンマ・ミーア!」を観てきました。

保坂ドナ、久々に拝見しました。台詞の言い回しとか、間の取り方とか好みなのです。「ザ・ウィナー」での絶唱は、切なくて心に響きます。ここの衣装でガウンを着られる方もいらっしゃいますが、心からの叫び、本音の吐露というところなので、保坂さんスタイルがこれまた好みです。でもって、保坂ドナと相性がいいサムは、、、後で書きます。

初見となりました、佐和ロージー。いやはや、楽しいキャラでした。「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」で、ビルに迫る時、えらい勢いでした(笑)“♪ハニー 私 フリー”の“フリー”のところ、強調しすぎで笑えます。ビルとの追いかけっこは真剣そのもの。この場面、最初のうちはビルがロージーから一生懸命逃げるところが可笑しいのですが、今日の追いかけっこは面白かったうちの上位に入ります。佐和ロージー、回数を重ねたらもっと面白みが進化するのではないでしょうか(^^)

そして荒川サム♪「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」で、結局、帰る事を諦めてみんなと歌うところなど、小ネタがあったりして(^^) 「ヴーレ・ヴー」で、ソフィの付き添いを申し出た時、ドナの事を“怖くないさ! 。。。あまりね(汗) ”なんて台詞は、どのサムより笑えます。

「アイ・ドゥ・アイ・ドゥ」で、ドナへのプロポーズの必死な様子へ声援を送り、めでたし、めでたしとなった時の満面の笑みに、良かったねぇ、と心から拍手っ。でも、“21年間、ずっと君の事を愛していた”と言われた日にゃ、OKしますよねぇ。(言われてみたいなぁ)ドナも、ずっとサムの事が好きだった訳だし。

「ワン・オブ・アス」、「S.O.S.」、「ザ・ウィナー」でのサムとドナの苦しみの表情、さらには、サムの「ノウイング・ミー ノウイング・ユー」(しかし、結婚を控えたソフィに離婚の話をせんでもいいのに、と時々、突っ込み入れてしまいます/汗)に心を痛めてしまうので、ラストでのサムの笑顔に救われ、、、壊れました(笑) 

で、もちろん、カテコは楽しまなくてはいけません。客席も大いに盛り上がっておりましたが、舞台の上も盛り上がりも最高です。荒川サム&保坂ドナのコンビは、アイコンタクトしながらの歌いっぷり。さすが、「CFY」コンビです、息のあったところを見せていただきました~。

どなたかに呼ばれたような気がして、楽しく踊って歌って壊れて(?)、ストレス発散してきました。観劇後の今は、「スーパー・トゥルーパー」での、“♪寂しくない あなたがいてくれる”な気分です(なんのこっちゃ/笑)

ドナ・シェリダン 保坂知寿
ソフィ・シェリダン 谷内 愛
ターニャ 森 以鶴美
ロージー 佐和由梨
サム・カーマイケル 荒川 務
ハリー・ブライト 明戸信吾
ビル・オースティン 松浦勇治
スカイ 玉城 任
アリ 丸山れい
リサ 五十嵐可絵
エディ 丹下博喜
ペッパー 松本 海

« 世代交代(BlogPet) | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団と若きソリストたち »

マンマ・ミーア!」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/10850232

この記事へのトラックバック一覧です: 「マンマ・ミーア!」7/8:

« 世代交代(BlogPet) | トップページ | 大阪センチュリー交響楽団と若きソリストたち »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん