最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「トップランナー」金聖響さん | トップページ | 「TANZ DER Vampire」 »

フェスタ・デ・テンプル~お寺で音楽♪2006

京都・知恩院にて行われた「フェスタ・デ・テンプル~お寺で音楽~2006」に行ってきました。

指揮:金聖響

演奏:日本フィルハーモニー交響楽団

ゲスト:高見のっぽ、キミちゃん

この企画、お子様向けのイベントでして、その大きな構成としては、お寺を舞台に繰り広げられる無料イベントと有料イベント(コンサート)の2部仕立て。

まずは15時から無料イベント開始。知恩院の三門のところで高らかにファンファーレが。御影堂を中心に、回廊ではミニコンサート、大方丈では音楽ワークショップ(事前申し込みのお子様達)、御影堂の中では、“楽器と遊ぼう”コーナーや、影絵や立体紙芝居のある“お寺シアター”がありました。

回廊のミニコンサートは、御影堂の真裏で密やかに(?)行われていました。聴いている人少なかったです。

“楽器と遊ぼう”は、御影堂の廊下や中で、楽団員さんが指導役で、ヴァイオリン、トランペット、フルート、チェロの体験が出来るようになっていました。けど狭い廊下で行われているものですから、通り抜け不可状態で、我が子の雄姿を撮ろうとする親御さんとでごっちゃになってました(^^;

“お寺シアター”のうち、“Let’s木魚”なんてコーナーでは、お坊さんの指導のもと、木魚体験。ポクポクと様々なテンポで音が鳴っていましたっけ(笑)

スタンプラリーも行われていて、全部集めると記念品が貰えました。記念品は多分、ストラップです。あ、いえ、私はやりませんでしたので(汗)

そして18時から御影堂で有料コンサート。

会場は畳。椅子なし。あ、お寺の関係者さんは、後ろの方で椅子に座ってコンサートを楽しんでらしたようですが。自由に場所を陣取って、コンサート開始。

颯爽と本日の指揮者、聖響さん登場。本日の装いは、黒のスラックスに白のシャツ。タイなしと涼しげな感じでした。楽団員さんも白でしたね。

小坊主さんも含むお坊さんのお経から始まりました。「フェスタ・デ・テンプル序曲」は、お寺にまつわるいろんな童謡をアレンジしたものでした。

「サンドペーパー・バレエ」にて、のっぽさんのタップダンス♪素晴らしいですね。アステアがお好きみたいですし。

「ピーターと狼」は音楽に合わせて、のっぽさんとキミちゃんが、朗読。この朗読の間、のっぽさん達の目の前に座ってらしたお客さんが、扇いで下さっていたそうですよ。微笑ましい。

「ドレミファソラシド」では、楽器を持参しているお子様達は楽器で、他は歌声で、みんなで一緒に演奏しましょう、でした。ここでは、のっぽさん達が着替えている間のつなぎに、聖響さんが客席に向かって、指導。“ドレミファ”のそれぞれの音階を4拍子→3拍子→2拍子→1拍子と、段々と早くしていく練習。みんなに指示する時、「せ~の」じゃなくて、「せ~ア」って聞こえたのですけど。ア?アン?アンド?謎です。。。

「大きな古時計」では、キミちゃんの手話指導の後、客席みんなで手話を交えながら、大合唱。この手話指導の時、聖響さんも一緒になって、手話をやってらっしゃいました。その仕草と、真剣なまなざしが印象的でございました♪ 余談ですが、手話はボケ防止にもなるそうです(byキミちゃん)

そして、アンコール。「ラデツキー行進曲」。聖響さんの指揮とキミちゃんの合図とともに、会場は手拍子で大盛り上がり。

指揮しながらも、振り返って、のっぽさん達を見たり、会場を見たり、終始、楽しそうな聖響さんでした。歌声(?)も聞けたし、真剣なまなざしも見られたし、幸せモードでした(^^)

最後に、今日のコンサートはいかがでしたか?と聞かれた聖響さん、「暑かったですけど、楽しかったです」とのコメントでした。両手で顔を仰いだりもされてましたけど、そんなのじゃ追いつかないですよね、お背中に汗でシャツがピッタリと張り付いていました。2曲目で既に汗、汗。でも、見ているこちらも、暑かったです。会場で貰ったうちわや、手元の扇子やら、チラシでコンサートの間中、ひたすらみなさんあおいでらっしゃいましたもの。

退場時、のっぽさんは客席から握手攻め。聖響さんも握手攻め&写真撮影大会。きさくに応じてらした気配です。私も握手っ、と行動したかったのですけど(笑)

とてもとても楽しいコンサートでした。

第1部:お寺とクラシック

1.フェスタ・デ・テンプル序曲(和田薫編曲)

2.サンドペーパー・バレエ(アンダーソン作曲)

第2部:音楽物語

3.ノッポさんのピーターと狼(プロコフィエフ作曲)

第3部:みんなで歌おう

4.ドレミファソラシド(芥川也寸志作曲)

5.大きな古時計(ワーク作曲)

ついしん。

チケットを買ってから入手したチラシに、“大人のみの入場は出来ません”と書かれていたので、ちょっと焦ったのですが、問い合わせてみると、“優先的にお子様に楽しんでもらおうと、そう書かせてもらっているだけで、大人だけでお越しになっても、門前払いは致しませんので、どうぞ。”と御仏の懐に抱かれるような寛大な回答をいただき(笑)、安心して出掛けたのでした。

« 「トップランナー」金聖響さん | トップページ | 「TANZ DER Vampire」 »

指揮者さん」カテゴリの記事

金聖響さん」カテゴリの記事

コメント

よそのページにも書いたのですが、ノッポさんが喋った放送を偶然見ました。「あ~あ、喋っちゃった!」って、拷問されてた訳じゃないんだから・・・。
このテンプほのぼのしてて、かわいいですね。
僕、かなり気に入っています。

なかなか楽しいコンサートでしたね♪
久々に、聖響さんの微笑ましい笑顔を見た気がします。やっぱり今回はノッポさんがメインだった私(^_^;)

>リベラ33さん☆
レス遅くなりました(汗)
ノッポさんって、喋らない設定でしたっけ?
と言うのも、幼き日(が私にもあったらしい。。。)のノッポさんの記憶がほとんどないのですよね。

テンプ、お気に召していただけましたか♪
しばらくは、このほのぼのムードでまいります。

>佐都さん♪

久々でしたか、聖響さんの微笑ましい笑顔(笑)
たまに、演奏会であのような表情されてます。

ノッポさんを堪能して、最後に握手する為に、最前ゲットしておけば良かったですね、すみませんでした。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/11562380

この記事へのトラックバック一覧です: フェスタ・デ・テンプル~お寺で音楽♪2006:

« 「トップランナー」金聖響さん | トップページ | 「TANZ DER Vampire」 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん