最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« きょうは(BlogPet) | トップページ | 「クレイジー・フォー・ユー」11/21 »

寄り道

20061118144900018日の演奏会の前に、時間つぶしに、彦根城へ。

随分と前に訪れた時よりも、観光客が多いのにびっくり。前は閑散としていたのに。城内が狭いのも一因だろうけど、入るのにも、移動するにも行列。。。団体さんが何組かいただけかもしれないけど。

ここのお城もそれほど高くないので、眺めは普通。でも琵琶湖を眺める事も出来るし、城下町を眺める事も出来るし。しかし、戦いの城の痕跡はあちこちに。武者溜りの部屋とか、銃や、矢を射る為の、鉄砲狭間、矢狭間が設けられていたりする訳で。

天守閣へ上る階段が90度かと思うくらい急な角度なので、上るのが結構大変。そして降りるのはもっと大変(汗)転がり落ちても誰も助けてくれないだろうから(一人だったし)、慎重に降りた自分(苦笑)時期的に、七五三の祝いをしてもらったらしい羽織袴姿の男の子が上っていたけれど、もっと大変だったんだろうなぁ。

お城の隣にある、玄宮園も見物。それは美しいお庭のつくりで、散策するにはいい場所。期間限定で、ライトアップもされているので、夜もかなりいい感じらしい。って、自分は行った事ないし、その点灯の時間までは滞在していなかったし、知らない訳で(^^; ま、いつか機会があったら見にいこう。

それにしても、最近は季節を問わず、寺院などのライトアップがあちこちでありますなぁ(^^;

200611181516000_1 城内には、桜が咲いていて驚き。不断桜かと思ったら、二期咲き桜というもので。桜を見ると、なんとなく和むんだけど、季節感覚が微妙に狂うのも事実。やっぱり、桜は春に咲いて欲しいかも。

彦根城といえば、来年は築城400年らしく、“国宝・彦根城築城400年祭”イベントが開催されるとか。どんなものなんだろう。。。

« きょうは(BlogPet) | トップページ | 「クレイジー・フォー・ユー」11/21 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

R33は城フェチです(卍)。
国宝彦根城も行ったことがあります。
城というとなぜか老人に人気があってよく大挙して来ていますが、城はあくまでも城。敵が攻めにくいようにできているので、目指す本丸までは坂を延々と登ることが多いのですが、これが老人軍団には堪えるのでしょう。あの時も「エスカレータつけろっ!」とか「今時エレベーターくらいねぇ・・・」などとムチャ言うご老体が大勢いました。

>リベラ33さん

お城好きなんでしたよね~。
んじゃぁ、お城を訪ねる時はご一緒だと
面白い知識が伺えるのかも(^^)

お城までの道のりは結構、キツイ坂道ですね。
もう年の身には堪えましたが、
それもまた修行と心得て
頑張りました(意味不明)

そういや、ご年配の方々が多かった気が。
しかし、“耐震偽造じゃないよな”などと
訳の分からないコメントをつぶやく人はいましたが、
エスカレーターつけろ、という人はいなかった模様デス(笑)

あの階段を着物姿で行き来していたんですよね...恐ろしい(>_<)
けど、あの階段を見ていると改装されていない事実を実感します。
お年寄りには辛いだろうけど、ずっと残しておいて欲しいです。

>佐都さん

お姫様が裾を引きずる状態では無謀な階段。
しかし、武者達が駆け上がるのは何だか似合う気が。
もしかして降りるのは、階段じゃなくて飛び降りたんじゃないかと一瞬思ったデス(笑)

階段と天井の高さに、現代との身長差を感じてみたり。

歴史的な建物は残しておいてほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/12785909

この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道:

« きょうは(BlogPet) | トップページ | 「クレイジー・フォー・ユー」11/21 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん