最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« クリスマスステップコンサート | トップページ | 「CFY」オフステージトークイベント♪ »

「クレイジー・フォー・ユー」12/15

京都劇場にて、劇団四季の「クレイジー・フォー・ユー」を観てきました。

ただでさえ大好きな作品に加えて、「この日が来るのを信じていたよ!」(byボビー)の台詞をそのまんまステージへ叫びたくなるキャストに、テンションは観る前からかなり上昇↑(笑)

本日は荒川さんボビーへと一点集中です(笑)なので今まで気付かなかった部分も発見か?(笑)

衣装の生地が変化している気がするなぁ、光沢とか違う感じ。汗のコントロールをされるとの事で、飛び散る汗が減った気もする。そう、“Shall We Dance?”の場面で特にそう感じたです。ポリーがボビーの背中に手を回してくるくると回っていたのに、腕に手を掛けていたし。この背中へ手を回す事で、シャツが背中にぺったりだったんだっけ(笑)

芸というか、動作が細かくて自然に楽しんでいる様子を見せて下さるのが嬉しい♪ただでさえ愉快なのに、細かい動きが見られるのでさらに楽しい☆

“I Can't Be Bothered Now”の後、bye!って感じで手を振っておられると、思わず振り返したくなる自分(^^;

ランクのバーで、ポリーの飲みっぷりに感嘆し、「オレにもくれ」ってとこ、ハリーと握手なんかしてるし(笑) ザングラーとの仲を説明する「ツーカーの仲さっ」って時の手の動きにも“溜め”みたいなのが感じられるし。苦笑しているボビーに、仕方ないよね、と慰めてあげたくなるんだなぁ。

“Slap That Bass”で、ふとロープでのダンスを思いついたボビーが、ロープを等分に切っていく場面。斧を単に振り下ろすんじゃなくて、ちょこちょこと踊りながら楽しそうに切ってるし~。手元が狂わないのね、さすがですわ。

でもって、この方はザングラーの時のステッキさばきが上手い。配達人さんの時も感じた事だけど。

“Stiff Upper Lip”でイスと戯れるボビー(笑)足でちょこちょこと遊んではります。

他にもいろいろと楽しませて下さいますよぉ。

ボビーの台詞で「ザングラーの時はうまくいくんだけどなぁ」と、ザングラーに変装した時と素の時とのポリーとの関係を嘆く場面がありますけど。これって、恋愛に限らず、別人キャラを演じたり、変装したりする事で普段の自分とは違う性格になれたりするって事がある気がするので、納得です。メイク変えたり、髪形変えたりするだけで、内面も変化する。。。のかも。でも、結局は、自分の内に秘められたものも出す事が出来たから、ボビーはポリーの心を射止めた訳ですな。めでたし、めでたし♪

カテコで、最後に、ボビーとポリーとが腕を組んで去っていくんだけど、頭が完璧にポリーに傾いていて、本気で幸せそうに寄り添っている姿には、若干の嫉妬はあるけど(笑)、幸せなんだなぁと微笑ましくなる場面。良かったね、うん(^^)

心から幸せになった本日の観劇でした☆

ボビー・チャイルド 荒川 務
ポリー・ベーカー 樋口麻美
ランク・ホーキンス 牧野公昭
アイリーン・ロス 八重沢真美
ベラ・ザングラー 渋谷智也
エベレット・ベーカー 松下武史
ボビーの母 斉藤昭子
テス 有永美奈子
ユージーン・フォーダー 三宅克典
パトリシア・フォーダー 加藤聖恵

« クリスマスステップコンサート | トップページ | 「CFY」オフステージトークイベント♪ »

クレイジー・フォー・ユー」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/13100875

この記事へのトラックバック一覧です: 「クレイジー・フォー・ユー」12/15:

« クリスマスステップコンサート | トップページ | 「CFY」オフステージトークイベント♪ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん