最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「クレイジー・フォー・ユー」12/23 | トップページ | 「第九」(姫路労音) »

「一万人の第九」テレビ放送

12月3日に行われた「一万人の第九」の模様が本日放送されました。

“優香のあいうえ音楽絵本”と題されて、不思議な絵本を優香さんが読んでいくという番組構成。

まずは、新しい第九を探しに武田真治さんがウィーンへと。ベートーヴェンさんを知る為に博物館などあちこちへ。13歳の頃のベトベンさんの肖像画。テレビで公開される事はあまりないのだそうで。しかし、妙に可愛い(笑) ウィーン音楽院での授業が少し映った時にその生徒さんが歌った曲に過剰に反応した私。だって、その曲って、“Someone  To Watch  Over  Me”だもん(爆) 

生前のマスクとか、かの英雄に“どんびき”(爆)した例の楽譜とかを紹介される中に、ベトベンさんの生活スタイルは身なりも構わずに、、、ってなのがあって、先日見た映画「敬愛なるベートーヴェン」の場面がふと頭をよぎったり(笑) そうそう、この番組の提供にこの映画がなっているからCMが何度も流れました、さすがです(笑)

ベトベンさんの食した、生卵入りのワイン(^^; なんともいえないお味だったそうで。。。で、そのワイン(の中の防腐剤)の飲み過ぎが彼の死因だとか。へえ~。

武田真治さんがサックス奏者として、ジャズバンドと共演。ジャズな第九もなかなかいい感じ。名曲はどうアレンジしてもいい曲なのかも~。

続いて、“指揮者ってなあに?”というテーマで、今度は優香さんが万九の東京での佐渡練を取材。いいなぁ、東京クラス。 指揮に挑戦した優香さんのサポートをする佐渡さんの笑顔がとろけてます(爆) 指揮が遅くなると歌も遅くなる事を実感した優香さん。レッスン後の佐渡さんとの対面にて、指揮者とはどういうものかが判明したようですよ↓

“どの方向に音楽が向かっているのか、どういう感動に自分たちが向かっていくのかということを導いていくのが指揮者ですね”と仰る佐渡さん。  納得です。

次は“オーケストラってなあに?”これは、数々の楽器を少しずつ紹介。

まずは、ティンパニ。建物でいうと柱みたいな楽器、と佐渡さん。しかし、マラカスで叩くなんて技、ありですか?(笑) ホルンがギネスで、世界でもっとも難しい楽器に認定されているのは知らなかった~。。。

そして、いよいよ本番の模様がっ。

元ちとせさんの曲も流れましたね。“青のレクイエム”。彼女の映像の角度で、あそこにあったカメラで撮ったな、などと思い出してみたり(笑) 会場で聴いていた時は、寒さをこらえつつだったけ(笑)

そして、第4楽章。抜粋でしたけどね、、、脳裏によみがえる、あの感動。。。また、うるうるになってしまった(^^;; あの本番の時は遠いし、うるるん状態ではっきり見えなかった佐渡さんをテレビだったら見られるぞ、と思っていたのに。また画面がはっきり見えないぞ。。。(苦笑)もう一度、見直さなくてはね。ちなみに私は映ってません。だってスタンド席だったもの(笑)

DVDが届くのはこの年末の予定。楽しみ~(^^)

« 「クレイジー・フォー・ユー」12/23 | トップページ | 「第九」(姫路労音) »

一万人の第九 2006」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/13173979

この記事へのトラックバック一覧です: 「一万人の第九」テレビ放送:

« 「クレイジー・フォー・ユー」12/23 | トップページ | 「第九」(姫路労音) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん