最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 21世紀の新世界 | トップページ | 私は京都劇場でヘッドロック状態ですね(BlogPet) »

京信ニューイヤーコンサート

京都コンサートホールにて行われた「第18回 京信こころのコンサート 京信ニューイヤーコンサート」に行ってきました。

指揮:現田茂夫

管弦楽:京都市交響楽団

J・シュトラウスⅡ:ワルツ「春の声」op.410

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調「運命」op.67

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調「新世界より」op.95

アンコール = ドヴォルザーク:スラブ舞曲第10番

ステージには華やかな花が飾られて、プチVPOニューイヤーコンサート状態(笑)

オケの女性陣のみなさんは、色とりどりのドレスに身を包み、中には着物や袴をお召しになった方もいらして、それはそれはとても華やいだ光景でした♪ ただ、せっかくの古都の楽団なんですから、男性陣も羽織袴で登場されたら素晴らしいと思うのですけどね。その時は、もちろん指揮者さんも和装で(笑)

本日の現田さんの装いは黒の燕さん♪幕開けには“京都のみなさま、明けましておめでとうございます”とご挨拶。アンコール前には“みなさまにとっていい年でありますように”ともお言葉が。京都在住じゃないけど、心の中でいちいち、“はい、おめでとうございます~。現田さんも素敵な一年をお過ごし下さい”と答えていた私(爆)ほんとにミーハー

開幕は華やかなワルツ。華麗に踊るダンサーが見えてくるような心躍るリズム。いや、VPOのコンサートを見たり、ステージに飾られた花を見ているからじゃない?と思われるかもしれないけれど、それでも私の目の前には、春の暖かい日差しに包まれたお花畑が広がってました。

久々に聴いた気がする「運命」。もう、非常にドラマティック、そしてエキサイティングな世界でした。細かく、丁寧で厚みがあって。物語が見えてくるんですよね。鳥肌もので、こんな運命もあるんだ~と驚きでした。

そして「新世界」。これまた新たな世界が見えてきました。比較的ゆったりとしたテンポ。落ち着いているけれど、ダラダラした感じではなく、ピシピシとメリハリのある展開。ラストは、おぉ、宇宙が見える、な気分でした(意味不明)

今日はとても爆!な現田さんを拝見できました。

運命が扉を叩き、その扉を開けたら新しい素敵な世界が広がっていた。そのまんまやん、と突っ込まれそうですが、そんな演奏会でした☆

オペラも素晴らしいけれど、シンフォニーも凄いです、現田さん♪いや~、これまで99%、協奏曲の演奏会にしか行けていないから、今回は衝撃的でございました。素晴らしいです。関西でもっと振って下さらないかと願うばかりです。。。

二日連続で「新世界」。聖さまと現田さんで同じ曲を聴けるだなんて何て幸せ♪こいつぁ春から縁起がええわい、としみじみと幸せをかみしめながら帰路についたのでありました。

« 21世紀の新世界 | トップページ | 私は京都劇場でヘッドロック状態ですね(BlogPet) »

指揮者さん」カテゴリの記事

現田茂夫さん」カテゴリの記事

コメント

はい~本当に幸せな一時でございましたねぇ。
もっともっともーっと、シンフォニーを!!頭下げてお願いしたい気分です(笑)
ワルツは、やっぱ花飛んでましたよね。VOPなんかに負けない素敵なワルツ♪
頭の中でずっと演奏を反芻しています。

お邪魔するっす。
2日連続で聖さまとマエストロGの「新世界」ですか~。
そいつぁ初春から縁起がいいやぁねぇ♪

着物で演奏。。。
見た目はいいんだけど、着物着てヴァイオリン演奏するのって大変なんですのよ(苦笑)
訪問着でも袖が邪魔なんですもの(笑)
なので、「のだめ」見てて
“みんなよくやるな~ 着物で演奏するだけでも大変なのに、あのパフォーマスまで。。。”
と感心した次第であります。

>佐都さん

楽しかったですね~。
花が舞い散る様子が見えましたっ。
次回、京都へマエストロがお越しの際は
神奈川へ帰らないよう引き止めましょう(笑)

>結月さん

そうなんです、思いがけず二日連続楽しめましたの。

やっぱり、難しいですか、着物で演奏。
でもね、お姉さまには是非、
着物で襷がけして、ベトベンさんをSさまテンポ、ってのに
チャレンジしていただきたいですわ(笑)

お邪魔します。
二日間続けての「新世界より」、つとさん、年の初めから猛進(?)ですね。

現田さんは、私、今まで100パーセント「守備範囲外」ですが、皆様の記事を読むにつけ、気になっています。
・・・・が、積極的に接近するのはしばらく見合わせときます。
そこまで何かと余裕がないので・・・つとさん、せいぜいレポたのんます。
あっちから来てくれた聴きに行こう。

>親父りゅうさん

いやいや、聖さまだけの予定が
思いがけず天からの授かりモノがございまして(笑)

現田さんの指揮はとても丁寧なんですよ。
他の指揮者さん同様、全国津々浦々で活動されていますから
お近くへいらっしゃる事もあるかもしれません。
その時は是非♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/13391935

この記事へのトラックバック一覧です: 京信ニューイヤーコンサート:

« 21世紀の新世界 | トップページ | 私は京都劇場でヘッドロック状態ですね(BlogPet) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん