最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | 初詣 その2 »

兵庫芸術文化センター管弦楽団第6回定期演奏会

兵庫県立芸術文化センターで行われた、兵庫芸術文化センター管弦楽団第6回定期演奏会に行ってきました。

指揮・芸術監督:佐渡裕

管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

マーラー:交響曲第6番 イ短調 「悲劇的」

アンコール曲=武満徹:「波の盆」より終曲

まずは佐渡さんがご挨拶。

「コンクールで優勝した後、日本で新日本フィルの定演で初めて演奏したのがこの曲。その時、曲を勉強しすぎて練習に遅刻して、そんなトコまで師匠(小澤氏)に似なくても、、、とあたたかく見守ってくれたオケのみなさんに今でも感謝している。」ってな内容で。

続いてこの曲に登場する打楽器の一部を紹介して下さいました。

まずはハンマー。でかっ!と思いました。だって人間の頭3つ分はありそうな大きさで。舞台の片隅に置かれた三方を大きくしたようなのをこのハンマーでガーンとやるらしく。ちなみのこのハンマー、佐渡さんの希望で大道具さんが作成された特注品だそうで(革を何筋か巻いたのは頼んでないから、製作者の趣味らしい/笑)、こういうところ、自分のオケを持っていて幸せだなぁ、と佐渡さんは仰ってました。

マーラーの最終的な楽譜ではこのハンマーが登場するのは2回。だけどもともとは3回で、なのにマーラー自身が恐ろしくて最後の1回を消してしまったらしい。しかし僕は元気なので3回やります、と佐渡さん談。

続いてカウベル。これも思っていたより大きかったです。人の頭1つ分くらいに見えました。これが円状に、または平行にいくつもぶら下げられた状態で、演奏に使われるとの事で。

最後はティーフェス・グロッケン。まんま、大きな鉄板(by佐渡さん談)。これを小さなハンマー(というかこれが標準サイズ)で叩くとそれが不思議な透明感を持った音がする訳で。けど、これは舞台上ではなく舞台裏で演奏されて、それが教会の鐘の音に聴こえるという。

そうそう、この打楽器紹介に登場されたのがPACオケのパーカッション担当、エリック氏。シャイなお人柄が見えました(笑)これが演奏会では、超大活躍。いや、この曲、打楽器さん達が凄い活躍で一体どれだけ楽器を担当されるんですか、とめまぐるしく、しかも細やかな動きで腱鞘炎になりませんか?と気になるくらい。そんな演奏や、舞台と袖を行ったり来たりされる奏者さんの動きを見ているだけでも非常に興味深い曲でした。

今日のコンマスは豊嶋泰嗣さん。この方の奏でる音は深いっ。

第1楽章。あら~、こう始まるんですか、とは全くの初聴き(多分)のモノの感想デス。へぇ、と思っているうちに大編成のオケの迫力にあっという間に別世界。特に打楽器と管楽器が見ていて飽きません(笑)あ、いや、だからといっていつもは飽きている訳じゃないです。ホルン隊が妙に気になりました(笑) でもって、オケ全体を眺めていると、楽器が踊ってるんですよね。Sオケ(byのだめ)のように魅せる演出をしている訳ではないのに、そう見えたのは気のせい?。。。

第3楽章は、母親のお腹にいるような懐かしさ、と佐渡さんは説明されてた楽章。私が感じたのは、宇宙遊泳ですね。いや実際には宇宙は知らないけど、なんだろう、、、、浮遊感を感じた訳で。まぁ、この曲に限らず時々自分にはあるんですが、こういう感覚(^^;;

極めつけは第4楽章。お待ちかねの(笑)、ハンマーがいよいよ登場。しずしずと断頭台に上がっていくかのようなエリック氏。佐渡さんの「行けっ!」(というように見えた)という合図と共に、打ち下ろされるハンマー。“ガンッ!!!”という音は心臓に響いてまいりましたし、地響きを感じました(←私だけかも)。打ち終わった後は何事もなかったかのように定位置に戻り、また様々な楽器の担当をされるのですが、その前にかすかに手首をさすっておられたように見えて。もしや、ハンマーの衝撃?と気になりました(^^;

そして第4楽章の最後の最後。ほほぉ~っと驚いた後、何だか楽しくて笑ってしまいました。あれ、悲劇なのにね。。。

マーラーさんって、凄いですねぇ。全編通して思ったのが、「悲劇的」というより「破壊的」。いや、決して悪い意味ではなく、ハンマーが出てくるからという訳でもなく、ましてや演奏がバラバラだったという訳でもなく、何となくこの曲に対してそう感じただけです。肯定的です、はい。 

。。。。。。あれ、やっぱり聴いたより観た感想ばかりだ(汗)

定演では普通はアンコールはしないのですが、と佐渡さんが前置きしてから演奏されたのが、武満徹氏の曲でした。譜面台に少し大きめ(でも譜面台からはみ出す訳ではない)の楽譜があるのを見ていたので、もしかしてアンコールあるかも~、と思っていたので嬉しかったです(^^) この「波の盆」という曲、とても透明感のある穏やかな曲でした。

本日の佐渡さんはお馴染みの装い。マーラーへの思い入れがかなりあるという佐渡さん、そしてこの曲は思い出深いと仰るだけにか、全楽章通してすんごい勢いでした。

残念だったのは、第3楽章の始まる寸前に、飴ちゃんの包み紙をピリピリと音させる人が客席にいて、それが、さぁ、いこうか、っていうタイミングだったので、佐渡さんしばし固まってはりました。。。私がいたところからその迷惑な人が丸見えだったので、コントロール抜群だったら、何か投げたかもしれないくらい恨めしい。。。 余談ですがこのホール、めっちゃ響きがいいんですよね、なので客席の音も拾う訳で。

文句はおいといて、佐渡さんの話に戻りますが、有難い事に私の席はオケの一員になれる席(勝手に命名)のバルコニー席だったので、佐渡さんの表情まで見えるといういい席☆ その表情を拝見しているだけでも、曲の作り出す大きな大きな波に引き込まれてしまいます。で、今日はいつもの唸りという以上に“吠える”佐渡さんでした。その声と共に音楽が作り出されていく様子にテンション上がってしまう私(笑) で、彼に指揮棒はいらない、とよく思うのですが、“気”というか“魂”で指揮されている感覚を今まで以上に強く感じました。凄いですよぉ、佐渡さんのマーラー。もう一度、聴きたいです。再演を強く希望っ!

今日のポッケには、2006年にあったイベントの数々の写真が飾られていました。オペラ「蝶々夫人」の前夜祭とか。佐渡さんが子供達と仲良く交流される様子などの写真を見ているだけでほのぼのと幸せになれました。

今年最初の佐渡さん&PACオケ。お年玉を貰った気分でした♪♪

« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | 初詣 その2 »

佐渡裕さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は今回「Eの20番」という、前から5列目ど真ん中の良席に当たり、
ウキウキだったんですが、2つ隣のおばちゃんが飴ピリピリしてました。
確かに佐渡さんは入ろうとしたのをやめましたね。
つとさんが仰っている方と同じかは不明ですが、私もカチンときましたよ。

ついでにクローク前で「ほら、あんたも食べとき」と、おばちゃんの
一団が輪になって立ったまま饅頭ほおばっていて・・(涙)。
何やっても自由ですよ?庶民的なところが芸文センターの長所でも
あるんですが・・。でも~っ、雰囲気って大事では?
少なくとも「周囲のムードは破壊しない」程度の嗜みが欲しかったですぅ。
私も知らず知らずのウチに何かやらかしていそうですが・・。

公演本編とは無関係のことを長々とスミマセン。
でもつとさんの記事読んだら蘇ってきてしまってつい。
公演自体はとっても楽しかったですね~♪

>Sオケのように魅せる演出・・・・・それはマーラー自身が楽譜に書き込んだ指示ですよ。
まさに見せるための。
彼は、けっこうそういう指示が多いようです。
ホルンのベルアップ(楽器を高く持ち上げて音的にも視覚的にも強調させる)や起立して演奏させる(1番「巨人」のクライマックス)など、いろいろと指示があります。
たぶん、佐渡さん、楽譜の指示通りさせていたのでしょう。
それにしても・・・見たかった(聴きたかった?)なぁ。

>すみれ食堂さん♪

こんばんはぁ。またもや同じ日とは☆

えっと、多分、同じ輩だと思います、飴ちゃんの人。
上から睨んでいたんですけどね。
それに、饅頭喰いの団体も、げに恐ろしき。。。
マナーについての注意書きがパンフに載るようになったのが
悲しいデスね。

でも、ステージ上は素晴らしかったですね!


>親父りゅうさん☆

へぇ、楽譜に書かれているんですかっ。

あのハンマーの指示がどんなのか知りたくて
楽器屋さんで譜面をチェックしようと思ってるんですけど。
しかし、譜面を読めるのか?自分(汗)

あ、そういや“ベルアップ”ってのですか、やってました。
マーラーさんってホント面白いんですね。
もっと聴いてみよう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/13479111

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫芸術文化センター管弦楽団第6回定期演奏会:

« 勝手にお誕生日♪ | トップページ | 初詣 その2 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん