最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「CFY」京都公演 まとめ その3 | トップページ | 江原さんの手からは(BlogPet) »

ウィーン版ミュージカル「エリザベート」

梅田芸術劇場にて、ウィーン版ミュージカル「エリザベート」を観てきました。

ウィーンオリジナルバージョンの来日公演。キャストもオケも豪華な面々。しかもオリジナルセットまでお引越ししてくるのは、大阪公演のみ、という素晴らしく恵まれた環境での公演。そして来日公演にしては、そう高額でもないチケット代金(^^)v

このホールで、セリ、盆をこれだけ駆使した舞台は久しぶりな気がする。そして、その装置の数々がシンプルに見えて凝ったところが凄かった。各場面を現す背景は幕だけなのに、その美しい事。実際に人が出来ない部分の動きは人形を使ってはいたけど、ビミョーな映像を使うよりはマシ。

そして最初から最後まで使われていた、上手から降りてくる、斜めはしごのようなセット。あの世とこの世をつなぐかのような橋だけど、トートがこのセットを上へ下へと柔軟な動きで移動していく様は必見。 他にも、エリザの横顔に切り取られた部分が登場口になっていたり。

キャストの衣装に、黄泉の国の住人である事を示す(はず)草がついているけど、それが衣装の柄にも見えるさりげなさだったり、ちょっと目立ってみたり(^^)

当日の確定キャストは開演一時間前に発表という、どこかの劇団と同じ(笑)方式。エリザのトップはマヤさん。その素晴らしさは噂でしか知らないけれど、、、それは鳥肌ものらしい。今日はセカンドキャスト。でも、これでセカンドですか?な素晴らしい歌声と演技に圧倒されてきました。

ちびルドは万国共通の可愛さってやつですよね(笑)子役って、得だわ。音程がずれていたって、可愛さで許せてしまうんだもの。「ママはどこにいるの」は涙を誘われる。。。

大人になったルドさまが、かっこよい(^^) 出番が少ないのが残念だわ。 

ルキーニの「キッチュ」は万国共通で拍手が起きるのかしら。日本だけかしら。いや、自分もするけどね。だって楽しいんだもの。ファンサービスですな、日本語での歌もほんの少しあったし(笑)こういうの好きだなぁ。

このルキーニが存在感が大きくて。役柄的には少し嫌味なんだけど、嫌味じゃないんだな。

「夜の舟」で、二人のすれ違いがあまりに切なくて、エリザとフランツの落ち着いた歌にうるうる。この曲、フランツが一番よく見えた気がする。

ラストはエリザを引きずりこまなくてもいいじゃない、トートダンサーさん、と突っ込みをいれたくはなったけど(笑)そう、このトートダンサー達がトートを邪魔していないっ。女性キャストもいたし、ステキだった。

トートがまたステキなんだなぁ。「最後のダンス」なんて、もう。。。髪型も衣装もシンプルだけど、神秘的な部分をかもしだしている。ちらっと映像や写真では見た事があったけど、ナマはやはり素晴らしい。こんなにステキなら死の世界へ誘われたらついていきます!って感じ。

カテコもキャストさん達がノリノリで、楽しかったです。アンサンブル達がハイタッチしたり、踊ってみたり。オールスタンディングに近く、割れんばかりの拍手に包まれるこのホールの光景はちょっと久しぶりかも。終演後にリピーター割引のチケット売場に人がつめかけていたけど、その気持ち、よっく分かります。あまりに素晴らしかった~。

正直なところ、○宝版がしばらく観られなくなってしまった。。。ヅカ版は観ていないので比較は出来ないけれど。もちろん、日本版も素敵だし、訳詞も分かりやすくて素晴らしいし、日本版を観ていたおかげで、今回の来日公演で字幕をあまり頼らずにすんだし。でも、装置や演出はやはりオリジナルの勝ち。どうして、この演出で日本でもやってくれないんだろう。今までは無理でも、今回プチ改装したんだから、もう出来るよなぁ。

ん~、褒めすぎ?いやいや、だって凄かったんだもの、オリジナルバージョン。あぁ、もう一度、観たい。。。

エリザベート:ルート・クラウス

ルイジ・ルキーニ:ブルーノ・グラッシーニ

トート:マテ・カマラス

皇帝フランツ・ヨーゼフ:ペーター・レジアック

皇太后ゾフィ:クリスタ・ヴァットシュタイン

皇太子ルドルフ:ルカス・ペルマン

« 「CFY」京都公演 まとめ その3 | トップページ | 江原さんの手からは(BlogPet) »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

ウィーン版DVDを見てみたのですが、
「キッチュ」で手拍子は聞こえてきません。
東○版のリピーター独自のものですかね?(笑)
でも楽しくていいですよね。

それにしても、キャストの実力もセットも素晴らしいものでした。
このような「本物」を観た後は、東○版、観られませんよね。。
背景だけでも何とかしてくれれば良いのですけど。


>ろーじーさん

ウィーン版DVD情報、有難うございます!
そうですか、あの拍手は東○だけか(笑)
はい、私も楽しいのでやりますけどね。
今回のカンパニーのみなさん、
どう思われたかしら(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/14680577

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーン版ミュージカル「エリザベート」:

« 「CFY」京都公演 まとめ その3 | トップページ | 江原さんの手からは(BlogPet) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん