最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« ガーシュウイン | トップページ | 「コンタクト」5/20 »

「コンタクト」5/19ソワレ

京都劇場にて、劇団四季の「コンタクト」を観てきました。

ここ数日の嵐のような天気も、劇場の中では別世界♪まぁ、京都劇場は雨が降っても槍が降っても、駅からの道のりは関係ないけど。

でも、荒川さんの舞台を観る時って、あまり雨降りには遭遇しない気がするんだな。荒川さんって、晴れ男さん?じゃあ今後、雨が降ったらワタシのせいだ(自爆)

今週のキャス変。パートⅢのイエロードレスが酒井さんから坂田さんへ。アンサンブルではパートⅡで金井さんが抜けて杏奈さん。パートⅢでソンインミさんが抜けて杏奈さん登場。

ではでは、今日もレポにはなってない突っ走り文章(?)の始まり~。

パートⅠ

召し使いの心の内の台詞を考えてみた。

「ず~っとブランコ押してたら疲れるわ。何やアイツ(貴族/男)は優男面して楽しそうにやっとるけど、宝石だけが女心を掴むネタやないで。やっぱり体力やな。あとは心やで、こ・こ・ろ。」

「お、貴族がどっか行きよった。あれ、この女(ブランコの女)オレに気があるんかい。色目使ってきたで、どうするよ?オレ?」

「お望みとあらば、かまったろ~。こんな事も出来る(アクロバット)んやで。凄いやろ~。優男よりもオレの方がええって、絶対」

…以下略。

好評ならば次は貴族編で。いや、好評な訳はない(笑)

パートⅡ

イタリア風レストランの設定。ウェイター長は一流のサービスを目指す方のように思われるけど、働くウェイター達が、すこ~し(かなり?)テキトーなところがあるので、ウェイター長さんも大変そう(笑)

けど、部下がパンをなかなか持ってこないのが分かったら、自分で持ってくるだろうし、客とのトラブルになりそうな場面でも、見守ってはいるけど離れているし、突っ込みどころが多い人だ(爆)

しかし、松島ウェイター長は、颯爽としているし、ダンス上手いし、ブルードレスが憧れるのもムリはないだろうなぁ。(いや、ダンスは関係ないか)

武藤さん扮するカップルの男性は、そっそかしいところがある。シャンパン(と思われ)で乾杯する時、ジャケットの裾を汚しちゃってるよ。濡れタオル(と勝手に想像)を持ってきて、と萩原ウェイターさんに頼むけど、このウェイターは、最後まで持ってこない(笑)

あ、この二人の乾杯って、古代ギリシャ風?何もそんなトコでやらんでもええやん、と突っ込んでしまう(^^;

萩原ウェイターさん、夫が撃たれて下手へ消えていく様子を、正座した状態で見守っている後姿が、お行儀の良いお坊ちゃまに見えた(笑)

パートⅢ

お帰りなさい、坂田さん。待ってましたよ、ブルーからイエローへの華麗なる変身ですね。あくまでも個人的になのですが、坂田さんのイエローが好きですねぇ。演技とかも含めて。身長も関係あるかもしれない…。誰かさんとバランスがとれているとかとれていないとか(こらっ)

普段、ワイリーさん一点集中のワタシが、今日はイエローも結構、観たもんね。あ、酒井さんのイエローを観ていなかった訳じゃないですよぉ。だって、常に近くにワイリーさんがいるから視野に入る入る(笑)

ダンサー達に邪険にされるワイリーさんを心配そうに見つめるイエロー。だったら、意気地なし、、、と去ろうとせずにダンスを教えて、サポートしてあげなさい、とマイケルびいきのワタシはいつも思う(爆)

♪Do You Wanna Dance~と歌いだすバーテンダーこと明戸さん。いつもはキーを高めに歌いだすのに、今日は低いキーで歌いだしておられました。でも、このバーテンダーの役、日替わりで遊べる部分(アドリブ)が多くていいなぁ、と思う。ワイリーさんは役柄的に遊べないもんなぁ、ま、ビミョーな変化はあるけど。

ニューヨークマガジンの、開けるページは決まってないのかしら。前と違うページが開いていたっけ。

さぁ、今日の荒川さんのマイケル・ワイリー氏☆

仕事に真面目すぎて一生懸命で、華やかな仕事での作り笑いや競争社会に疲れて、カウンセリングが必要になってしまったワイリーさん、なのが荒川さん。そういや栗原さんもこんな感じだっけ。授賞式でちょっと斜に構えた感じなのが栗原さんの最大の特徴だったけど。

そういや髪、切られました?な感じ(笑)ヘアメイク変えられたのかなぁ、すっきりしてらした気が。

ロープ掛け成功☆、コートも今日は余裕だった。高さが変わった訳もないよなぁ。立ち位置の問題だったのかも。

ストーカーに追い掛けられる、ぐるぐるタイムの寸前、今日も咳が。あらら、お辛いですわね、龍○散か、のど飴でもお持ちしましょうか?(いらないよっ)

ビリヤード台に、バシッと手を打ち付けて、イエローに近づけない事を悔しがるところ、勢いがよいと、ジャケットの裾がめくれたまんまの状態でしばし背中を向けていしまう事になるんですよね。振り向くとすぐに直るとはいえ、いつも直してさしあげたいわ、と思うのですけど(笑)

そうそうイエローと濃厚な(ちと妬ける、けどもう慣れた)キスをした後、口紅がついてませんか、ワイリーさん(笑)それとも、あまりに密着しすぎて、唇が腫れたか?(ありえないっ/爆)

カテコは、終盤に近づいて、繰り返される回数が定番化してきた気が。明戸さんの登場の仕方、遊んでおられます。今日は、爆発ヘアに、手を当てて挨拶されてました。

イエローじゃなくて、ミネッティさん、彼女をリフトするのがよく見えた気がする。やっぱり体格の差かもしれない。

スマートにイエローをサポートする荒川さんは、苦悩の表情は消え(当たり前)、爽やかな笑顔を残して去っていかれます♪最初の方で、並んでご挨拶のところで、最初に右のイエローに手を差し出されますが、坂田さん、それに少し気付いてなかった。。。勿体ない(違うって)

本日はこれにて。

みなさん、ありがとう。さようなら。 ボクは消えます。

ブランコに乗る女 クリスティン・ゼンダー
貴族 萩原隆匡
召し使い 満 寧
団 こと葉
夫/バーテン 明戸信吾
ウェイター長 松島勇気
マイケル・ワイリー 荒川 務
黄色いドレスの女 坂田加奈子

パートⅡアンサンブル  加西伸子 村井まり子 杏 奈 榊原央絵 望月龍平 西尾健治 萩原隆匡 武藤 寛 張 春紅 満 寧

パートⅢアンサンブル 金井紗智子 加西伸子  村井まり子 杏 奈 クリスティン・ゼンダー 榊原央絵 望月龍平 朱 涛 西尾健治 萩原隆匡 武藤 寛 張 春紅 満 寧

« ガーシュウイン | トップページ | 「コンタクト」5/20 »

コンタクト」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

荒川さん、やっぱり髪の毛を切られていますよね?
17日に観劇した時に第一番に思いました(^^)

>appleさん

いらっしゃいませ☆

やっぱりそうですよね。
1週間ぶりに拝見したら、
サイドも襟足もすっきり、だったので(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/15130297

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンタクト」5/19ソワレ:

« ガーシュウイン | トップページ | 「コンタクト」5/20 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん