最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「コンタクト」5/4 | トップページ | 「コンタクト」5/6 »

「コンタクト」5/5

京都劇場にて、劇団四季の「コンタクト」を観てきました。

え、毎日行ってないかって?そうかもしれない(笑)

この作品を観る時はお腹を空かせていくと、お腹が鳴ります。それって、ワタシだけかしら。だって美味しそうなものが沢山出てくる、パートⅡ。実際に食べてるものねぇ、パンとか。つまみ食いしているウェイターってあり?(笑)

あ、このパン、大阪公演じゃロビーで売ってたけど(こないだの東京公演でもあったかな?)、京都はないのかしら。

でも、満腹で行くと、寝るかもしれないので、要注意っ。いえ、ワタシは寝た事はないですけどね、お休みになっている方の姿をよく見かけるもので(苦笑)

パートⅠ「SWINGING」

本日の席は最前列。え~、いつも以上に目のやり場に困った(笑)同性でも鼻血(これは言い過ぎかしら)ものな場面が多すぎるから。お子様な私には刺激が強くて(え?)

召し使いの満さんの腕の筋肉を拝見させていただきました(笑)

こういう戯れって、さらなる刺激を求めてのものなのかしら。うむむ、平凡以下の脳みそにはちょっと理解できないわ(^^;

パートⅡ

本日はアンサンブルを。

いきなり踊り出しても、無表情で通常に戻る機敏さ(笑)がみなさま素敵ですわ。でもって、小道具の使い方が細かく決まっているので、段取りを間違えると大変そう。

ブルードレスが放り投げるメニューも、今日は微妙に位置がずれたので、ウェイターの張さん、自分から放物線の下へと移動されてました。ナイスです。

夫との駆引きの時の、3人のウェイターの表情が可笑しくて毎回、笑ってしまいます。もちろん、戸惑いと勝ち誇った表情が交互に訪れる夫にも笑えるんですけどね。

スーツに眼鏡の武藤さん、なかなかお似合いなのが意外だった(笑)恋人とラブラブ状態なのが妙に微笑ましいんだけど。ブルードレスと、ある意味、間接○スじゃないかぁ、と、とある場面を見ながら思う(笑)

パートⅢ

イエロードレスの酒井さんも素敵な方なんですけどね、ワタシには荒川さんワイリーが光り輝いて見えてしまって、イエローが見えなくなってます(笑)

若干、長すぎる二人のキスも妬けるけど、これで妬けていては、「CFY」の10回以上のキスはどうなる?って事で、1回なら許そう(お前は何者だっ)

部屋へ入ってから、コートを壁に掛けるところ、ちと苦労してはりました。

ロープは無事に1回でOKでした。しっかし、これ、本を載せてもロープに届かない事態になったら、どうするんだろう、と余計な思考がいつも頭をよぎる(こらっ) 記憶違いでなければ、微妙に手を伸ばすのを苦労されていた某ワイリーさんを過去に見たような、見なかったような。。。

そうそう、イエローの手にするタバコって、遠目から見ても黄色に見える、と思っていたら、やっぱり黄色みたいな感じ。夢の住人にしてもどこまで黄色で攻めるんだろう、っていう(^^; バーのマッチも黄色。

再び、ロープ掛け状態でのワイリー(夢から醒める寸前)。イエローが去ってもしばらく、ゆら~と揺れてはりますが、その時に、汗がポタポタ落ちているのが見える訳ですよ(どこを見てるんだか)ダンスがハードだから仕方ないわねぇ、拭いて差し上げましょうか、って思ったかどうかはおいといて。その汗が、涙にも見えるのはワタシだけでしょうね。ワイリーの涙。。。切ないじゃないですか。。。

ミネッティにダンスを申し込む時に、差し出す左手が美しい、と毎回思うんですよ。きっちりと揃えられた指先。荒川さんワイリーからなら、ワタシなら絶対に拒否らないわ(誰も申し込まないって)

カテコはプチ盛り上がり。キャストさんと目も合ったし。荒川さんとも目が合った(と勝手に信じる勘違いなヤツ)わ。

幕のセンターから、明戸さん、団さん、荒川さん、酒井さん、と出てこられるのが一番嬉しい(はぁと)だって、幕へと消えていかれる時に、荒川さんたら、顔だけ出して大きく目を開いて“ばぁい!”て満面の笑みを見せながら去っていって下さるんだもの☆これで完全に崩壊ですわ、ワタクシ(*^^*) 腰が砕けそうでした(爆)

最初にも書いたけど、今日は最前列。ワイリーさんが、客席から舞台に上がる階段の目の前っ。ありえない至近距離でご尊顔を拝見して参りました~。もちろん、スポットが当たって舞台へ上がるまで、拍手してましたよ、ワタシ。えぇ、5回目だって何回目だって、受賞をお祝いしてあげないとですわ。

↓巻末付録(意味不明)

本作品「コンタクト」が「CFY」と似ている場面。まぁ、訳詞の問題もあるだろうから、あくまでも四季版って事で。

・パートⅡ

☆ブルードレスがケーキとか一杯載せたワゴンに乗って運ばれてくるところ。

「CFY」じゃ、ポリーがトタンに乗って運ばれてるところ。

・パートⅢ

☆ワイリーが、授賞式で「僕の人生の全てなんだ!」という台詞。

「CFY」で、ボビーがザングラーに「これ(ダンス)が僕の人生の全てだからです!」という台詞。

☆ワイリー「でも、ミロのヴィーナスに比べれば!」。。。

「CFY」でボビーがポリーに言う、「まるでミロのヴィーナスみたいだ、腕のある」という台詞がそのまま後に続きそうだ(笑)

☆バーにて。ワイリーがビールを、イエロードレスがシャンパン(だよな)を同時に飲むところ。

「CFY」における二人ザングラー状態(^^;

☆夢から醒めたワイリーと、ミネッティが踊り続ける場面。背景がなくなって幕が下りるまで、ひたすら二人がくるくるりん♪

「CFY」における、ボビーとポリーが、「Shall We Dance?」で踊るところ。ワイリーもそのままキスするんじゃないかと想像してしまう(笑)

他にもありそうだけど、思いつくままに並べてみた。演出・振付が同じ人だからっていう事は別に念頭にはなく、もちろん、ボビーとワイリーが同じ人だからという事も頭にはなく(笑)

今日はこれにてっ。

ブランコに乗る女 クリスティン・ゼンダー
貴族 萩原隆匡
召し使い 満 寧
団 こと葉
夫/バーテン 明戸信吾
ウェイター長 松島勇気
マイケル・ワイリー 荒川 務
黄色いドレスの女 酒井はな

パートⅡアンサンブル 金井紗智子 加西伸子 村井まり子 榊原央絵 望月龍平 西尾健治 萩原隆匡 武藤 寛 張 春紅 満 寧

パートⅢアンサンブル 金井紗智子 加西伸子 ソン インミ 村井まり子 クリスティン・ゼンダー 榊原央絵 望月龍平 朱 涛 西尾健治 萩原隆匡 武藤 寛 張 春紅 満 寧

« 「コンタクト」5/4 | トップページ | 「コンタクト」5/6 »

コンタクト」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

毎日じゃないですか!羨ましいです♪
一週間ぶっとおし観劇してみたいんですよね。

私も最前列で観ましたがすごいですよね!でも、加藤さんだったのでそれほど興奮せず落ち着いて観られましたが(笑)。

確かにCFYに似ています!
授賞式の時は本当にそう思いました。
他にもあったなんて、さすがつとさん♪なるほど~!

>ちゃ~こさん

最前列の迫力って凄いですよね。
ダンサーさんが落ちてきそうで(え?/笑)

いや、同じ演出家だからって事はないと思うんですが、こう続けて観ると、似てるなぁ、と思う場面が多くて。
京都、いらっしゃいませんか?
当日券、ありますよ。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/14964301

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンタクト」5/5:

« 「コンタクト」5/4 | トップページ | 「コンタクト」5/6 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん