最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「オペラ座の怪人」紹介番組 その2 | トップページ | 劇団四季と見で装置しなかったー(BlogPet) »

「壁抜け男」6/17

京都劇場にて上演中の劇団四季の「壁抜け男」を観てきました。

この作品を観るのは何年ぶりかなぁ?常設での公演なら大阪以来?癒しミュージカルとも言われるくらいの、ほのぼの系作品。ほんのちょっとだけ大人の内容だけど、お子様なら見た目の楽しさと、え?と驚く小さな仕掛けに驚くはず。そして何よりも登場人物達が、愉快だし個性的で笑える(^^)

簡単に言うと、題名のまんま、ある日、壁を抜けられる能力を持ってしまった男が巻き起こす騒動と恋物語。

この舞台は実際に観ないとその仕掛けとか、“え?何あれ?”が楽しめない作品(^^)

デュティユルは石丸さん。ずっとお芝居なさってたような。で、またこの作品の後はお芝居かな。久々に伸びやかな歌声を聴けましたね。前回よりも、楽しそうに演じておられる感じ。飛びっぷり(?)とか、笑顔とかの表情が優しくなってます。例えば、「壁抜け賛歌」の“どこにでも入れるぅぅ”と語尾がとっても上向き。とても心優しいキャラ。

デュブール医師の歌詞。“フロイドケロイド甲状腺山手線リビドコンプレックス”。“環状線”もいいんだけどなぁ、京都なら“東西線”なんていいかも、と思ったんだけどなぁ。

イザベルの坂本さん。かわいいなぁ。芯の強い役もいいけど、こういうはかない運命系の役もお似合い。そして美脚がまぶしい(←どこ見てるんだ/笑)

画家の渋谷さん。2幕始まりで、“みなさんお席につかれましたか”と歌われると、“はいっ”と応えたくなるアホ(^^;;

「街の絵描き」での“モンマルトルの丘にキャンバス立てて~”の辺りが一番好き。彼もイザベルに憧れているんだよなぁ、きっと。画家の役割って、結構、この作品の重要な位置を占めているから、歌はなくても、その動きは見逃せない訳で。

M嬢の佐和さん。初演からですね、この方も。「受難のマリア」の捨て身の(?)ソロナンバーは大好き(笑)あんなに濃~~く迫られたら、デュティユルじゃなくても逃げるよ(^^; でも、ここでもデュティユルさんは優しい人。落ちている彼女のバッグを拾ってあげてるんだな、これが。

新聞売りの有賀クン。この方も頑張ってはります。随分としっかりと歌われるようになった感覚が(親心?)。「新聞売りのソロ」で“号外!義賊の怪盗ガルガル”の辺りが一番お気に入り。作品の前半と後半では、彼が成長していく様子が見えるんですけどね。え、ワタシだけかしら?

メインキャスト以外は一人何役もこなすこの作品、過去のキャスト設定と今回は微妙に違う訳で。

例えば、高井さん。200年は、「C氏(公務員)・警官1・刑務所長」。今回は、「部長・刑務所長・検事」。

この高井さん(以下、治っち)は、ファントムのイメージがかなり強いらしく、客席で周りの声を聞いていると、“あれ、怪人やってた人???”な会話がちらほら。そう、今回は素顔が拝見できます(笑)

もうこの治っちの弾けっぷりが最高に面白いっ。刑務所長は前回でかなりツボに入ったけど、今回も絶好調に面白いデス。情けない風貌に、美声がアンバランス(褒めてる)。“私の名前はジュディオン~、間抜けな名前ぇぇ”で、笑いがこみあげる。

部長と検事。怒るとファントムが見え隠れしますけど(こらっ)。そして、極めつけは、カテコでのステップ。お、治っちが踊ってる!とこれまたツボに入る訳ですな。

カテコは何度も繰り返され、まるで楽?かと思うような盛り上がり。さすが、まる王子さま効果かしら(^^) ふんわりと手を組んで、“ご一緒に歌いましょう”も2回。

そう、この曲、過去に俳優さんに直々に指導してもらったから、暗譜で歌えるもんね、へへっ。って、単にむかし、そういうイベントがあったのデスよ(笑)治っちのピアノ演奏に、青山明さん(お懐かしい)の超早口の指導。だからハミングの部分から出来ますよぉ。で、そんなレッスンの後は、舞台へ上がって、歌いましょう、、、の瞬間に袖から石丸さん登場。うきゃ~~~な状態で舞台共演(ええ?)したイベント(笑) その時の治っちの哀愁漂う背中をじぃっと見つめた記憶が(笑)彼が先生なら、ワタシはその背中を見られる席にいつも陣取るはずだわ。

と、話が逸れたわ…。カテコでは、下りる幕の下の部分から両手だけを出した状態で手を振られるキャストのみなさん。壁ならぬ、幕を抜けたみたいに見えて楽しいっす。

ちょっと小粋なフレンチミュージカル、「壁抜け男」は京都劇場にて7月1日まで上演中!

ついしん。

その1.

ワタシが壁を抜けられたら、そりゃもう劇場に入り放題(笑)

その2.

初めて観た時からやりたいと思うけれど出来ない事。カテコで「ジュディオン素敵!」と叫ぶ事(爆)

デュティユル 石丸幹二
イザベル 坂本里咲
部長/刑務所長/検事 高井 治
八百屋・娼婦 丹 靖子
デュブール医師/警官2/囚人/弁護士 寺田真実
B氏(公務員)/警官1/看守1/ファシスト 荒木 勝
画家 渋谷智也
M嬢(公務員) 佐和由梨
A夫人(公務員)/共産主義者 久居史子
C氏(公務員)/乞食/看守2/裁判長 井上隆司
新聞売り 有賀光一

« 「オペラ座の怪人」紹介番組 その2 | トップページ | 劇団四季と見で装置しなかったー(BlogPet) »

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

不確定性原理というのがありまして・・・。
これは簡単に言うと物質は固体でも厳密には流動しているという考え方なのですが、この考え方では10の24乗に一回は人間は壁を通り抜けるとされています。
って、どうでもいいですね。
こういうこと言うから嫌われるんだろな・・・。
テンプがかわいいですね。

>リベラ33さん

アホなワタシの頭には難しいお話デス。。。
が、壁を通り抜けてしまう瞬間が訪れるかもしれない、って事ですね(違う?)

機会がありましたら、噛み砕いて説明して下さい(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/15468121

この記事へのトラックバック一覧です: 「壁抜け男」6/17:

« 「オペラ座の怪人」紹介番組 その2 | トップページ | 劇団四季と見で装置しなかったー(BlogPet) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん