最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「氷屋来たる」6/22 | トップページ | 「キャッツ」6/23ソワレ »

「キャッツ」6/23マチネ

キャッツ・シアターにて、劇団四季のミュージカル「キャッツ」を観てきました。

んんん、前の日も同じ劇場にいたような気もするけど(^^;

本日の席は固定席の最前、5列目。目の前に横たわるゴミがゆ~っくりと動いて、猫達と共に人様の頭が大量に目の前に現れてくる様子を眺めるのもこれまた楽し(笑)

前も横も通路。猫ちゃん触り放題席(違うから)。運がよければ、お持ち帰りできる場所(ムリやって)しかし、某猫氏が視界に入る場所にいると、そちらしか見ないので、他の猫がワタシに惚れて(ありえない)見つめていても、気付かない事多し(^^;

余談だけど、通路で舞台へ上がる準備(へちゃ~と寝そべっているとか、前足低くして飛び出すぞっ状態とか)をしている猫達が間近にいると、そのなめらかな背中とか、しっぽとかを触りたい衝動にかられるので、ワタシはあまり座ってはいけない席。

全部の猫ちゃんが主役ともいえるこの作品。だけど、全部を書くと長々長々…となるので、抜粋。

青山さんマンカス。兄貴でもなくアニキでもなく、お兄さん(意味不明)そして、お兄ちゃんでもなく、お兄さまでもなく、兄上でもない。(あ、お兄さまと言うのは、個人的にダーリンの代名詞なので。その由来はまた別のお話/笑)

端正なお顔立ちに、猫メイクが映える事。素敵なお兄さん猫。マキャファイトで傷ついてもあまり傷ついているようには見えなかったのが強い証拠かしら。ちなみに、Fさんマンカスは、早く助けに行かなくてはっ、と思うくらい傷ついていた日々だった(え?)

スキンブルナンバーでのヤクザっぷりもおとなしい。それよりもかなり離れたところでヤクザに賛同しようとしている(えぇっ?)タガーの方が悪そうに見える(笑)

グリザのナンバー、明日が↑ではなく、明日が→。好みの問題だけど、ワタシは明日が↑が好き。

お久しぶりですねぇ、よく拝見しました、握手もしてもらいました、石井さんのデュトさん。和むんだよなぁ、この方のデュトさんスマイル。ミストは呆れているけど、ずっと手を振っていてもいいのよ、と思ってしまう。でも、実際はタガー締めが見たいから、デュトさんには退場してもらわないといけないけど(こらっ)

本日の荒川さんタガー。

落ちてきた靴にビックリ仰天して、天空を仰ぎつつ、ジャンプしながら手を空に向かって、キィィ。この仕草、昔から好きだったのに、昨日観た時にやってなかったから、封印したのかと思っていたけど、まだ健在で嬉しかったなぁ(^^)他の猫と違う動きでさりげなく、目立つタガー(爆)

“ごむ~~~、ごむ~~~…”でメス猫さん達が、フライングする時の、“はぃぃぃ?”みたいなちょっと呆れ顔がかわゆい(笑)昔話だけど、某メス猫さんだけが、一人もとい一匹だけで、にゃぁぁぁぁ、なバージョンも面白かったんだけどね。

連れ去りは、若い女性。何が起こったのか分からない顔してた(笑)そりゃぁ、ワタシの願いは連れ去られたいけど、お客さんの反応とタガーの遊びが客観的に観察できるのでそれもまた楽しい訳で。

“全く何にもしないのさっ”では、しっぽをギターに見立てる。

どうでもいいけど、しっぽいじりが好きなタガー。カテコでも他の場面でもどの猫よりも超高速で回すのを見ていると目が回る(笑)。でも消耗が激しそうで、衣装さん泣かせてない?(笑)まぁ、しっぽとえりまきくらいで、他に小道具ないから、しっぽで遊ぶしかないよねぇ。しかし荒川さんは小道具を回させたら天下一品!(だと勝手に思ってる)「夢夢」の配達人&「CFY」ボビーザングラーではステッキ、「CFY」のボビーでは帽子、「MM!」のサムではマイク、んんん、話が逸れすぎ。

JGLでのお遊びはあんまり見えなかったよ。。。前列の人をかまっていたのしか見えなかった。

スキンブルのナンバーでは、スロープのところで寝そべっていたのでバブにしっぽを掴まれて定位置まで引き戻されてた(笑)もっと、厳しく叱ってもいいいんだよ、とバブちゃんに言ってあげたい(笑)しかし、この場面、オス猫さん達って毎回、天国な気がする(ふっ、敢えて書かないけど/爆)

わがままというか、目立ちたい一心のお遊び(おいこら)満載。

ねぇ、タガー、次のリーダー狙ってるでしょ?(笑)でも、そんなタガーも大好きだなぁ。

って事で、マチネ終了。

グリザベラ 重水由紀
ジェリーロラム=グリドルボーン 遠山さやか
ジェニエニドッツ 鈴木由佳乃
ランペルティーザ 磯谷美穂
ディミータ 団 こと葉
ボンバルリーナ 南 千繪
シラバブ 紺野美咲
タントミール 河西伸子
ジェミマ 王 クン
ヴィクトリア 宮内麻衣
カッサンドラ 永木 藍
オールドデュトロノミー 石井健三
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ 田島亨祐
マンカストラップ 青山祐士
ラム・タム・タガー 荒川 務
ミストフェリーズ 松島勇気
マンゴジェリー 武藤 寛
スキンブルシャンクス 岸 佳宏
コリコパット 王 斌
ランパスキャット 張 沂
カーバケッティ 劉 志
ギルバート 范 虎
マキャヴィティ 赤瀬賢二
タンブルブルータス 張 野

« 「氷屋来たる」6/22 | トップページ | 「キャッツ」6/23ソワレ »

キャッツ」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

呼ばれましたか?
田島さんを少しでもご覧になっていたのでしたら、後日感想をお聞かせ下さい。

>佐都さん

タガーが出ていない場面は拝見してました(笑)
全場面でなくて申し訳ないです(^^;
ソワレレポでほんの少し書かせてもらってますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/15546220

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャッツ」6/23マチネ:

« 「氷屋来たる」6/22 | トップページ | 「キャッツ」6/23ソワレ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん