最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「エビータ」9/8マチネ | トップページ | 聖さま祭り »

兵庫芸術文化センター管弦楽団第11回定期演奏会

兵庫県立芸術文化センターで行われた、兵庫芸術文化センター管弦楽団第11回定期演奏会に行ってきました。

指揮・芸術監督:佐渡裕

管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ピアノ:及川浩治

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調

ピアノアンコール曲=ショパン:雨だれのプレリュード

オケの面々の日焼け具合が気になった(笑)夏休み(があったんだろうな、多分)にどこかに行かれたのかなぁ。気のせいか、佐渡さんも何となく日焼け。夏の暑い最中に各地で演奏会だったしねぇ。

何だかぼんやりしながら過ごしていたここ数日のせいか、あまりプログラムを気にせずに会場へ向かった今回の定演。席について、舞台を見たら、あらピアノが。今日は珍しくコンチェルトだっけ、と思いつつ、パンフを見る。おっと、共演者は及川さんだったんだ(@.@! トリオびぃ(←何故にひらがな/笑)では拝見した事あるけど、こうやってオケとの完璧な(ん?)ステージは初めてだわ。こりゃ、楽しみ、楽しみぃ、と開演を待つワタシであった。

ラフマニノフは、何だろう、心がざわついて仕方なかったのだ。ん~、ワクワクでもなく、悲しみでもなく、何だか落ち着かないの。こっちの心が別の事でざわついていただけ?うん、そういう説もある(意味不明) いや、奏者にあまりに気をとられていただけか(爆)

で、オケを操る佐渡さんが、いつも以上に細かかったのだな。サイレントモード(ん?)になる時は、そこまでしゃがみます?な状態。何回、しゃがんだかしらねぇ。新メンバーが相当入っているので、まとめてはったのかもしれない。

それと佐渡さんね、終わった後に、何だか柔和な表情が出てくるのが、いつもより遅かったのだ。それが少し、気になった。カテコで何度も繰り返される拍手で、笑顔が見られたけど。満開ではなかったな。お疲れかな。でも、何だか、いつも頑張る佐渡さんのカテコでの姿でうるるんモード。←あれ、演奏での感動はないのか自分?

いや、このプロはワタシのような素人には理解できなかっただけなのだ、うん。ある飲み物と同じで、違いの分かる人(笑)が聴くべきなんだな、クラシックって。。。

そうだ、新メンバーではなく、位置的にゲストプレイヤーだと思うけど、イケメンのコントラバス氏発見。ジャニ系じゃないなぁ、えっと、ホスト系かな(え?) 次もいらっしゃるといいなぁ、って、だから演奏を聴けっっっ(殴)

さて、注目の(?)及川氏の演奏。オケより走ってないかい?な部分もあった気がしないでもない。けど、その勢いは誰にも止められないって感じでナイアガラの滝の勢いのごとく、落ちていく(いや、落ちちゃいかんっ) 情熱、炎、熱いとかいう形容詞がつくんだっけ、この方。音楽の中に込められた、怒りとか、悲しみとか、喜びとか、哀悼とかいう、感情全てを自分の中に一旦取り入れて、それを思いっきりピアノの音に表現している感じだった。

すんごい唸りながら演奏されるのねぇ。佐渡さんやSさまなど指揮者さんも、相当唸り入るけど、ピアニストでピアノの音より先に聞こえてくる勢いの唸りってあまり経験なし。すごい集中してはるわ、とその表情から演奏スタイルからじぃっと目が離せず。斜め後ろのコンマスが、及川氏の手元というかその姿をガン見していたのが面白かった。リハ+本番3日間、じぃっと眺めておられたのかしら(笑)

で、演奏始まってすぐに大汗をかいてはる。胸元から、やたらとハンカチ(というかハンドタオルサイズに見えた)出して、汗をぬぐうぬぐう。でもって、ポケットからも出てきたぞ、ハンカチ(笑)3楽章に入る前だっけ、汗をぬぐう及川氏を気遣う佐渡さんに対し、準備OKっす、な及川氏。で、佐渡さん、振り始める…、とその隙に、また汗をぬぐう及川氏(←どこを見てるねん) この汗、どんだけぇ~(爆)

曲の最後で、ジャンッ!!!と締めた時に両手を挙げるピアニストはありがちだけど、その終わった勢いで椅子から立ち上がり、というか跳んだ!それで後ろにこけるんやないかと思う勢いでそのまんま佐渡さんと抱き合う及川氏。初めて見たよぉ、こういう方。ちょっと、びっくりした(笑)及川氏ったらテンション高っ。

この方のテンションの高さの勢いが一瞬乗り移ったワタシは、CD買っちゃおうかと思ってしまった(←単純)でも、懐具合が寂しかったのでそれはしなかった(^^;;

及川氏は、コンチェルトよりも、ソロの演奏の方が向いている気がする。ん、何となくだけど。もちろん、コンチェルトが気に入らなかった訳ではないのだ。がっつりと抱き合った佐渡さんと及川氏とは、何だか見ていてええコンビや、と思ったし。すんごいパワーを受け止められる指揮者さんとでないと、難しそうな気がする、と思った。うん、素人目にはそう見えたのさ。

今度のびぃ(だからBeeと書け、自分)も行きたいなぁ、こないだ面白かったもん。しかも、今度はマエストロGと共演♪んもう、ついでにかなフィル連れてきてほしいのになぁ、マエストロぉ。

あ、及川氏の事を相当書いてるぞ、ワタシ。気に入ったか?(爆)ん~、突っ込みどころが多くて、気に入ったらしい(え?)

いやはや、ショパンの行脚じゃなくてもいいから、ソロコン、行ってみるかしら(マジ?)

« 「エビータ」9/8マチネ | トップページ | 聖さま祭り »

佐渡裕さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/16396805

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫芸術文化センター管弦楽団第11回定期演奏会:

« 「エビータ」9/8マチネ | トップページ | 聖さま祭り »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん