最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 聖さま祭り | トップページ | 「ウィキッド」9/22マチネ »

「オペラ座の怪人」9/16

大阪四季劇場にて、劇団四季の「オペラ座の怪人」を観てきました。

本日も満員御礼、チケ完売。大入り袋ちょうだい、って時々思う(←え、誰も思わない?)

A・L・W祭り開催中の関西公演。開演前にペタリと押してもらうスタンプカード、複数持ってると、どれに押してもらうんだっけ、と、迷う人が多いと思う(←ワタシだけか?)

さて本題。

いきなりアンサンブルから書いてみる。京都で発見したイケメン枠(←勝手に命名)は大阪でも健在なのが嬉しいなぁ、と告白してみる。かっちょいいし、笑顔もいいの。将来が楽しみだわ(^^) 誰?それはヒミツ(笑)

パッサリーノが、ドンファンの振りして、マントつけるけど。あそこで、勢いついたマントがきれいに背中にかぶってなかった(^^;; 直してあげたい衝動にかられたワタシ。

林さんが支配人ズの位置にいないのが、ちょっと寂しい気がする。どっちであれ、支配人ズにすっかり慣れていたのだわ、この身は(え?)まぁ、支配人には違いないけど、去る人と来た人では出の多さが違うしね。林支配人、次は何だろう♪ 

あ、支配人といや、青木さんフィルマンの、投げやり的なトコは健在ですな。いや、決して演技が投げやりなのでなく、このキャラの特に冒頭辺りでの投げやり部分が面白い訳で。ま、金さえ入れば、ソリスト(部下)の歌声がどうだろうが、気にならんでしょうな、経営者ってのは。

佐渡さんクリス。東京以来かな、お久しぶりですな。お手本通りではなく、すっかり彼女のペース。“Think of Me ”での歌い方とか。「いつも何かを夢見ているような子でしてな」という台詞が当てはまる表情になるところはベテラン&彼女の持つ雰囲気とがマッチしているかも。それと、ドン・ファンの勝利で、マントの中がファントムだと気付く瞬間のやや大げさなリアクションと悲鳴が、でも、とっても観ている方には分かりやすくていいな。ココは入れ替わりに気付いていないかもしれない観客(って、いるのか分からないけど)に気付いてもらわなあきませんから。 

でも、この場面において、クリスというキャラに突っ込みを入れていいなら、天使の声を最初の段階で聞き分けろよ、お前、って事になりますな(笑) 先にあった、“あの人だわ 私には分かるの あの人よ”って台詞は何やねん?(^^;; まぁ、パッサリーノがピアンジじゃない事に気付いてないのは、共演歴が短い間柄って事で丸く収めて(ん?)

そして随分とご無沙汰しておりました、村さん。何年ぶりでしょう?という事態になってしまいました…。キャスボの前でしばし、お懐かしい…、と拝む(違)幕が開くと、お久しぶりね 貴方に会うなんて あれから何年経ったのかしら~♪ という歌が頭を回ったかどうかは内緒w

ふざけんな、と言う声が聞こえてきた気がしないでもないので、マジメ(できるか?)にいこう。村さんの変わらない歌声は、耳に優しく心地良かったですわ♪ 心がざわついたりイライラしないで、落ち着くのですよ、この方の声は。(注・だからと言って別世界には行った訳ではない)

気を失ったクリスにマントをかぶせるのが丁寧なの。後半、花嫁ベールを付けるとこも、気を使ってるし。紳士ですな(^^)あ、実は女性の扱いに慣れたファントムさまか?(笑)

“The Mirror (Angel Of Music)”の「えんじぇる おぶ みゅうじぃぃぃ    っく」(←何故にひらがな)の「く」が妙に強調されずに、自然な流れになってるところが好みなのだ。

高いところから見下ろしすぎる存在でもない。もちろん、謎が多く神出鬼没な存在のファントムは、神秘的な要素も持っていて欲しいのだけど、距離を感じる存在は違う気がする(意味不明)

ワタシのあくまでも個人的な好みのファントム像は大きく二つ。その一つの要素を持っている方がこの方なのだ。どこ?具体的に言えっ!と突っ込まないでもらいたいけど(←なら言うなっ)

お願いだから、村さん、10月からは京都にいらして下さいませね。

最後は北澤さんラウル☆

佐渡さんクリスとだと、大人のコンビ、もとい、カップルに見えるな。あ、単なる見た目じゃなくて、全体的な感じでの話。このクリスは、ラウルを見ていない気がする。その向こうに見える、天使とかさらに向こうの父親とか。え、焦点あってないだけ?

クリスが見ないなら、ワタシが代わりに見ておこう(違)ラウル子爵さまのその微笑みは罪です(爆)クリスの手を振り払って、ワタシが両手で包まれたいデス。と、いささか妄想の世界へ旅立ちつつ(←いつもの事だろ)

若さという勢いでは突っ走らない、その抑制の効いた突っ走り方(どんなんや?)がいいのです。やっぱりオトナだな。

5重唱だろうが7重唱だろうが(?)、その声が聞き分けられるもの、って集中&歌詞を記憶してるだけだろ、自分。

いつかは実現する(であろう)フィエロな姿も拝見したいけど、東京か…(ぼそっ)

あ、ビーストってのもいいな、広島か…(ぼそっっ)

オペラ座の怪人 村 俊英
クリスティーヌ・ダーエ 佐渡寧子
ラウル・シャニュイ子爵 北澤裕輔
カルロッタ・ジュディチェルリ 種子島美樹
メグ・ジリー 小川美緒
マダム・ジリー 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ 寺田真実
ムッシュー・フィルマン 青木 朗
ウバルド・ピアンジ

半場俊一郎

ジョセフ・ブケー

岡 智

ムッシュー・レイエ            喜納兼徳

ムッシュー・ルフェーブル        林 和男

増田守人 小泉正紀 見付祐一 小倉佑樹 佐藤季敦 町田兼一 柏田雄史

荒井香織 華山ソナ 倉斗絢子 西田ゆりあ 畠山 馨  園田真名美 世登愛子 吉田郁恵  樋谷直美  伊藤志保 峰岸由佳 智川ちえみ

« 聖さま祭り | トップページ | 「ウィキッド」9/22マチネ »

オペラ座の怪人」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

村さんの歌声で、別世界へ行って良いのは私だけです!(笑)

>佐都さん

“別世界”…。
ワタシにとっては、“眠り”っていう意味が
含まれましてよ(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/16467679

この記事へのトラックバック一覧です: 「オペラ座の怪人」9/16:

« 聖さま祭り | トップページ | 「ウィキッド」9/22マチネ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん