最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 博物館ツアー その1 | トップページ | かるーせる再演 »

博物館ツアー その2

博物館に行ってみようツアー第2弾は、逓信総合博物館。通称、ていぱーく。

200709231058000 郵便、通信の歴史を展示した博物館。一言というか単純に言えば、郵政公社とNTTとNHKが一緒になってるトコ。

東京駅から徒歩10分。大手町からすぐ。って、ワタシは別ルートで行ったから、最寄り駅情報はなし。○△新聞社とか、○ビルとか、の合間に、ひ200709231059000 ょっこり出てくる博物館。一見、ただのビル。

警備員さんからも、いらっしゃいませぇ、と迎えてもらいつつ、中へ入る。1階はイベントスペース。ショップには、切手シートとか、収集家必携のグッズとか売ってた。ちょっと(かなり?)くい付きたいブツも見かけたけれど、時間がなかったので、じっくりとは見ず。

イベントスペースでは、スタンペックス2007が行われていて、すんごい量の切手コレクション。切手商ブースもあって、真剣に品定めしているコレクターの方々。うわぁ、ワタシもぉ(違) 歴史的なものもあって、ワクワクしてしまう、このココロ。

2階へと向かう。ここは、NHKとNTT(東日本)の展示スペース。NHKのトコは、BSとか、地デジとか、宣伝中。大河ドラマの台本(風林火山だよっ)も展示されていた。さわりだけを知る事が出来るって感じだった。もっとも、ホンキでNHKを知りたかったら、渋谷の総本山(笑)へ行けばもっとワクワクできるところがあるもんねぇ。

NTTの展示スペースはだだっ広~い場所に、電話の仕組み、交換機の仕組み、ケーブルの断面とか、交換手の作業の様子とか、公衆電話&ボックスの変遷が実物とか模型とかで並べてあった。公衆電話って、今ではあまり見かけなくなったなぁ、チケット取りには重要アイテムだったのに(え?)

電話が使われ出した頃の、電話番号名簿みたいなのも模造だったけど、展示されていた。ひえっ、歴史で習った人物の名があるぅ。歴史的事件の電文なども再現されていた。面白かったのが、全国の大学の合否の電文。ふっ、どこの大学のも貰ったコトはないけど、凝ってるなぁ、と合否よりもそっちの方が気になって仕方なかったかもしれない。今はもう希少価値になってきている気がするテレホンカードも、動物シリーズとか、百人一首シリーズとかが全部展示されていたのは、なかなか芸術的。でも、過去の遺産になりつつある。そういや、手元にも未使用のテレカって大量にあるかも。どうしようかなぁ、あれ。

郵政公社の展示コーナーには、祖である人物の前島密氏の功績など。1円切手の人ね。郵便ポストの丸いヤツもずらぁっと並んでいた。。昔のって、重厚感があるなぁ。何だろう、書かれている字が旧字だったりするからかな。

3階。

ここでのNTTコーナーには、通信の歩みなどが、その時代の電話とか、関連機器が並んでいた。エレキテルとか、モールス信号の時代とかね。初期も初期の携帯もあった。電話を肩から掛ける形にしただけやん、のあの頃(笑)進歩って凄いなぁ、今じゃ、手のひらサイズだもんなぁ。ついていけないわっ(は?)

郵政のコーナーでは、郵便の歴史をジオラマとか、人形とか使って再現してあったり。飛脚の着ていたものとか、文箱とか。明治の頃の郵便局のところでは、実物大な状態。近づくと、人形が喋るのだ。何やら、“万年筆に慣れた…云々…ローマ字というものに慣れるまで時間が掛かる”とか言ってたっけな。周りに誰もいなかったのに、いきなり声が聞こえてきたから、ちょっとびっくりしたワタシ(笑)

郵便番号自動読み取り機の実物とか、郵便配達シュミレーターもあった。←ゲーム感覚で遊べるやつね。ワタシは遊んでないけど(笑)ハガキや切手が登場した頃から現代までの変遷とか、オリジナルなハガキがパソコンを使って作れるコーナーもあったな。世界のポストを実物と写真で展示しているコーナーも、ほほぉ、な感じ。世界中、どこでも似ているものなのねぇ、ポストって。

切手で描かれたモナリザも展示されていたけど、その奥にあった、切手コーナー。ここが一番、ワクワクしたなぁ。世界の切手を集めてあるのだ。パンフによると、29万種!端っこから全部を細かに見たら、日が暮れるぞぉ。これって、見ているだけで、世界を知った気になれるから不思議。

郵政公社といえば、この10月から民営化。だから、展示物にも既に様々な準備がされていた。最近、新しく付け加えましたね、な郵便の歴史コーナーの文面。“2007年10月1日 民営・分社化により、日本郵政グループが発足”今の段階では未来の日付だよ(笑)それから、郵便屋さんというか、職員さんの制服の歴史が展示されていたところには、紹介文だけがあって、まだ制服自体が展示されていなかった(笑) 郵便局の窓口みたいなのを再現したところにも、早々と、新体制の看板が掲げられていたっけ。まぁ、NTTになる前からこの博物館もあったみたいだから、今後も継続して博物館はあるんだろうなぁ。しかし、これって、どこが運営しているんだろ?

2、3階ともワタシの他にほとんど人がいなかった。貸切状態、見放題。立ち止まらないで下さいっ、なんて言われる事もないから自由だった(笑)

オトナは110番、じゃなくて110円の入場料。これだけいろいろ楽しめたら、こんなの安いって。マニア(え?)にはたまらん面白空間だわ。1日中でも過ごせるぞ、ここ。

以上、ツアー終了っ。

« 博物館ツアー その1 | トップページ | かるーせる再演 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/16553665

この記事へのトラックバック一覧です: 博物館ツアー その2:

« 博物館ツアー その1 | トップページ | かるーせる再演 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん