最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« ひこにゃん | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団 UMEDA演奏会 »

「JCS」紹介番組

10/26放送のKBS京都“Weekly925”で、京都劇場で上演中の劇団四季ミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」の紹介がありました。

ゲストは、神サマこと柳瀬大輔さま(笑)

やなぴーの声ってこんなに低音で素敵だったのだなぁ、と改めて思うのだなw 舞台以外で、普通のお声を聞ける機会は少ないのよ、舞台の人って…(涙)

インタビューの様子をレポしてみよう。あ、アナさんがいつもの人と違ったよ。

黒のTシャツ姿のやなぴー。

アナ「スタートしての気分は?」

やな「京都でこのジャポをやれるという事を楽しみにしていたので、やっと始まって手ごたえを感じています」

アナ「ファントム、BB、JCSで京都は馴染みの街に?」

やな「3年近く生活していたので、帰ってきた、という感じです。自転車で出町柳に豆腐を買いに行ったり、いろいろとしています」

アナ「『JCS』両バージョンってのは?」

やな「演出が違うので見比べてもらえると思います。」とこの後は、両方の見どころを説明される、やな。

アナ「10年演じてこられた上で、気持ちの変化などあった?」

やな「特にこの役は派手な衣装がある訳ではなく、ジーザスは神との対話をしている事が多いので、自分の人生観だったりがお客様に伝わるんだろうな、という事が恐くもあったり、役者としては自分の思いを伝えられる面白みもあります」

アナ「今回は京都ならではの演出もあるとか」

やな「演出家が京都で上演するにあたって、安土桃山スタイルを取り入れろ、という宣言をされまして、衣装なんかもその時代のエッセンスを取り入れています。視覚的にはっきりと分かるのは、ヘロデ王のスタイルです」

アナ「観る方は違うと思うけれど、柳瀬さん的に気持ちの切り替えはある?」

やな「大筋は同じなので、変わらないけれど、周りのメイクが違う事、聞こえてくる音楽が違う、つまりジャポネスクは和楽器が多いので、和楽器が精神的に与える影響は大きいです。祭りのような高揚感がありまして。」

アナ「舞台はハードだと思いますが、体力的に気をつけていることは?」

やな「心も身体も疲れを残さないようにリフレッシュするように、仕事の一環だと思って頑張ってます。」

アナ「2分間、息をしない場面もあると…」

やな「最後の十字架に磔にされて息絶えてからの余韻がありまして。腰布しかつけていない状態でそこで息したりすると、お客さんがあれ、生きてると思っちゃったりするのでそうならないように頑張って(ここで磔の振り)…。あと少しで終わるとか思って(笑)」

こんな感じでインタビューは終わり。後は舞台の宣伝w

真面目な中にちょっとお茶目さんで本音を交えた、やなぴーのトークが聞けて、短いながらもとっても充実した内容でしたとさっ。

« ひこにゃん | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団 UMEDA演奏会 »

ジーザス・クライスト=スーパースター」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/16962113

この記事へのトラックバック一覧です: 「JCS」紹介番組:

« ひこにゃん | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団 UMEDA演奏会 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん