最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「オペラ座の怪人」12/22マチネ | トップページ | 「21世紀の第九」12/27(2007) »

「ユタと不思議な仲間たち」12/23

京都劇場にて、劇団四季の「ユタと不思議な仲間たち」を観てきました。

初日以降、この作品は年明けまで観劇予定はなかったんだけど、罪作りなヒノデロちゃんのおかげで、何時の間にやら湯の花村へ足が向かっていた(笑)

劇団的にはこの作品のテーマ曲ともいえる、「生きているってすばらしい」をポイント高くおいている気がする(←あくまで私見)だって、例のショー形式作品(と書くなっ。でも新作がどんなのか楽しみぃ)でも、取り上げられてるし。まぁ、明日へ希望が続く、、、とは思えない時もあるけど、それでもね、うん。 この曲で、“ズンズンズンズン ズンズンズンズン♪”とリズムを取るわらし達。その時ね、右手で左胸を叩いてるけど。あれって、心臓のある位置(たまぁに、反対の方もおられるけど)。心臓=命だな。命を象徴する部分を指し示して、我々に語りかけている気がするのねぇ。思い込み強すぎ?(^^;;

今回、ベテラン勢が揃いに揃った(と思うよ)「ユタ」は見応えがあるなぁ。客席には、ガッコからの人たちだね、という子たちが多いけど、もちろん同伴の大人も、何か感じて帰ってくれたらいいなぁ。そう、みんなが幸せになれたらいいなぁ(←それはエンジェル。はっ、藤原さんの出番か?)

以下、キャスト雑感などなど。

深見さんのゴンゾ、ただの怒りんぼじゃない、力強い優しさが見えるのが好きだなぁ。あの落ち着きのあるお声がそう感じさせるのかもしれない。大五郎(注:子連れ狼)ちっくな髪型もツボ(笑) 赤ちゃんだもの、当然なんだけど。

そういうと、座敷わらし達、みんなのあのオムツ姿は、完全にツボだわいなぁ。フツーに座りにくいだろうなぁ、と思いながら、舞台を見つめるあたい(笑)

こないだ気になった不安定さが今日はなかった、田代さんのペドロ親分。四季以前に拝見している気もするんだけど、あまり記憶がないのよ、ごめんなさいねぇ。 小夜ちゃんを見守る会の心境が分かるだけに(そう、あたいは、ヒノデロちゃんを見守る会所属)、微笑ましくてたまらん。

小夜ちゃんオンステージで、“いつまでもそばにいてほしい”ってのは、いろんなトコで使えますな。あたいは、ヒノデロちゃんに、いつまでもそばにいてほしい(違)あんな座敷わらしなら、一生、同居してもいいよっ。あ、でもうちには大黒柱がないや…。

そんな、はるちゃんの小夜ちゃんは、玲子さんに瓜二つだと思う人、挙手。は~い。おぼこい雰囲気までそっくりだわいなぁ。

それから。道口クンのヒノデロが、シモさまに瓜二つだと思う人、挙手。は~いっ。 たまぁに、え、シモさまが歌ってはる?と思うことあるもの。声質とか似てはるかな。高音なトコも。ビックリするよ(笑) ふふっ、ルミもだし、シモさまの継承者だわね~。はっ、そうなると、王の弟も、妖艶な王も、王子も、貴公子も、役人も、歌手も、大佐も、女王もぉ?(←思いつくまま並べただけだろっ)

さ、今日のヒノデロちゃんコーナー。

オムツが1枚きりなのだ、と仲間が告白してしまうのを聞いて、後ろ手で素早く鋭いツッコミを入れるヒノデロの動きがツボ。

他のわらし達が、ユタを励ます為にしっかりと身構えてガッツポーズをしているのに、ヒノデロちゃんは、胸元で小さく小ぶりなガッツ。かぁいい~(*^^*)

空中遊泳で、手をつなぐ時に顕著だけど、、、。ダンジャやモンゼよりも、色が白い、憧れるわぁ。(←白粉塗ってるからじゃないのかい?という説もある)

休憩中のロビーで、聞こえてきた近くの人の声。“足、細っ”。そう、そうなのよねぇ。 

女性らしい(という言い方は今はいけないかな)仕草と行動が、果てしなく微笑ましい。食事の準備だって、たらいの準備だって、かいがいしいわ。袖での動作まで、ちゃんと女の子(←どこまで見てるんだ、お前) バトン扱う時のタスキ掛けだって、案外、自分でやってそう。

手ぬぐい(というか、あれって…)お洗濯のトコでの丁寧な洗い方がツボ。あ、あの「ペ」「ド」「ロ」「一」「家」の手ぬぐい、欲しいなぁ。グッズで売り出してくれたらいいのに。あれ、ちゃんと個人名が入ってるんだよぉ。「ヒノデロ」とか「ペドロ」とか。字は小さいけどね。キャストさんが自分の小道具を間違わないようにかしら(←違うと思うよ)

あ~、文章がまとまらん(←いつものコトだろ)

でもやっぱり、生きているって素晴らしいですねぇ、こうやって、いろんなコトを楽しむ事が出来る。神さま(←やなジーじゃないよ。でも、カムバッ~ク)は乗り越えられない試練を与えないんだ、多分。。。

恒例の「みんなは一人のために…♪」と歌い終わった後は、またもやロビーダッシュして、全キャストさんと握手っ。配置は変わらずだから、お目当てさんだけにダッシュするか、全員と握手したいかで、客席を出るタイミングが違う訳で(え?) あ、じっちゃんが、「ロビーでお待ちしてますっ」と言い残してロビーへ向かわれた。さすがだわ。最初っから知ってる人はきっと少数だもんな(ぼそっ)

ここで、一人一人の目を見て下さる俳優さんと、そーじゃない俳優さんとが分かってしまったり(←どこチェックしてるんだ、テメエ) んでも、しっかりと目を合わせてたら、ついてかないもんな、あと、身長差で目を合わせにくい方もいるし。そう、2時間以上、歌って踊ってから、1000人以上と握手して、それが、この1年ずっと、全国各地で。。。大変だよね、俳優さんも。。。でも、ファンにはとっても嬉しいのだよぉ。そっと、手を握らせてもらうだけで、明日も生きるぞって元気になれる単純なヤツもいるのだから(ほら、ここに/笑) 本当に、お疲れサマです、カンパニーのみなさま。 柔らかいお手が腫れてはいけませんから、そっと握らせていただきますよぉ。

余談だけど。。。握手とか、手を握るって、心が通う動作だってコト、しみじみと思うデスねぇ。初めまして、の握手、仲直りの握手、仲良くしよう、仲間だよ、の手つなぎ。見知らぬ人とだって、手をつなぐと、血が通う手のぬくもりが凄く嬉しいコトあるんだなぁ。ふれあいって、大事だと思う、うん。(←某兄ちゃんに教えてもらったコトだよ)

当日券あるよ!心があったかくなるから、お薦めですよぉ、この作品。もちろん、美しいヒノデロちゃんも必見デス!!!(←結局、それかい)

これで、完全に、今年の観劇納め。お付き合いいただきまして有難うございました。って、誰もついてきてない(^^;;

ペドロ       田代隆秀
ダンジャ      池末絵己子
ゴンゾ       深見正博
モンゼ       田村 圭
ヒノデロ       道口瑞之
ユタ         藤原大輔
小夜子       笠松はる
寅吉        吉谷昭雄
ユタの母      斉藤昭子
クルミ先生     丹 靖子
大作         菊池 正
一郎         遊佐真一
新太         小原哲夫
たま子        上原のり
ハラ子        市村涼子
桃子         松葉梨香

Banner2_4

« 「オペラ座の怪人」12/22マチネ | トップページ | 「21世紀の第九」12/27(2007) »

ユタと不思議な仲間たち」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/17457436

この記事へのトラックバック一覧です: 「ユタと不思議な仲間たち」12/23:

« 「オペラ座の怪人」12/22マチネ | トップページ | 「21世紀の第九」12/27(2007) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん