最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 聖響×OEK ブラームス・チクルス 第3回 | トップページ | 「ユタと不思議な仲間たち」12/16 »

「ジーザス・クライスト=スーパースター」エルサレムver.12/8マチネ

京都劇場にて、劇団四季の「『ジーザス・クライスト=スーパースター』エルサレムバージョン」を観てきました。

ワタシは理解が出来ない♪ な事が沢山。ジーザスという今や神格化された彼は、何を神へ求め、問いたかったのか、問いの答えは彼に説かれたのか。そして何故に彼は十字架にかけられなければならなかったのか、、、を知りたくて、彼に関して書かれたものを乱読気味に相当の数を読んだけれど、結局、納得する答えは出なかった。あ、彼の時代の国の刑罰への知識と政治的背景は得られたので、十字架の意味は分かったけれど。彼の最期の時の本当の“想い”を知りたい気がする。同じく、“裏切り者”と後世にまで言われる存在になってしまったユダの心も知りたい。自殺の真実も。

さて。

鼻血が出そうな(←おい)やなぴーのお肌とも今日でお別れ。寂しいどすなぁ。って、観点が違いますな(^^;; 

もとい、あの神なのか人なのか、いや、それらをすっかり超越した存在にも見えてきた、やなジー。何故に、彼を裏切り、見捨てる弟子たちを見つめる目が悲しすぎるほど優しいのだろう。その弟子たちの心が分かっているからだろうなぁ。(ユダの事は完全に理解出来ていたと思うけど) 弟子たちがジーザスの苦悩も知らずに眠っている時の、どこか焦点の合わない眼差しを見ていると辛かった。。。

しかぁし、あの超高音ボイスで、こちらも別世界へ飛んでいってしまった訳で。

スンラさんのユダは、言葉に表せないくらいの凄さだった。ストイック?狂気?もう、よく分からん…。 あそこまでジーザスを肯定もし、否定もし、究極に愛せる心はどこから来ているのだ?

余談だけど、どんなにあの荒野を転げまわっても、立ち位置だけはしっかりと確認して、地獄へ堕ちていったのは見事(←当たり前だって) 個人的にあの演出、好きなんだ。ホンキで堕ちていく感が視覚ではっきりと見えるのが、ユダの心理的にも合ってると思うから。

何年も芝っちユダしか知らなかったけど、ここへきて、ワタシ的には、スンラさんがマイベスト“ユダ”に決定。

あまりのハマリぶりに、こちらもすっかり魂を奪われてしまった、やなジー様とスンラさんユダ様のコンビ。マジで凄かった。やられたよぉぉぉ…。 自分でも気付かないうちに、涙が出ているのだ。あの深すぎる“愛”が悲しいほど胸に痛かった。

どこまで進化し、深化していくのか想像がつかない人たちだった。これは、またいつかお二人が演じる機会があればさらに進化しそうな勢い。しかし、その時が来るのかは不明だけど(ふんっ) このお二人のバージョンでCD出してくれないかなぁ。

大塚さんのヘロデ王が前回よりも、随分とはっちゃけていた(笑)ご自分のペースみたいなものを獲得されたかな?

アンサンブルも勢い良かったけれど、誰が誰か見分けるトコまで見られなかったよ。だって、あまりにもメインが凄くて(^^;; ご子息は探した。斉藤さんお二人はご兄弟だよなぁ。双子?残念っ、「二人のロッテ」の男性バージョンがあれば、共演出来たのに(おい)

前楽だけにか、カテコは大盛り上がり。って、この作品、思い返すと凄い人気だったなぁ。。。はぁぁ、もうちょっと延長してくれたら良かったのに。。。

他のお役人連中(←まとめるなっ)に比べて、ピラト様な村さんの、控えめなノリノリガッツがかわゆい。それともあの衣装、手を上げにくいのかしら?(^^;; で、やっぱり一生懸命に、血のりを避けてはる(笑)  それに対して、足元を気にしない西マリア。。。

最後にはやなぴーが、上手に向かって手で招く。スンラさん登場。がっちり握手。ハグ。やなぴーがスンラさんを讃える。スンラさんもやなぴーを讃える。いつもならやなぴーは下手、スンラさんは上手に消えていくのに、二人して下手に去っていった。

みんなで後方に並んでいる時も、何かやなぴーと喋ってはるスンラさん。この二人、凄い微笑ましい光景だわぁ。男同士の友情ってか、つながりって、カッコいいなぁ。

あ、二人仲良くやるのって、もしや、エルフィーとグリンダを真似してたり?“あれ、いいじゃん。俺らもやろうぜ”みたいな(←勝手に妄想/笑)

Image渾身の演技で我々を魅了して下さった「JCS」カンパニーのみなさま、お疲れサマでしたっ。あの気迫を受け止めて、楽日で精魂尽き果てたかもしれないファンのみなさまもお疲れサマでした(笑) オルゴールも4つ目をゲットなり~。これにて、関西ロイドウェーバー3作品制覇企画(?)完了っ!

さ、次回作品は、湯の花村が舞台の「ユタと不思議な仲間たち」。

イジメをテーマにしていたって、くらぁい内容じゃないの。とってもいいお話だから、観てねっ!

ジ-ザス・クライスト      柳瀬大輔
イスカリオテのユダ      金森 勝
マグダラのマリア       西 珠美
カヤパ(大司教)        飯田洋輔
アンナス(カヤパの義父)   阿川建一郎
司祭               佐藤圭一  田辺 容  川原信弘
シモン(使徒)         本城裕二  
ペテロ(使徒)         賀山祐介
ピラト(ローマの総督)     村 俊英
ヘロデ王            大塚 俊

【男性アンサンブル】
上出匡高
二見隆介
岩城雄太
竹内一樹
佐藤晃仁
染矢 裕
武智正光
松元 朋
北村 毅
中村 伝
鈴木 聡
森田利夫
松尾 篤
赤間清人
西村侑剛
斎藤准一郎
【女性アンサンブル】
伊月リナ
金平真弥
金 寿恵
大海しずか
小島由夏
新井裕美
新子夏代
倖田未稀
松尾千歳
光川 愛
稲垣麻衣子
上條奈々

Banner2_4

« 聖響×OEK ブラームス・チクルス 第3回 | トップページ | 「ユタと不思議な仲間たち」12/16 »

ジーザス・クライスト=スーパースター」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

そうですか。
まだ進化&深化なさっていらっしゃいましたか。
カテコはお二人で一緒にハケられましたか。
益々絆が(愛とは書きませんよ(笑))深まっていらしたのですね。

う・・・
京都上演中ず~っと、目にも耳にも皆様の評判を入れなくて良かったです。
本当に異常者+中毒者に成り果てるところでした。(とっくになってるだろうって?ごほごほ)

>にゃあごさん

あれだけ絆が深いと、全く入り込む余地が
ございませんでした(爆)

御大の戯言などお気にされずに(え、していない?)
お越しいただくのを、どなたかと共に
首を長くしてお待ちしておりましたのに(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/17311343

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジーザス・クライスト=スーパースター」エルサレムver.12/8マチネ:

« 聖響×OEK ブラームス・チクルス 第3回 | トップページ | 「ユタと不思議な仲間たち」12/16 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん