最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ユタと不思議な仲間たち」ヒノデロ編 | トップページ | 「ウェストサイド物語」2/11京都初日 »

「ベガーズ・オペラ」2/10

梅田芸術劇場にて、ミュージカル「ベガーズ・オペラ」を観てきました。

あらすじなどはこちらへ。

初演は見送ったので(だって、東京だけthink)、今回が初見にも関わらず、一度は座りたいと思っていたステージシート(最前っ)に恵まれた幸運scissorsきっと劇場には神がいるんだわ(←大げさbleah

と言う訳で、ネタバレも何も再演だから気にせずにいこうかなぁと思ったけど、しかし今日はステージシート(以下、SS)についてをひたすら述べる事にするlovely

座席に着くまでは、スタッフのお姉さんが舞台へ上がる階段の下に待機してはるので、その誘導で。ちょっと優越感だけどぉ、何となく、こっ恥ずかしい。(猫catの回転とも、ちと感覚が違う)しかし、自分一人ではないし、周りにSS仲間は大勢いるので、一息つく。

役者さんが動く位置はシートのある位置とは10センチ程の段差がある。座席は上手か下手かどちらかから舞台を見つめる事になる訳で。

ちなみに最前列は、1~6番と25~27番。最前列と通路に面した座席は、キャストさんに絡んでもらえる確率高し。でも内側でも、キャストさんは絡んでくれる。数少ない男性客は、女性のキャストに構ってもらえる確率高しheart01女性はどっちにも遊んでもらえるscissors

開演5分くらい前から、老役者さんが舞台に登場。

そして、「ちょっと手伝ってくれる?」とSSの一人に命令して、道具の箱を舞台センターまで運ばせる。さらに、舞台の上のゴミが汚い、と「ちょっとこのホウキで掃いて」とSSの二人に命じて、掃除をさせる。そして、作業を急がせるdash

携帯の音を鳴り響かせて、「そこの貴方、いい加減に電源切って。劇場に入ったら切るのは常識でしょ?」と、あらぬ疑いを掛けられるSSの一人(爆)

開幕したら、さらにキャストさんがSSに絡む率高し。目は合う、話しかけられる、衣装の着替えを手伝わされる。「ちょっと、これほどいてっ」「このスカート脱がせてっ」byモリクミさん。その脱いだ衣装を振り回した瞬間、あたいの顔に直撃したのはここだけのお話sweat02

妖艶なこじきに迫られる可能性もある。イケメンのこじきに笑いかけられる事もある。マイクを通さない生声が聞ける。滴る汗も目の前。密かに小さな仕掛けのある衣装も目の前。模様だけでなく、生地まではっきりくっきり。

舞台袖はあってないようなもの。袖は完全に見えるけど、全キャストが常に舞台のどこかにいるので、袖からの出入りがないから、裏側が見えるって感覚はない。

とある子持ちのこじきさんに、「この子どうしたらいい?」と聞かれてしまった人(←あたいだったりcoldsweats01)、「分からないよぉ」とまんま答えてしまった。したら、「んじゃ、自分で考える」と去っていったdash

そして、これぞSSの極み、マクヒースファンなら絶対に絡まれたい、マクヒース、オンステージheart02場面shine

お嬢様をじっと見つめ、バラをそっと差し出す…。また別のお嬢様を自分のお膝に座らせる…。垂涎どころじゃありません、鼻血どころでもない、壊れる以上に卒倒しますよ、あれ。目の前にというか、目の隣にいらっしゃるだけでもヤバかったのに。(ちなみに、絡まれた方曰く、固まった…との事)あ、バラはねぇ、赤い小バラだった。

しかしこのシートがベンチシートなのだけど木xmas。それに2センチにも満たない(と手で測った結果、そう見た)薄い座布団が乗っかってるだけ。上演時間は、20分と10分の休憩を含めて、3時間30分watch。痛い、お尻が痛いのだsweat01休憩中には、少しでも立って動くべきだな、うん。

しかし、休憩時間を全てロビーで過ごしちゃいけないよんwinkだって、1幕終わりの休憩中は、こじきへのお菓子あげタイム(笑)があるしぃ、キャストさんと絡みたいなら、ここがチャンスscissors 手招きすると、舞台下からでもあげることも可能。でも、客席を回っていろいろと貰っているモリクミさんの姿を見ていたら、出来れば、手提げ袋入りの方が有難い気がする。いろんな箱もののお菓子を貰っていたけど、積み上げてそれを舞台袖に持っていくの、正直、大変そうだったものcoldsweats01

2幕終わりの休憩にもこじき達は客席(2階にも3階にも)にいるよ。舞台にいるこじきといろいろ話したりお客さんとも遊んでるnote

もちろん、舞台の上では、キャストさん自身が、ベッドやら椅子やら、道具をセッティング。何やら雑談しながら楽しそう。芝居なのか、ホンキの雑談なのか判読不能coldsweats01

キャストさんは、休憩中もSSの人をいろいろと構ってくれる。

「椅子、固くない?大丈夫?疲れてない?いつも言ってるんだけどねぇ、あの人に」「誰に?」「あの老役者」というキャストさん同志のやり取りも目の前。

ペットボトルを持っていると、「しまっときな、アタシが持ってくよ」と声を掛ける。

あ、ここの難点は、お尻が痛いのに加えて、声が聞こえにくい事だな。

舞台後方の生オケが自分の位置から右(もしくは左)にあり、アンサンブルの声も右(もしくは左)や後ろや目の前から聞こえる。そしてメインキャストは、メイン客席に向かって話すか歌う、つまり自分の位置より左(もしくは右)の離れた場所にいる。必然的にメインキャストの声がちと聞こえにくい訳で。。。

まぁ、マニア向けの席(だと思う)なので、少々聞こえなくても、役者と同じ空気を吸い、ライトを時々浴びられるという付加価値(+500円也)もあるので、贅沢なわがままなんだろうけどねhappy02

そうそう、キャストさんが目の前を通り過ぎるたびに、ふわぁと風が起き、そしていい匂いが漂ってくる。メイクかなぁ、あれ。 んと、別作品だけど、猫さんも近くを通るといい匂いがするのよねぇ、うん。

あ、S席の人も2幕で、ボックス席に座らせてもらっていた。作品は違うけど、怪人に出てくる6番(5番じゃないよ、ラウルが最初に座る席)のボックス席みたいなのがあって、そこにお二人が案内されていた。マクヒースと乾杯できるんだよぉ。羨ましいhappy02

あと、カテコでも、SSは楽しかったぁhappy01

キャストさんが、「一緒に踊って下さいよぉ」と手を引っ張る。(最前だけじゃなく、他の席からも呼ばれるよ)断る理由なんかありゃしません、キャストさんとキャストさんとに挟まれて両手をつないで“輪になって踊ろうnote”状態。そして最後は、おっとステージ最前にまで引っ張られて、ポーズを取るscissors

もちろん、キャストさんへの客席からの拍手だけど、あたいにも貰ってる気分になれて嬉しい(←自意識過剰っ)照明flair当たってるって気持ちいい~、でもまぶしくてshine客席見えない~だったけど。

テンション上がったまんま、完全に終演。

楽しいぞ、SSshine

近すぎて見えない場面も多かったけどcoldsweats01

あまりにも動きが激しくて、どこを見ていいか分からなかったけどcoldsweats01

至近距離でキスkissmarkするマクヒースにドキドキだったけどlovely

SSの不思議な一体感を感じ見知らぬ同士で別れpaperを告げ、帰路についたのでありましたとさ。

終わりっ。

Banner2_4

« 「ユタと不思議な仲間たち」ヒノデロ編 | トップページ | 「ウェストサイド物語」2/11京都初日 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/40078546

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベガーズ・オペラ」2/10:

« 「ユタと不思議な仲間たち」ヒノデロ編 | トップページ | 「ウェストサイド物語」2/11京都初日 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん