最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ウェストサイド物語」6/10 | トップページ | 「ウェストサイド物語」6/21ソワレ »

「WSS」作品セミナー6/10

今日は会員イベントのセミナー開催日。

はい、イベント目当てで参加してきましたとさ。

過去のリハ見と比べたら、まあ少ない参加者(涙weep

セミナーの司会は、ジーター&グラッド・ハンド役の川口さん。

俳優さんは、あたいの大好きなJ団の面々が勢ぞろいheart01

松島さん、西尾さん、スホさん(あえてお名前)、岩崎さん、萩原さん、澤村さん、大空さん(並び順)

以下、かなりのうろ覚えだけど、セミナーの様子などなど。違ってたら失礼(先に謝っておこう)

one役名を表すキーワードを各俳優さんが紙に書いた(多分、直筆)のを示しながら自己紹介。

松島さん=リフ「飛行機」←「ひこうき」とひらがなで書いていたかな。飛行機の可愛いイラストも書いてあったw

西尾さん=アクション「いつかはリーダー」

キムさん=ディーゼル「一番強い」←の前に、いきなりハングルで何やら書いたものを示して、いきなり韓国語でまくしたてるスホぉ。わ、分からへんcoldsweats01 周りに、おいおい、と突っ込まれてた。

岩崎さん=スノーボーイ「KY」

萩原さん=ビック・ディール「ジャンプがすごい」

澤村さん=A-ラブ「愛に飢えた少年」

大空さん=ベイビー・ジョーン「可愛いくてカッコいい」←の前に、スホさんと同じくハングル表記の紙を出して、超早口での韓国語。またもや、分からへん。。。周りに、“同じネタかいっ”と突っ込まれる(注:関西出身者に大きく突っ込まれていた)

twoキャラのお話。

トニーに対する態度の違いw

アクションは、トニーなんか放っておいて、自分が次のリーダーになりたいと思ってる。

A-ラブと、ベイビー・ジョーンは、まだまだ子供で、トニーに対する信頼が厚い。

ちなみに、アクションってのは、“すぐに行動する”って名前のまんま。

あと、スノーボーイは、ヤク中らしい。

three「Cool」の場面でのアクションとスノーボーイとの違いについて、岩崎さんとか松島さんとか西尾さん。

いきり立つ部下(ってか、団の面々)をなだめる大人なキャラのリフ。ここでは、ベイビー・ジョーンでさえ、いつもと違う行動をしてる。

で、飛び出そうとするアクション、スノーボーイの腕を掴んで捕らえるリフ。そのリフの腕を、自ら振り払うのが、アクション。リフの方から手放すのがスノーボーイ。

あ、アクションは、パンパンに膨らんだ風船みたいな状態で、さわるとすぐに壊れるって感じ。

four「Gee, Officer Krupke」の意味を萩原さんと澤村さん。

この場面、リフ亡き後なのに、J団の面々は楽しんでいる。それは、彼らがまだまだ子供である事を観る側に再認識させているという事で。リフが死ぬという事でどうしていか分からなくて、パニックと緊張から出ている。(普段の遊びをする事で緊張を解くって感じかな)そういう意味で、こんなふざけた彼らののシーンがあるのだそうな。

ここでは、親を憎みきれず、社会を憎みながらも生きる彼らの悲しい想いがこめられてもいる訳で。

アクションの悲しい生い立ちも語られているしなぁ。。。

note最後にイベント恒例の大質問大会w

Q.松島さんへ「リフと自分が似ていると思うところは?」

A.「あまりない。」(←即答w)

Q.澤村さんへ「好きなお惣菜は?」

A.「ほうれんそうの胡麻和え」(←自分で作ってはるらしい)

Q.川口さんへ「J役とG役、どっちが大変?」

A.「どちらの役もそれぞれを“生きる”のは大変な事。七三と、リーゼントも切り替えが(笑)」(←真面目なお答えw)

Q.「バレエダンサーからミュージカル俳優になって大変な事は?」

A.「台詞とか、声を出す事に戸惑いがあった。ファントムで“品物はこれでございます”という台詞を軽く言ってしまってた。」(←多分、お稽古で)

「二の腕は、趣味が音楽なんで」(←二の腕の筋肉についての質問もあったので。ドラムされますからね~と川口さんがフォロー)

Q.萩原さんへ「あのジャンプは毎日お稽古する?」

A.「しません」(←即答w)

「でも、お稽古の時は、毎日毎日、相手とマット敷いてやってた」

質問が読まれた人には、タオルと、各俳優さんが持ってはった紙をプレゼント。う、浦山氏。

セミナーも面白かったけれど、そのセミナーの最中にセミナー参加の俳優さんの後ろで遊ぶS団の面々がいて大爆笑。

グッズ販売促進に貢献する任務を受けているらしく、大きな紙に手書きで

“ストラップが2本で2400円のところを” 

“今なら1本1200円!”

(全然、お買い得やないないかっ!と突っ込まれてたbleah

などと書いたものを持って、J団が真剣に話している後ろを通りすぎたり、客席後方から登場してみたり。しかも、かつらかぶったり、スカーフで覆面をしたりして誰が誰だか分からない扮装をしてる(爆)

あ、川口さんも、さりげに袖に置かれたマグカップを宣伝してたし、チケットはまだまだありますぅ、とも思いっきり宣伝していた。俳優さんの頑張りに負けずに、あたいも声を大にして言おう。

『ウェストサイド物語』は、イケメンlovelyを沢山揃えて京都劇場で絶賛公演中デス。これを逃すと、次はいつの上演になるかは分かりませんよぉ(←多分;)

Banner2_4

« 「ウェストサイド物語」6/10 | トップページ | 「ウェストサイド物語」6/21ソワレ »

ウェストサイド物語」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/41531222

この記事へのトラックバック一覧です: 「WSS」作品セミナー6/10:

« 「ウェストサイド物語」6/10 | トップページ | 「ウェストサイド物語」6/21ソワレ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん