最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「異国の丘」6/28マチネ | トップページ | 喜歌劇「メリー・ウィドウ」7/6 »

喜歌劇「メリー・ウィドウ」6/29

200806291317001 兵庫県立芸術文化センターにて、佐渡裕芸術監督プロデュース2008喜歌劇「メリー・ウィドウ」を観て(聴いて?)きました。

本日の席は、別名、マエストロシート(バルコニーとも人は言う)

要するに、オペラだとオケピが良く見える席に陣取る。ここで佐渡さんの指揮を見ながら、舞台も観るのがお気に入り(偏ってる?)

そのオケピをぼんやり覗いていたら、マエストロの立つ場所に、座り込んでいる人物が一人。チューニングが始まっても去らない。佐渡さんが登場されても去らない。誰やねん?と思っていたら…。おもむろに、立ち上がったその人物、客席に向かって何とカツラを取ってご挨拶。あら、ざこばさんでしたわ(笑)

ヅカではお馴染み(なあれ。でもあたいは、ヅカ未見なのぉsweat01)な銀橋。そこに上がって、ザコビッチことざこばさんが、物語の導入部をご紹介。もちろん、関西弁。始まりから、笑わせてもろたぁ、って感じhappy01

随所にちりばめられる、時事&地元ネタ。

ダル○ッシュ。船○吉兆。タイガース。ア○ヒビール(ビールをまわせ~)。西宮北口。愛…、それは悲しくぅ。ぐぅ~good

銀橋で、タキシードにシルクハットの平さん。うわぁ、カッコええ~。さすが、元トップスターshine

その平さんに教えを受けたというタップダンスを、場面転換の間の幕前で、ざこばさんと平さんが披露。おぼつかない足取りが微笑ましく見えるのは、師匠のキャラかもしれない。

入場時に貰ったパンフのスタッフ欄の並びに、“犬”と書かれていて、作り物の犬が出てくるのかと思いきや、ホンモノのダルメシアンdog ハンナのボディーガードが連れている犬で、お利口さん。

そのハンナが登場する時は、なが~~~~い(舞台の端っこから反対の端っこまで)車が出てきた(これは作り物)

しのぶさん、“私の亡き夫の遺言書によりますと”という台詞を噛んでしまい、思わずやっちゃった、的な微笑み。そして、ゆっくりと言いなおす。まぁ、何てキュートな微笑み。たおやかな笑み。そして、もう一度、同じ台詞が出てくるところでは、一言、一言をゆっくりと言って、言い終わった後には、ほぉっと柔らかな笑み。観客も笑み。美しいお方はミスっても許してしまいますわ。

お目当てキャストのお一人、ヌッツォさん。あら、ナマでも素敵なお声とお顔立ちなのねぇshineこんな人に言い寄られたら、人妻だろうが、夫を捨てて、彼の元へ走りそうだわdash

これまたお目当てキャストの一人だった、パリのジゴロな吉本さん。3幕冒頭に、銀橋で一人佇む。カッコええ~。カテコでもダンサーそ従え、センターでカッコよく。ああの日本人離れしたお顔立ちが、すっごく作品にマッチしていて、ダンスも目立って素敵だったshine ほぼ常にセンターだし、アンサブル的位置でも、動きが違うw

佐渡さんがカテコに登場された時には、タキシードにお召し替え。平さんからシルクハットをかぶらせてもらい、並河さんから、ファーを首にかけてもらい、歌わはったnoteなんという、サプライズflair

何度となく繰り返されるカテコに、キャストさんも嬉しそうに応えてくれはった訳で。

日本語上演(だけど、字幕あり)で、言葉が分かるから、字幕を追うのに必死で話についていけない、という状態ではなかったのもポイント高い。

で、キャストが豪華な割に格安。カンパニーの面々が、舞台を楽しんでいる様子が伝わってくるから、観客もまた楽しんで、その相乗効果で楽しさがアップ。これもまたポイント高い。

こんなにおもろいオペラ、今まで観た事がないぞっhappy01

ハンナ・グラヴァリ:佐藤しのぶ

ミルコ・ツェータ男爵:平野忠彦

ヴァランシエンヌ :並河寿美

ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:大山大輔

カミーユ・ド・ロション:ジョン・健・ヌッツォ

カスカーダ子爵:小貫岩夫

ラウール・ド・サンブリオッシュ:花月真

ボグダノヴィッチ:池田直樹

シルヴィアンヌ:平みち

ニエグシュ:桂ざこば

プリチッチ:泉良平

プラスコヴィア:押見朋子

クロモウ :久岡昇

オルガ:鈴木純子

合唱:ひょうごプロデュースオペラ合唱団

管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ダンサー/助演:夏山周久、吉元和彦、山田薫、ほか

Banner2_4

« 「異国の丘」6/28マチネ | トップページ | 喜歌劇「メリー・ウィドウ」7/6 »

佐渡裕さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/41684749

この記事へのトラックバック一覧です: 喜歌劇「メリー・ウィドウ」6/29:

» レハール「メリー・ウィドウ」 [オペラの夜]
<芸術監督プロデュース・訳詞上演/プリミエ> 2008年6月21日(土)14:00/兵庫県立芸術文化センター 指揮/佐渡裕 兵庫芸術文化センター管弦楽団 ひょうごプロデュースオペラ合唱団 演出/広渡勲 美術/サイモン・ホルズワース 照明/沢田祐二 衣裳/スティーヴ・アルメリーギ 振付/川西清彦 <Aキャスト> ハンナ/佐藤しのぶ ダニロ伯爵/大山大輔 ツィータ男爵/平野忠彦 ヴァランシエンヌ/並河寿美 カミーユ/ジョン健ヌッツォ カスカーダ伯爵/小貫岩夫 サンブリオッシュ/花月真 領事ボグダノ... [続きを読む]

« 「異国の丘」6/28マチネ | トップページ | 喜歌劇「メリー・ウィドウ」7/6 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん