最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ソング&ダンス~55ステップス」10/11マチネ その1 | トップページ | 「ブラックコメディ」10/11ソワレ »

「ソング&ダンス~55ステップス」10/11マチネ その2

2幕。

「夢を配る」

配達人は芝っち。んむむ、ピコより苦悩しそうな夢を配達されそうだ(おいこらぁぁぁっ)

「夢を続けて」

智恵さん。いいなぁ、智恵さんの小夜ちゃん。あっ、去っていくヒノデロの後姿が見える(幻)

「見果てぬ夢」

治っちのペドロ親分。ほぉぉぉぉぉ。

「アレキサンダーズ・ラグタイムバンド」

こ、これっ、このダンサーの面子(ボチさん枠は荒川さんで)で再演希望(熱望)

「名も知らぬ人」

えりか愛玲に、あっきーボチ。

「二つの祖国」

早水さんの熱唱…、なんだけど、ところどころユタ訛りが聞こえた。気のせいかなぁ…。

「炎の祈り」「バリ舞踊」

キラキラshineが間近で見るとまぶしかった(今まで遠くからしか見た事がなかった)よく見たら、楽器担当にボーカルさんが。これまた必死な治っちがツボ。

「祖国」

芝っちが穏やかに歌っていた。ちゃんと階段があった(悲しいけど)

「ピラトの夢」

治っちが歌うとこうなるのかぁ、と思いつつ、何故か村さんの歌声が脳裏に浮かんで治っちの声がかき消される(おい)「JCS」は村さんのピラトが好きなのだ。えっと、治っちは静かという感じ。

「ラム・タム・タガー~つっぱり猫」

あっきー猫(猫でもない気が)あれはタガーではない。腰をもう少し柔らかに振りましょう、いいお手本がほら、目の前にいるぢゃないですかっ(笑)

メス猫さんに無視される演出がお気に入りだったのか、今回もまた同じだったけど(←ミストの嫉妬か?)、確かに色気のないタガーは嫌われるよぉ。

「メモリー」

タガーのナンバーが来たら、次はこの曲、という図式が出来上がっているので、当たり前のようにつながるこのナンバー。早水さんのメモリーは泣ける。マジで泣けるので好きだ。

「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」

まっつんが踊ってる~、子爵さまのイメージか、それともファントムの幻か。

治っちがマントを翻しながらボーカル担当。あら。。。素晴らしいわ、久々にきっちりと聞かせていただきましたよぉ、このナンバー(しみじみ)

「飛躍に向かって」

芝っちチェ健在(笑)いやぁ、本領発揮。完全に彼の世界。

「ブエノスアイレス」

智恵さんのエビータheart01粋でカッコいいエビータ再来。んもう、オトコ共を手玉にとるなんざ、カッコいいたらありゃしない。

で、ダンサーが最高に豪華。あ~、この面子で再演希望パート2。

「スターライト・エクスプレス」

治っちが立つ、その前にあっきーが膝まずく。はい、同じですねぇ、また(笑)ここで過去の村さん&サカケンの映像がフラッシュバックflair

「ヴァリエーションズ」

はい、これを踊れるのは、あなた、あなたしかいません、坂田さん。カッコいいわ~。これを踊るためだけに、このメンバーに入っているんじゃないかしらと思うくらいの上手さ。

「スーパースター」

何故に、先の「JCS」のナンバーと離したのでしょう(笑)はい、芝っちユダ健在。もう、ソウルガールがレディース3人なのに全く目に入らないくらい、ノリノリupミラーボールがでっかいデス。芝っち、カチューシャしてはります。これもかなりツボ(爆)


カーテンコール:「アイ・ガット・リズム」

つなぎを着た洋一郎クンが上手の箱を使ってのタップで始まり。まっつんは下手の箱を使ってタップ。センターではぎぃとか。一応、軽いストーリー仕立てで始まり、幕が再び開くと、他のダンスパートとボーカルパートみんなで、鼓笛隊って感じ。でも、タップが微妙にずれてるのね…。太鼓を必死にトコトコ叩いてる治っち。リズムをとるのに必死なのか、笑顔がない(笑)隣にいる西尾さんが余裕の笑顔で3つ(4つだっけ)の太鼓を操る(さすがドラマー)

さらなるカーテンコールで、「魔法使いと私」

うわぁ~、お腹いっぱい。でも、まだ入りそう(おい)なもっともっとやって欲しい楽しいおもちゃ箱でしたとさ。

余談。

加藤さんは、黄色ではなく、赤のドレスが好き(意味不明)前もそうだったっけ。

あっきーはサカケンに似ている。

WSSから髪型が激変していたのが厂原クン。爆発ヘア(笑)ぼんぼんイメージを払拭でしょうか、演出命令でしょーか。とにかく、顔よりも目立って仕方ないデスbleah

激変ではないけど、伸ばし放題(失礼)に見えたのが、はぎぃheart04。踊る→跳ぶ→顔をぶんっと振る→髪の毛乱れまくり…。台風の後みたいbleah(おいこら)

ダンサー枠では、はぎぃも大活躍。センタートップで踊ってみたり、サイドでも、やたらカッコいいのぉ。もちろん、通称WSS組(笑)のイケメンダンサー&絶対に欠かせないダンサーのわっきーの大活躍は素晴らしいものがありまする。ボーカルパートを押しのけて観たい場面もたまにあり(おいこら)

思わず、目を奪われたのが、洋一郎クンの髪型と色。WSSでは、真っ黒、ペッタンこだったのが、今回は茶色にふんわりウェーブ。あらぁ、若者らしいぢゃないの(問題発言?)カッコよくなってた。女は髪型でがらりと変わるというけれど、男もがらりと変わるのねぇ(しみじみ)

最初から最後まで、“ひかりごけ”が頭を離れなかった。それとぉ、スタッフさん頑張る(丸見え)手押しで動かすのね、あの柱。地道な作業に拍手をおくりまする。あ、袖が見える位置に座ると、さらにスタッフさん丸見え(笑)←こういうの好き(裏好き)

サイドから天井にへばりつく(?)枠(今回は洋一郎クン)は、2階からがお薦め。1階だと見えにくいかもよ。

最前だと、センターブロックが美味しい。あたいは最前だったけど、センターではなかったので、惜しい。でも、目の前をいろんな人が来たり、横切るから嬉しいnote芝っちの足を引っ掛けそうになったので、もしも、今後、このような機会があれば、お行儀よく観劇することを誓う(←普段は狭いトコロばっかりだから開放感を求めてしまった行儀の悪いあたいの足)

京都でもやって欲しいなぁ(切望)←200字に書けよ、ぢぶん。。。

【ヴォーカルパート 男性】
芝 清道
高井 治
田中彰孝

【ヴォーカルパート 女性】
井上智恵
早水小夜子
花田えりか

【ダンスパート 男性】
西尾健治
萩原隆匡
松島勇気
徳永義満
斎藤洋一郎
岩崎晋也
脇坂真人
神谷 凌
厂原時也

【ダンスパート 女性】
加藤久美子
駅田郁美
杏奈
須田綾乃
柴田桃子
恒川 愛
坂田加奈子
高倉恵美
斉藤美絵子
泉 春花

Banner2_4

« 「ソング&ダンス~55ステップス」10/11マチネ その1 | トップページ | 「ブラックコメディ」10/11ソワレ »

ソング&ダンス~55ステップス」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

楽しく拝見させてもらいましたhappy01
治っちのパートに入るのか…と、予習させてもらいました(笑)
是非、京都で

>佐都さん

あの並びからしたら、間違いなく治っち枠デス。
ピラトもファントム様も外せません。
でも、芝っち枠でユダとかチェってのも聞いてみたいですっ。

治っち枠ならば、座席指定でお買い求めになるのをお薦めします(演出に変わりなければ、かなりおいしいです)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/42774355

この記事へのトラックバック一覧です: 「ソング&ダンス~55ステップス」10/11マチネ その2:

« 「ソング&ダンス~55ステップス」10/11マチネ その1 | トップページ | 「ブラックコメディ」10/11ソワレ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん