最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「BEST STAGE vol.5」 | トップページ | 2008年のまとめ(演奏会編) »

21世紀の第九12/28(2008)

ザ・シンフォニーホールにて行われた、「21世紀の第九」に行ってきました。

ベートーヴェン:交響曲 第9番「合唱付」

指揮:佐渡裕
管弦楽:大阪センチュリー交響楽団
合唱:京都バッハ・アカデミー合唱団
ソプラノ:田村麻子
メゾ・ソプラノ:坂本朱
テノール:吉田浩之
バリトン:キュウ・ウォン・ハン

こないだの万九と全く同じソリストさんnote

真後ろから聴いていても、その歌声と発音は凄いなぁ、と思ってしまう(←プロですからっ)

狙った訳ではないけど、ソプラノさんの後ろに位置する座席だったので、気分はすっかり合唱団気分(笑)

第4楽章で、一緒に立たないように、声を出して一緒に歌わないようにするのに、ちょっと必死(爆)ついこないだまで、一生懸命、佐渡さんの指揮で歌うぞぉ、とレッスンしていたから、条件反射的に身体がね(笑)

譜面台は置かれているけど、譜面はナッシング(笑)あれは、指揮棒置き場だw

いつも思うんだけど、佐渡さん(もちろん、他の音楽家さんもそうだけど)のあの集中力はどこからくるんだろう…。一点を見つめる訳でもなく、ふぅ~っとどこからともなく“気”が集まってきて、すっとした一振りで奏者が動き出し、そして一つ一つの音が大きなハーモニーとなって会場に響きわたる。

指揮棒は魔法使いの杖のように見えた、と常々、仰っているけれど、私には彼自身が今や魔法使いに見える。杖(指揮棒)は使わなくても、息で、目で、身体全体で、“魔法”を繰り出される。。。

飛び上がるのは当たり前(おい)、指揮台にしゃがみこんでまで、音を積み重ねて作り上げていかれる様子は神がかり的。

でも、絶対に近寄れない何かがある訳でもなく、あの人なつっこい笑顔もきちんと存在している。あの人には平和の音楽の神が舞い降りてきているに違いない。

第九、特に第4楽章の合唱にこめられた思いは、訳を通じて、そして万九のレッスンを通じていろいろと感じてきたけれど、人間の喜怒哀楽、心の動き、人々の動向、情景がここまではっきりと楽器の音&合唱で感じられるって、何か凄いなぁと思う。

そんな思いを感じながら、人々の思い、作曲家の思いに、気持ちを持っていくと、すごい事になる…。その凄さを、うまく言葉で表現する力を持たない自分が嫌になる…。

来年はどうなるか分からないので、今回が最後かもしれない、と集中していたら、やたら感情の起伏が激しくてちょっと大変だった(汗)

今年は万九で佐渡さんの指揮で歌う事が出来て。

今年の聴き納めが佐渡さんの第九で。

本当に幸せな一年の締めとなりましたとさ。

« 「BEST STAGE vol.5」 | トップページ | 2008年のまとめ(演奏会編) »

佐渡裕さん」カテゴリの記事

指揮者さん」カテゴリの記事

コメント

読んでいて、佐渡さんの指揮振りが目に見えるようでした。何度か聴いた彼の第9のいろんな場面が思い浮かびました。

「第9」は、その場で聴いた時でしか感じられない不思議な力がありますね。日本で、この稀有で特別な大曲がこんなに「垂れ流し」のように(ゴメン!)演奏されているのは、たぶん、その力を毎年感じたい人がたくさん居るからでしょう。
でも、指揮する側から言えば「安易に何度もやってはいけない」曲でもあるのでしょうね。

生「第9」から少し遠ざかってますが、来年あたりは行ってみようかな?なんて気持ちにさせられましたよ。

>親父りゅうさんnote

聴く度に違う感情がこみあげてくるのが本当に不思議な曲だと思います。

音楽には国境はないと言いますが、年代も何もかも超えて愛される曲を、“魂”で創り上げる佐渡さんは凄いなぁ、と思います。
どんな音楽にも愛情を持って接しておられるのは感じられるのですが、第九は特別なんじゃないかと、回を重ねる度に思います。

お忙しいでしょうが、また足を運んでみて下さい。
りゅうさんの素晴らしい感性でのご感想をお伺いしたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/43567953

この記事へのトラックバック一覧です: 21世紀の第九12/28(2008):

« 「BEST STAGE vol.5」 | トップページ | 2008年のまとめ(演奏会編) »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん