最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「解ってたまるか」12/21京都初日 | トップページ | 「BEST STAGE vol.5」 »

「オペラ座の怪人」12/23

大阪四季劇場にて、劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」を観てきました。

あっち(どこ?)が忙しくて、また少し久しぶりになってしまった…。

苫田さんクリス。

感情をはっきりと出されるので、とっても解りやすい。情の深いクリスって感じ。WSSのマリアでも、くっきりはっきりだったのが印象強かったので、彼女の魅力はここのあたりにあるのかもしれない。

石井さんピアンジ。

マイベストピアンジ(笑)小ネタが面白いんだものぉ。メインにいようが、袖にいようが、後ろにいようが、何かやってる(爆)しっかりと作品での立ち位置というか、役割を細かに演じておられる感じで好き。意外に目立ちたがりなのかもしれない(笑)カルロッタを置いてきぼりにしないで、やたら絡んでいるわぁ。

本日はマントの災難…。ハンニバルで、ゾウさんに乗る前に、マントさばきがうまくいかなくて、カルロッタに軽く踏まれてはった…。

パッサリーノに黒マントをかけてもらうトコ、どうもうまくいかなくて、ずり落ちるぅ…。気になってたら、寝室へ入る寸前にピアンジが自分でマントを肩にかけてはりましたぁ(笑)

村さんファントム。

母音が残るような、抑揚のある歌い方をされていた感覚が耳に残った。それだけで、別世界に連れていかれる感じ。音楽の天使というか神様。ラウルも太刀打ちできない世界へ…。クリスの気持ちが解るなぁ。

涼太クン子爵さま。

お帰りなさいって感じデス。本当にかあさんは嬉しいよぉ(←何故か母目線?)ムリして高音出さなくていいからね、うん。

クリスがファントムに対して、“今、見せてあげる あたしの心ぉ”の時の子爵さまの、何ともいえない苦しみ悶え、悔しさ、まるで泣いているかのような目の逸らし方と辛そうな様子がとっても共感してしまう訳で。クリスの事が本当に好きなんだなぁ、って感じが解るのだ。

笑顔が素敵で爽やかで、支配人のオフィスでの立ち姿が彼らしいhappy01

通常のカテコの後、クリスマスカテコへ。

ま、子爵さまが、いつもなら闘いの後であのシャツの裾を丸出しの状態で通常のカテコに出てくるのに、きっちりとした装いで登場されただけでも、その後に何かあるのねぇ、な状態(←勝手な判断基準)

幕が下りた状態で、真っ暗な中、どこからともなく清らかなるベルの音。

女子バレエダンサーの面々が、センターで軽やかに舞い踊り、両脇には出演者一同の聖歌隊(?)が。上手に男性陣、下手に女性陣。みんな赤い表紙の譜面を持って、アカペラで美声を響かせてくださる。1曲終わると、レイエこと林さんが、“明後日がクリスマスなので、ささやかな贈り物を…”ってな感じでご挨拶と今の曲紹介。で、もう一曲。

2曲目は、センターの女性バレエ陣は、半円になってキャンドル(かな?)持って、舞台に座り込み状態。指揮は林さん。

じ~っと見てたら、指揮を見ながら歌う方、リズムとりながら歌う方、譜面を必死に追ってる感のある方(失礼)、いろいろ。

わずかに笑みをうかべながらある意味、魅せる歌いをされる涼太クン(ここは歌出身組?)

で、何よりもツボだったのが、村さんファントムさまが、あの仮面つけた状態で、合唱の真ん中(前の列)で他の面々と一緒にフツーに歌ってはったコト。舞台のセンターではなく、合唱の真ん中(笑)

クリスマスカテコは素敵なモノでした。あ、賛美歌の曲名は、「ひいらぎ飾ろう」と、「神の子は今宵しも」だって。

繰り返されるカテコに最後は、お手振りで去っていかれる村さんファントムと苫田さんクリス。苫田さんは、両手で可愛く手を振られるのがとってもそれらしいんだけど、その横で両手で小刻みに腰の辺りで手を振られる村さんが妙に可愛くて、思わず手を振り返したくなったし(←いや、見えない距離だからしなかったけど)、めっちゃ微笑んでしまった。

いやぁ、可愛いファントムさまだわ。

以上、久々の地下室行きは、とってもいいものでしたとさ。楽日が決まってしまったし、また行かないとねぇ。

オペラ座の怪人 : 村 俊英
クリスティーヌ・ダーエ : 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 : 鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ : 種子島美樹
メグ・ジリー : 荒井香織
マダム・ジリー : 戸田愛子
ムッシュー・アンドレ : 増田守人
ムッシュー・フィルマン : 小泉正紀
ウバルド・ピアンジ : 石井健三
ブケー : 岡 智

【男性アンサンブル】
瀧山久志
佐藤圭一
林 和男
岡本隆生
根本健一
佐藤季敦
伊藤潤一郎
末谷 満
見付祐一

【女性アンサンブル】
小野さや香
倉斗絢子
齋藤まり
ホン アヨン
松ヶ下晴美
嘉重諒子
梅崎友里絵
畠山 馨
鈴木友望
園田真名美
田窪万理子
吉田郁恵

« 「解ってたまるか」12/21京都初日 | トップページ | 「BEST STAGE vol.5」 »

オペラ座の怪人」カテゴリの記事

劇団四季」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、合唱に普通に埋もれてる村さんがツボのようですね(笑)きっと、一生忘れません!

>佐都さん

子爵さまがセンターで目立っておられたので。。。
そのお隣か、それよりセンターがポジションだろうと思いながら、あれ?いらっしゃらない…と必死に探してしまいました(笑)
ワタクシが主役よぉ、と主張なさらない控えめな
村さんが素敵ですheart01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/43508399

この記事へのトラックバック一覧です: 「オペラ座の怪人」12/23:

« 「解ってたまるか」12/21京都初日 | トップページ | 「BEST STAGE vol.5」 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん