最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「夢から醒めた夢」1/24マチネ | トップページ | 「マンマ・ミーア!」2/1 »

「ラ・カージュ・オ・フォール」1/25

シアター・ドラマシティにて、「ラ・カージュ・オ・フォール」を観てきました。

もう10年前にもなるのかなぁ、前回の公演を観たのは…。よく生きていたものだ(遠い目)

カジェル達は、“お仕事”の時の粋の良さが素敵で、“素”に戻ると完璧に別人(笑)

ringジャン・ミッシェルな山崎育三郎さん

お初(なはず)にお目にかかります。爽やかな好青年で、特殊な環境にも関わらず(笑)苦労を知らずにアルバンやジョルジュに愛されて育った感じがそのまんま。歌声も優しい感じ。“母親”の愛に改めて気付いた時の、優しさみたいなのが印象的。

ringダンドン議員な今井清隆さん

随分とお久しぶりに拝見する気が。いいお声があまり聞けない(というか、出番少ないし)けど、あの女装っぷりを拝見できたのは貴重かも(爆)

モリクミさんがはっちゃけるので、その笑いをこらえるのが大変そうだったけど、そんな破顔寸前な表情を見られたのも貴重?(笑)

ringダンドン夫人な森公美子さん

もう言う事はないでしょう、なコメディエンヌぶりを発揮。少しテンポをずらして笑いの波が押し寄せる(笑)極めつけは、驚いた時に、バ~ンと見えた(見せた)あの縞々な○○○(爆)笑いでしばしの間、ショーストップだった;

ringジュルジュな鹿賀丈史さん

新たなるアルバンの伴侶登場shine

市村さんとのコンビは、なかなかいい感じ。遊ぶ市村さんを優しく受け止めるパートナー(笑)夫婦としてのコンビネーションは抜群なのではないかと。

キザっぽい仕草をしてもそれが様になっているから、こういう役が似合ってはるなぁ。

ringザザ(アルバン)な市村正親さん

料理を頑張っている(失敗しまくりっぽいけど)主婦の装いで出てきたアルバンは、そのまんま、中年のおばちゃん(失礼っ)な感じ(笑)

ちょっと化粧濃すぎるで~とツッコミいれたくなるような(おい)

でも、ザザに変身した時の美しさはホンモノ(笑)他のカジェルたちとはやっぱり美しさが違うなぁshine

粉は多めにはたいてみました、とか。今回は多めに笑いの“溜め”を作ってみました、とか。相変わらず、サービス精神旺盛ないっちゃんhappy01

他のキャストのはっちゃけぶりに、笑いがとまらなくなって大変な状態だった部分もあるけど、それも全て味方にして喜劇をさらに喜劇にする辺りが天性の役者だなぁ、と思う訳で。

「ありのままの私(I AM WHAT I AM)」の熱唱が本当に好き。この歌だけを聴けただけで満足かもしれないほど。

noteありのままの私の姿をみて

この世界に一人だけそれが私 

けなされても拍手を浴びても 関係ない誰のものでもない

誇り高く生きるだけ そうよ 私は私 

ありのままに嘘をつかず 生きてきた

自分の太鼓 叩いて進む うるさきゃ逃げて 

やめてよ お情けや お世辞なんか 自分の世界 好きなように生きる 

羽飾り ダイヤ スパンコール そうよ 私は私

ありのままさ いいわけはするものか 

胸を張って 引き受ける どんな賭けも

一度だけのこの人生 自分のカードは 自分の手でまく 

どんなカードが来てもいい そうよ  私は私よ

カテコでは、舞台に降り注ぐキラキラに加えて、客席にもラメテープが勢いよく飛んできた(笑)

名残を惜しんでか、果てしなく続く拍手に応えて下さるキャストのみなさん。モリクミさんは、実際に写っているのか知らないけど、ビデオカメラを抱えてそれで客席を撮ってみたり、キャストを、どアップで撮ってみたり、自分にもカメラを向けてみたり(笑)

一応、ラストザザというふれこみでチラシにも記載されていたので、こりゃ見逃してはならぬ、と馳せ参じた訳だけど。

でも、芝居の神様がどうにかしてくれたら、“リターン”があるそうな(笑)神様が微笑んでくれることを祈ろうshineだって、前のファンファンさまという渋い伴侶を悲しいかな失い、もう再演はないかなぁ、と諦めていたところに、今回の盟友、鹿賀さんというまた素敵な伴侶を得たばっかりなんだから、ねっ。

・ジョルジュ(「ラ・カージュ・オ・フォール」経営者) 鹿賀丈史
・ザザことアルバン(ジョルジュの情婦) 市村正親

• アンヌ(ミッシェルの恋人)

島谷ひとみ
・ジャン・ミッシェル(ジョルジュの息子) 山崎育三郎

• ジャックリーヌ(レストラン経営者) 香寿たつき

• シャンタル(カジェル) 新納慎也
• ハンナ(カジェル) 真島茂樹

• ダンドン議員 (アンヌの父) 今井清隆
• ダンドン夫人 (アンヌの母) 森公美子

• ジャコブ(ザザの侍女) 花井京乃助
• ルノー(カフェの主人) 林アキラ
• ルノー夫人(カフェの女将さん) 園山晴子
• フランシス(舞台監督) 日比野啓一

• メルセデス(カジェル) 大塚雅夫
• デルマ(カジェル) 石丸貴志
• フェードラ(カジェル) 美濃 良
• オデット(カジェル) 香取新一
• モニク(カジェル) 水野栄治
• ロシン(カジェル) 富山 忠
• ニコル(カジェル) 附田政信
• クロクロ(カジェル) 佐々木誠
• ビデル(カジェル) 杉山有大
• アンジェリク(カジェル) 加賀谷一肇

小野寺創、栗林昌輝、白石拓也、鯛中卓也、高木裕和、土器屋利行、福山健介、村上聖
髙橋桂、多岐川装子、三木麻衣子、岡本茜

« 「夢から醒めた夢」1/24マチネ | トップページ | 「マンマ・ミーア!」2/1 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

今回この舞台を拝見して、これが最後だなんて もったいないと、芝居の神様にお願いをいたしました。

鹿賀さんと市村さん、つとさんが書かれているとおり、『遊ぶ市村さんを優しく受け止めるパートナー(笑)夫婦としてのコンビネーションは抜群』
本当にその通りだと感じました。

早くCDが来ないかな~

>Dutilleulさん

少し前の、再びの共演をきっかけに今回の“夫婦”も実現したのでしょうが、いっちゃんを見守る鹿賀さんの目の優しいこと(笑)
長年連れ添った家族とはああいうものなんだろうなぁ、と思わせてくれました。

本当にリターンを期待しております!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/43885734

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラ・カージュ・オ・フォール」1/25:

« 「夢から醒めた夢」1/24マチネ | トップページ | 「マンマ・ミーア!」2/1 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん