最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 映画「MAMMA MIA!」 | トップページ | 「夢から醒めた夢」2/28 その2 »

「夢から醒めた夢」2/28 その1

京都劇場にて、劇団四季のオリジナルミュージカル「夢から醒めた夢」を観てきました。

泣いても笑っても、今日が千穐楽(涙)

本日は最後とゆーことで(?)曲に注目。

shine「夢を配る」

颯爽と客席から登場する配達人氏の一番の見せ場(と思ってる)。今日みたいにリピが占める割合が多いと驚きの声が出てこないけど…。

あまのん配達人は、さっという感じの歴代の方々よりも、そぉっと出てくる感じがいつもする(えっ?)怪しい雰囲気をもう少しだけ希望w 頑張れ、あまのんっ。あ~、いつの間にか、配達人枠も見守るコトになってる最近…。

“苦しい時、悲しい時は劇場へいらっしゃい”と、劇場へと誘う配達人の台詞に、いつもそーよね~、だから何度でも来ていいのよね~と自分勝手に解釈している(自己チュー)

ピコの登場の瞬間、ピコを囲む遊園地の住人が、エビぞりになっているところが、何故かツボ(え?)

shine「いつも夢みて」&「遊園地のパレード」

配達人からピコの世界へ受け継がれていく場面。ピコの周りで遊園地の世界が思いっきり繰り広げられる楽しい世界。

個人的ツボは、ローラーブレード。上手くこなすキャストさんと、腰が引けているキャストさんに分かれているのが微笑ましい。かつての部長さんは、よくこけてはったけど(こらっ)、今の田中部長さんはまぁまぁ、こなしてはる。けど、少し腰が引けてるのね。でもって、上手に消えていく時に、若干よろめく時が多し。ちなみに、今日もよろめいてはった(汗)頑張れ、部長さんっ。世の部長さんの手本になるんだっ(意味不明)

白黒ピエロさんが、白い人達(←ロビパで白仮面の二人)にロープでぐるんぐるんと回されているところは圧巻。いっつも、すげーと思いながら見てしまう。今回の白黒ピエロさん、キムくんは時々、着地が危うかったけど、今日は、途中から白黒枠の澤村さんの足元が危うくて、手に汗を握ってしまった(汗)

shine「冷たい手」

ピコとマコとの初対面w

この曲の寸前、“さぁ、行きましょうぉぉぉぉ”と、マコが怪しく迫るところで、少し寒気がくればビンゴっ。

“ホンモノ…”の台詞で笑いを取れるか取れないかがミソ(?)だったり。吉沢さんピコは、普通だったりちょっと笑えたりいろいろ。初代ピコさんはここの間が抜群だったっけ。

配達人のおじさんっ!と呼びかけられるところが、何だかいつも違和感があって。。。個人的には、どなたでも、“お兄さん”と呼びたい(えっ?) 今回のあまのんだって、おじさんとゆーにはちょっと若い気がするし。うちのあの方だって、ねっ(力説)

shine「マコの物語」

マコの苫田さんは、人間と幽霊の使い分けが感情表現的には、はっきりしてる。

“二人はまるで姉妹みたい”と、最近はよく言われる母娘姉妹の仲良さが、苫田さんマコ&白木さんマコ母にはよく感じられた。二人ともちょっとだけクラシックな歌い方をされるので、オペラを観てる気がしたりもした。

“お母さん あたしはここよ こっちを向いて お母さんっ”の台詞の叫びが、マコ母の哀しみとリンクして、泣ける場面その1。

shine「神様お願い」

“さっきまで笑っていたのに 消えてしまった命の炎 …どうかあたしを見捨てないで”のマコ母の嘆きが、泣ける場面その2。

けど、偽マコが誰なのか気になるところもあるけど(おい)

shine「お願いピコ」

“母さんをなぐさめたい”とか、 “母さん くじけないで”

マコの物語から最終まで続く謎。マコは自分の母親のことを“お母さん”と呼ぶけど、ピコの母親の事は、“ママ”と呼ぶ。これいかに?(←どーでもええやん)

“どんな悲しみも消してくれるわ 時がいつかは…”という歌詞に意味もなく、うんうんと頷く今日この頃。今、辛いことも悲しいこともきっといつかはいい思い出(←多分)

shine「二人の世界」

ここで、上手で人間に戻るマコ。苫田さんマコ、動きが小さいので、人間に戻った感が少し薄い気がした。でも、“お母さんっ すぐに行くからねっ”がとっても嬉しそうで好き。

ぶわ~~~っとドライアイスが出てくるのが、何故か鳥肌が立つ(←え、寒いから?)

shine「ここは霊界空港」

チャチャーンと霊界空港への転換が一気にくるのが好き。で、デビルとエンジェルのキレキレダンスがかなり好き。注:歴代デビルの中で一番、キレキレなのが道口さんデビル(←ファンモード全開)

“堕ちろぉぉぉぉ 地獄までっ”で、一緒に落ちる(笑)

大ちゃんエンジェルの笑顔はやっぱり可愛いけど、あのデビルの勢いにはどんなエンジェルスマイルも負ける気がする(残念)でも、“みんなが幸せになれたらいいなぁ”とちょっといい人キャラを作りすぎなエンジェル(役柄的に)はツッコミどころが多くて好き(えっ?)

メンズ職員がレディース職員の後ろを追い掛ける姿もツボ(笑)

shine「ぼくのいきさつ」

かわいそ子供たちが、かわいそ子供ぶりを披露。あの背景の映像は反則。泣ける場面、その3。

shine「メソの悲しみ」

“試験に追われて300日”の歌詞がしっかり擦りこまれているので、いじめバージョンへの変更はちょっと衝撃だった、全国公演。今回の公演で覚えるぞぉ、と誓いを立て(?)、念願叶って覚えるのに成功w

飯村さんメソは、ほんまにメソ。悲しみを全身にまとってる。

自殺がグレーな理由…、生きたくても生きられなかったかわいそ子供と比べるデビルの言い分ももっともだけど、メソの悲しみが痛いほど分かるので、メソは救ってあげて欲しいなぁ…。

shine「メソの過ち」

観ているほうからしたら、グレーズの、“バンザ~イ!×3”がちょっと空しく感じられる。

で、めっちゃワル顔が似合ってた初代メソ(きゃぁheart01)&道口さんメソの、この曲がお気に入りなだけに、飯村さん&有賀さんは、ちょっとワルには見えない(おい)ところが少し物足りないかも。

メソ好き&メソ枠を見守る会としては(?)、唯一の見せ場(=ソロ)であるこの、悲しみ&過ちの2曲が重要なポイントだったり。ホンマに少ない見せ場(涙)

白いパスポートを見せつけられて、うなり苦しむデビル。かなり嫌いらしい(笑)でも、黒いパスポートをピコから見せられた時の嬉しそうな高笑いといったら…。ぐわっはっはっはっ!←スカーな高笑いw 戸惑うエンジェルを押しのけて、エンジェル席を陣取り、素早い動きでパスポート処理をするなんざ、素晴らしい(爆) 

キレイな職場でバリバリ仕事、とか言っておきながら、かわいそこどもを送る時など、緩慢な働きしかしてないくせにねぇ、デビルったらやっぱり、地獄へ送るほうが本職なんだわw

“配達人のおじさ~ん”と助けを求めるピコに、地獄から登場した配達人が、「夢の休憩」という垂れ幕を出す瞬間が、安心してしまう。

ちょっと長くなるので、その2へ続く…。

ピコ : 吉沢梨絵
マコ : 苫田亜沙子
マコの母 : 白木美貴子
メソ : 飯村和也
デビル : 道口瑞之
エンジェル : 藤原大輔
ヤクザ : 野中万寿夫
暴走族 : 韓 盛治
部長 : 田中廣臣
老人 : 維田修二
老婦人 : 丹 靖子
夢の配達人 : 天野陽一

【男性アンサンブル】
松本和宜
キム キナム
畑野年孝
中村 巌
澤村明仁
前田員範
田井 啓

【女性アンサンブル】
林 初実
中元美里
鈴木真理子
石塚智子
織田なつ美
白澤友理
鈴木友望
森田真代
南めぐみ
時枝里好
峰岸由佳

« 映画「MAMMA MIA!」 | トップページ | 「夢から醒めた夢」2/28 その2 »

劇団四季」カテゴリの記事

夢から醒めた夢」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

いきなりで申し訳ないのですが『メソの悲しみ』のいじめバージョンと歌詞をご存知でしょうか?もしよろしければ、教えていただけないでしょうか。

実は今年の文化祭で夢醒めをやるのですが、メソをいじめで自殺した設定の方にしたいと思っています。でも、なかなかいじめバージョンの歌詞が見つからなくて・・。探していたところにこちらのサイトに出会いました。

お返事いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。突然失礼致しました。

はじめましてです。

正式に劇団から発表されているものでもなく、回数を重ねて自分で聞いて覚えたものなので、もしかしたら間違って覚えているかもしれませんけど…。
それでよろしければ、下記の記事に歌詞を載せております。
http://tsutomeso.cocolog-nifty.com/meso/2009/02/post-0436.html

文化祭ですか、頑張って下さいね^^

早速お返事をくださり、ありがとうございます!!大変助かりました。これで脚本ができます・・涙。

別の記事に載せてらっしゃったのですね・・よく調べずに申し訳ありません(*0*

他の記事も拝見しましたが、情報が豊富で、読んでいてとても楽しいです。これからもこちらのサイトにお邪魔させていただきます!

本当にありがとうございました!!

いえいえ。
公式のものではないので、間違っていたらすみません。
また公演があるので、行けたらもう一度確かめるのですが、叶わなくて。

文化祭が良いものとなりますように☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/44203036

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢から醒めた夢」2/28 その1:

« 映画「MAMMA MIA!」 | トップページ | 「夢から醒めた夢」2/28 その2 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん