最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「夢から醒めた夢」2/28 その1 | トップページ | 「トロイ戦争は起こらないだろう」3/8 »

「夢から醒めた夢」2/28 その2

続き=2幕。

shine「夢を配る(リプライズ)」

不思議な世界の住人、配達人が再び登場して、我々を夢の続きへと誘う。

気を失ってるはずのピコの状態(上体)が中途半端なのでいつもツッコミをいれたくなってしまう(おい)ここで、医者なおじいちゃんが本領発揮だけど、意外に部長さんも詳しい、ってことは、我が子は娘だったのかなぁ…。

shine「ぼくのいきさつ(リプライズ)」

生まれ故郷の一番美しい衣装に着替えた、かわいそ子供たち。さっきまで暗い表情をしていた子供たちが晴れやかな表情をしているので、少し救いが。でも、地面に座ると、せっかくの衣装が汚れない?(いや、それは気にしなくてもいいかと)

で、ここで元々真っ白な衣装のエンジェルがそこに混ざってしまって、一緒に光の国へ旅立つ気がしてならない(おい)

shine「煉獄のおいらたち~部長」

きいてくれやすか おれたちの かなしい かなしい物語を…とグレーな面々の見せ場がここから始まる訳で。

“バブル弾けて”で、花火がキラキラとなってしまう照明がキレイで空しい…。家族を顧みなかったという罪でグレーな部長さん、それは仕方ないんだと思うけどねぇ。。。だって、社会の犠牲になっただけでしょ…。ちりとりゴルフが上手く入ってガッツポーズを決める部長さんの姿と、腰を痛める姿が切なくて何だか放っておけないキャラだ。

田中さんはすっかり部長さん。先代の印象も強かったけど、すっかりご自分のものに。。。

shine「煉獄のおいらたち~暴走族」

ビュンビュン飛ぶ ビュンビュン鳴る のメンズアンサコーラスがちょっとツボ(爆)あと、ガードレールの表現方法が面白いし。

“正面衝突ぅぅぅ”のヤクザさんのさりげない落とし方が愉快だったり。

韓さんは、衣装も髪型もしっかりワルぶってるけど、目が優しい(笑)

キャラ的にも、グレーズの中で一番優しいのは、彼だと思うなぁ。。。事故がでかすぎた、と空しく笑う彼だけど、その優しさに免じて、グレーは気の毒かも、、、。

shine「煉獄のおいらたち~ヤクザ」

それまでの二人の曲調とうって変わって演歌調w まぁ、彼がしてきた過去からして、グレーは当然かもしれん(笑)

マッシュさんのヤクザはもう彼でないと観られない気がしてきた。。。

shine「誰でもないあたし」

“あんた一体何者?”の時のメンズアンサのサングラスのところに手をやりながら身を乗り出すところの動き、面白い(笑)

noteデュデュデュ デュデュデュデュデュと歌いながらのメンズアンサの動きがツボだったり。今回のアンサでは、澤村さんが一番腰が入っていて動きが大きくて、さすがダンキャプって感じだった(笑)

と、主役のピコよりも、アンサの動きがとっても気になってしまうこの曲(見所が違うような…)

shine「あなたのために」

“命続く限り生きていて欲しい”と歌うグレーズと老夫婦に涙してしまう場面、その4。

shine「マコを探せ」

上演される時代で、“マコ”が変わるのが愉快なんだけど、はせがわまちこ、たなかまきこ、なつめまさこ、あさだまおこ、ちびのまるこ…、前半を知ってる人は少なくなってきるだろうし、後半は若干苦しい。。。さて、“子”がつく名前が減ってきている時代、、、この先の上演では、どんな名前を出してくるのか楽しみなような怖いような…。皇○子妃まさこサマを出す訳にもいかないだろうし。

“美人薄命っ”と片肌脱いで、色っぽい道口さんデビルがかなりのツボだった。

何故か部長が一冊だけ置き忘れた資料をメソが拾って、そこからマコにたどり着くのはお約束w(笑)

shine「愛をありがとう」

何だか、毎回、吉沢さんピコは涙ぐんでいた気がする(遠目すぎて判別不能だったけど)

最後の最後、“愛を胸に さよぉなぁらぁ~”で、ヤクザが帽子を思いっきり振って別れを惜しむ姿が最後の最後までシルエットになっているところが、泣いてしまう場面、その5。

shine「素晴らしい一日」

マコとマコ母の美しい2重唱が心を優しくさせてくれる、、、けど切ない。

素敵な友達、メソが迎えにきてくれているわ、という台詞で、別の作品の別の曲が出てくるのは内緒の方向で…(苦笑)

でも、素敵な友達なのか?メソって(おいこらっ)

shine「行かないで」

“行かないでっ”とマコの足にしがみついて、マコ母の切々とした訴えが、涙を誘う場面、その6。

ピコが戸惑ってしまう瞬間も切ない。。。

shine「二人の世界(リプライズ)」

最後の、“メソっ!マコっ!おじいちゃん、おばあちゃん、それからみんな 光になったのねっ!”で、照明が次々とついていく様子が、これまた涙を誘う場面、その7。

でも、グレーズはいつのまに白いの貰ったのだろ~(謎)

ピコのラストの歌い上げ方が変わったのは、こないだの東京から?今回から?

本日は楽日というコトでか10回はあったかなぁ、カテコ。いつも以上に笑顔満開なキャストの面々。

カテコではいろんな表情が見られるので楽しい。暴走族な韓さんの笑顔がとっても優しいというのに気付いたり。澤村さんがかなりのサービス精神旺盛だというのに気付いたり。メソな飯村さんが笑う(遊園地を除く)唯一の場面だし。大ちゃんが、お茶目だというコトに気付いたし。大ちゃんと苫田さんが仲良いのにも気付いたし。

最後の最後は吉沢さんが一人で登場して終わり。ホンマにアンから全然お休みがなかったのに、元気なピコを頑張らはって…。

早く、DVDが発売されないかなぁ…。キャストは、道口さんデビル希望w 配達人にも希望はあるけど、これ以上の贅沢は言えない(涙)

ピコ : 吉沢梨絵
マコ : 苫田亜沙子
マコの母 : 白木美貴子
メソ : 飯村和也
デビル : 道口瑞之
エンジェル : 藤原大輔
ヤクザ : 野中万寿夫
暴走族 : 韓 盛治
部長 : 田中廣臣
老人 : 維田修二
老婦人 : 丹 靖子
夢の配達人 : 天野陽一

【男性アンサンブル】
松本和宜
キム キナム
畑野年孝
中村 巌
澤村明仁
前田員範
田井 啓

【女性アンサンブル】
林 初実
中元美里
鈴木真理子
石塚智子
織田なつ美
白澤友理
鈴木友望
森田真代
南めぐみ
時枝里好
峰岸由佳

« 「夢から醒めた夢」2/28 その1 | トップページ | 「トロイ戦争は起こらないだろう」3/8 »

劇団四季」カテゴリの記事

夢から醒めた夢」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
とうとう終わっちゃいましたねweep
私は千秋楽に行けなかったので前日のソワレに行ってきました~通路が前になるS列に座って開演を待っていると澤村白黒ピエロさんが来てくれて手品を披露していってくれましたlovelyと~っても嬉しかったです!
こんないい作品だったのですね~shine
キャストも良かったし~up
つとさんのレポで楽しさも倍増でしたhappy01

>ロコンさん

レスが遅くなってごめんなさい。

澤村さんって、お茶目さんですよね~。
サービス精神も旺盛だし。
手品が間近で見られただなんて、良かったですね!
作品のお稽古だけでも大変なのに、
ロビパのお稽古まで…。
本当にキャストのみなさまには頭が下がります。

四季で一番最初に観たのがこの夢醒めなので
思い入れがあるのかもですが、
好きですね~、やっぱり。
また上演して欲しいデス。
もちろん、デビルは道口さんで♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/44210985

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢から醒めた夢」2/28 その2:

« 「夢から醒めた夢」2/28 その1 | トップページ | 「トロイ戦争は起こらないだろう」3/8 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん