最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

「美女と野獣」5/23マチネ

京都劇場にて、劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を観てきました。

祝・新ビーでびゅうshine飯田「兄」さんおめでとうござりまするnote

各中都市で、出るか出るかと言われつつ、結局、どこでも出なかった新キャス。それが、京都で開幕してまもなくとは若干、驚き。まぁでも、この作品においちゃ、佐野サンも前任者さんも働きすぎの感がっsweat01 程よく、循環させてロングラン(に限らず)はまわしていただきたいデス…。

で、以下、キャスト雑感w

ribbon飯田洋輔さんビースト。

過去に、猫と荒野&白塗りで拝見したはず。。。けど、ええ声やなぁ、程度でほとんど素顔の記憶がない(かなり失礼っ)いや、その、えっと、他のキャストさん目当てだったりしたから(←言い訳)

今回、まじまじと拝見して、改めてええ声。でも、召使が怖がる恐ろしさがあまりなくて。。。ビーストなんだけど、けっこう冒頭から優しい感じ。“誰だそいつはっ!”で、そう思ったw

「愛せぬならば」も歌い上げる感じはまだなくて。

ラスト近くで気になったのは、

ビー“戻ってきてくれた”

ベル“ごめんなさい。でももっと早く来てれば”

ビー“いやこの方が良かったのかもしれない”←ここ、さらっと流しすぎ(笑)

台詞まわしとか間とか動きの感じは、佐野さんに習いました感あり(あくまで個人的感覚)ただ、あの衣装の割に、動きがすばやいところは若さかしらぁ(笑)

王子に戻った瞬間に、あぁ、こんなお顔だっけ(またもや失礼) 

飯田兄ビー(王子)は、ちょっと優しくて花代ちゃんベルに負けそうな感じだった(笑)これから回を重ねて(下手すりゃ、最後まで連投?)、ご自分のものになさると思われマスwink

ribbon道口瑞之さんルミエール。

今日は、ローソクに支障はなくflair(いや、普通は何もないのが当たり前w)

やけに、はっちゃけてはる(笑)何かとっても楽しそうで、燭台人生を謳歌してる感じ(どんな?)もしかするとバベによって、テンションが違うのかもしれない(おいこらっ)

女好きスイッチ(?)が入るところが面白いw

“まっどもあぜ~るぅheart01”とベルを追うところ。スキップしてるし(笑)

あの娘がいなくなった~と慌てている次の瞬間、“お目にかかれて光栄です”と変わり身の早さ。

BOGでベルと踊る時の嬉しそうな様子。

前よりもコミカル要素が増している気がするのは、デビル経験が加味されているんでしょーか(ん?)

西の塔の所在をベルに指摘された時の、“あったり~”とか。

道ルミちゃまには、ずっといていただきたいけど、絶対にそれはムリ(涙)

だって、アレとアレが控えてる…。洋輔
ベル : 木村花代
モリース : 松下武史
ガストン : 田島亨祐
ルミエール : 道口瑞之
ルフウ : 遊佐真一
コッグスワース : 青羽 剛
ミセス・ポット : 竹原久美子
タンス夫人 : 織笠里佳子
バベット : 岡本結花
チップ : 川良美由紀

ビースト : 飯田

【男性アンサンブル】
寺田真実
小出敏英
岡本繁治
柳 隆幸
安江洋介
瀧澤行則
キン マング
石野喜一
影山 徹

清川 晶

【女性アンサンブル】
久保田彩佳
時枝里好
久居史子
大和貴恵
倖田未稀
世登愛子
市村涼子
小島光葉
市川友貴
林 初実

「劇団四季ソング&ダンス55ステップス」5/17

新名古屋ミュージカル劇場にて、「劇団四季ソング&ダンス55ステップス」を観てきました。

あ~、東京公演から、かな~り久しぶり。かな~りキャストも変化。WSS組とS&D組とアンデ組に分かれた感じ(寂)

東京から変わったコメントとしては、“劇場が10周年を迎えた”こと。“悲しいお知らせだけど、三木たかしさんが亡くなられた。。。残して下さった曲を大事に受け継いでいきたい”ことかな。

でもぉ、、、。ナンバーは変わらず(笑)演出家氏、お忙しいから仕方ないか。

以下、気になったナンバーとかキャストさんとか。長いから全部は書かない(笑)

前観た時との変化は。。。

D=まっつんのところが岩崎さん、ツインズ洋くんのパートを一部准くんが受け継ぐ(笑)すばらしき連携プレー。ベテラン枠で、菊池さんが入ってはるのが嬉しい。

V=高井さんが村さん、あっきーが李さんへ。

他にもあるけど、割愛(おい)

「早く王様になりたい」

前田さんが王様候補(違)“はやくなり~たい~”(“な~れない~”)   うん、もう少し頑張ろう(笑)

セコンド菊池さん、お父さんの雰囲気(違)菊池さんのザズー、ありかもしれない。

レフェリーは准くん。こういうキャラもありなのね~。。。と面白く観ていたら、、、最後のカーン!bellで、ちょっとミスってた(でも許すっ)

「トプシー・ターヴィー」

菊池さんがどんな女装か楽しみにしてたけど、まぁ、予想通り(え?)

天井歩きは、洋くんから准くんにバトンタッチ。ツインズファンの心を掴む(?)なかなか粋な計らい(違)でも、たとえ、あれが洋くんだったとしても、ワタクシには判別は不可能w

「ゴッド・ヘルプ」

智恵さん、李さんカジモドからのクロスキャッチに失敗(涙)

「チム・チム・チェリー」

この小道具を操りながら歌うのは至難の業かと思われ。村さん、頑張ってはる。ちゃんと歌ってはるけど、若干小道具にもてあそばれる感あり(笑)

「ビー アワ ゲスト(おもてなし)」

岩崎さんのBOG、なかなか素敵。あまり笑顔満開状態を拝見しない方(猫は別)なので、うわぁ、笑顔いっぱ~い、とそれに気をとられてしまった(おい)

ステッキ使いは久々だったりしますか?村さん(笑)衣装にひっかけて上手く回転させられてなかったりするのが微笑ましい。

「ピラトの夢」

村さん、大阪荒野で復帰希望なんだけど、無理かぁ。。。

「ラム・タム・タガー~つっぱり猫」

にゃ?若干、遊びと弾け具合が足りません(どこまでも遊び希望w)

「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」

前は治っち、今回は村さん。ファントム役者が仮面をつけずに歌ってきかせてくれるのがありがたい。

昨日は治っちのを本編(大阪ファントム)で聴いて、今日は村さん、2日でお二人。なんて素晴らしい、あなた感激したわ~(笑)

「飛躍に向かって」

完全に芝さんの世界(笑)

「スターライト・エクスプレス」

ここはやっぱり、村さんの方がしっくりくる。前の記憶が頭から離れなくて(しみじみ)

「スーパースター」

やはり芝っちユダ健在。ミラーボールが似合う男(え?)やっぱりカチューシャは手放せませんか?そうですか(爆)


カーテンコール:「アイ・ガット・リズム」

鼓笛隊(違)の面々が頑張っている姿が微笑ましい。けっこう必死な川東さん、笑顔なんだけど、バチが時々太鼓を叩けていない村さん(笑)

さすが初日で招待客多し。でも、拍手喝采大盛り上がり。カテコはほぼスタンディング。で、キャストさんが客席に降りてきて下さって、握手大会実施(笑)もちろん、通路側が有利upまるで猫みた~い。

キャストは変わっても、見所はやっぱり多いし、楽しいなぁ。って、これでご贔屓さんがいたら恐ろしい事になるんだろうなぁ(笑)

【ヴォーカルパート 男性】
芝 清道
村 俊英
李 涛

【ヴォーカルパート 女性】
井上智恵
早水小夜子
花田えりか

【ダンスパート 男性】
川東優希
斎藤准一郎
岩崎晋也
徳永義満
菊池 正
成田蔵人
朱 涛
神谷 凌
前田順弘

【ダンスパート 女性】
加藤久美子
駅田郁美
杏奈
須田綾乃
柴田桃子
柴田厚子
坂田加奈子
高倉恵美
今 彩乃
泉 春花

「オペラ座の怪人」5/16ソワレ

200905161659000 大阪四季劇場にて、劇団四季のミュージカル「オペラ座の怪人」を観てきました。

パンフレットが売りきれたらしく、郵送対応になっていた…よ。

2年もやってたのに、いろいろ忙しくて(えっ?)あまり行ってない、ごめんなさい。。。通算しても大したことはないので、やめておこう。

ラウル派としては(ファントムかラウル、どっちが好きかと言われたら、ね/笑)、あまのん子爵を見られなかったのが若干、心残り。名古屋で出る…かな(←行くのか?)

以下、本日のキャストで気になった方々。

ring支配人ズな林和男さんと青木朗さん。

いやぁ、ゴールデンコンビ(←個人的に好き)

あなた、やる気ないでしょ的なフィルマン万歳。万事、そつのないアンドレ万歳(笑)

青木さんの新聞は気持ちいいくらい飛んでいくし(袖で受け止めてみたい)、二人の小芝居はおかしいし、彼ら目線の物語を作ってほしいと思ったコトもあったりする。

ずっと支配人でいてほしいなぁ、ホント。

ringルフェーブルな岡本隆生さん。

オークショナーの時とドンファン稽古の時が意外に好きだったりするんだけど、妙に落ち着いて拝見できるからいいんだな、この方。あれ、ルフェーブルは?って、出番少ないし(笑)

ringファントムな高井治さん。

記憶が正しければ、地下室で拝見するのは、もしかして1年ぶり…?あらぁ、いかに行ってないかが…(ゴメンナサイ)

地下室記念日の日だったかと記憶してるんだけど、あの時は、何だかお声がお気の毒な状態で…。あの時は、あらら…と思ってたんだけど。それが今日は、全体に絶好調。

最後。いつもだったら、「行け…、行ってくれ…、お願いだ~」なんだけど、今日は「行け……………、行ってくれ…………………………………………………、お願いだっ」だった。かな~り感情がこもっていたらしい。

ringクリスティーヌな苫田亜沙子さん。

すっかりクリスが馴染んでおられる。少女のようなあどけなさを持ちながらも、ファントムには時には母のように、ラウルには可愛く。。。女性、、、ですねぇ(しみじみ)

感情を表すところがはっきりとしているので、やっぱりそこが好き。

ringラウル子爵な鈴木涼太さん。

復活(という言い方が正しいのか否か)されてから、さらに成長というか、落ち着いた感が。

クリスの愛し方が、若さでの勢いではなく、包み込む感じに見えてきた。笑顔は相変わらず、爽やかエンジェルスマイルなんだけど。

いい人。絶対に浮気とかしない人キャラ(どういう判断基準?)

永遠にラウル子爵な気がする。

特別カテコは、幕にファントムの仮面が映し出されて、24ヶ月、○公演、○万人、大阪ありがとう…、みたいなメッセージ。そして、キャストが全員登場して、鈴木子爵さまがご挨拶。何だか、その落ち着いた挨拶を聞いているだけで、涼太クン(ともう呼んではいけないかもしれないけど)も大人になったなぁ、としみじみ(母目線/笑)

で、前楽だからか、カテコは大盛り上がり。何回呼び出されたかは記憶なし←途中で数えるのをやめた。

高井さんが一人で出てこられて、去り際にわずかに手だけを残してみたり、高井さん、苫田さん、鈴木さんと3人仲良く手をつないでいても、高井さんが鈴木さんをちょっと振り払う感じでお別れしてみたり(笑)

明日で終わりなのに、名残惜しいというより、少し楽しそうな面々。

キャストのみなさま、お疲れさまでしたぁ。次は名古屋で素敵な舞台をみせて下さいませ~。

オペラ座の怪人 : 高井 治
クリスティーヌ・ダーエ : 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 : 鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ : 種子島美樹
メグ・ジリー : 荒井香織
マダム・ジリー : 秋山知子
ムッシュー・アンドレ : 林 和男
ムッシュー・フィルマン : 青木 朗
ウバルド・ピアンジ : 半場俊一郎
ブケー : 平良交一

【男性アンサンブル】
小泉正紀
増田守人
斎藤 譲
岡本隆生
奥田直樹
枡本和久
佐藤季敦
柏田雄史
見付祐一

【女性アンサンブル】
小野さや香
倉斗絢子
諸 英希
ホン アヨン
松ヶ下晴美
河村 彩
児玉美乃里
畠山 馨
吉村和花
鶴岡由佳子
田窪万理子
志村 円

「ジーザス・クライスト=スーパースター」5/4

新名古屋ミュージカル劇場にて、劇団四季のミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター」を観てきました。

京都での連続上演以来だから、、、(遠い目)

ロビーには押し隈あるし、ポスターにはサインが入っているし、福岡みたいにお祭りムード満載(←あくまでも個人的イメージ)いいなぁ、ロビー広くて(←いっつも狭いところしか行ってない)

以下、キャスト別雑感。

wineジーザスな金田俊秀さん。

なんと美形。白塗りしたら、美しくなる人とそうじゃない人(失礼)がいるけど、彼は絶対に美形。見慣れたら多分、素顔がさっと頭に出てこない…気がする。

でも、ほぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!とゆー頭のてっぺんから出てるような高音がない(寂)

wineピラトな青井緑平さん。

ぱっと見た感じ、村さんに似てた(気のせい?)でも、何か違う。。。

wineペテロな飯田達郎さん。

お兄さんと似て…ますか?(笑)何か元気な兄ちゃんという感じ。

wineヘロデ王な星野光一さん。

ん~、色気ぢゃないなぁ、何だろう、アクの強さみたいな感じがほしい(失礼)メイクと衣装で一応キャラは濃いんだけど、全体に無難な感じでこのヘロデというキャラが目立たないような気がする。

wineユダな金森勝さん。

もう、言うことはないのではないかと。これだけ愛している想いが、かのジー様に伝わっているのかは別として(おい)、苦しみとか切なさが…。

この方が熱い=司祭ズの冷たさを際立たせるのに一役かってる感じ。(←だから司祭ズが物足りないとゆー訳ではない、念の為)

あれ、短い…。。。

って、オフステイベントも参加したけど、どうやら、完璧に台本が書かれていたらしい名古屋イベント(笑)普段、ゆるゆるな感じで進んでいくご近所でのイベントに慣れた身には、若干、カルチャーショック。(でも、イベント満載な名古屋が羨ましい。。。)

なので、ほほぉ、と関心している間に、進んでいったので、内容を記憶してない…。ってゆーか、かなり内容が濃いし、長いし、それで驚いた人。

ってコトで、レポはきっとあちこちでアップされているだろうから、やめた(他力本願)

あ、あのロビーに飾られた押し隈の発案は、飯田さんらしい。ホンマによく喋る気のいい兄ちゃんって感じで、イベントには欠かせない感じ。まぁ、あまり喋りすぎて、誰かさんに目をつけられないようになさって下さいませ(切実)

ジーザス・クライスト : 金田俊秀
イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎
     佐藤圭一
     伊藤潤一郎
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 飯田達郎
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平
ヘロデ王 : 星野光一

【男性アンサンブル】
赤瀬賢二
山本伸夫
小野功司
神山 隼
染矢 裕
上出匡高
藤山大祐
ソ ジョンス
嶋野達也
川畑 亮
松田逸平

中村 伝
武智正光
玉真義雄

【女性アンサンブル】
宝生 慧
ジョン ジヨン
稲垣麻衣子
伊藤志保

キム ミンヨン
上條奈々
小島由夏
松尾千歳
光川 愛
濱村圭子
ソン インミ
石倉康子

【大八車・人力車】
手島章平
近藤聡明
中村智志

小出宏臣
片山怜也
南 圭祐
小林嘉之
辻中 武
安東 翼
今村真悟

「なにわ<オーケストラル>ウインズ演奏会2009」5/3

ザ・シンフォニーホールで行われた、なにわ<オーケストラル>ウインズ演奏会2009に行ってきました。

実験的2009年度吹奏楽コンクール課題曲全曲
ライニキー*セドナ
グレンジャー*コロニアル・ソング
アーノルド*水上の音楽
C.ウィリアムズ*交響組曲
マクベス*聖歌と祭り
サン=サーンス*東洋と西洋
リード*オセロ 

客演指揮:
丸谷 明夫(大阪・淀川工科高校吹奏楽部)
須藤卓眞(千葉・酒井根中学校)

噂には聞いていたけど、こちらは初聴き。前に行った某演奏会で貰ったチラシを見たら、下野竜也さんがピアノで出るというだけの理由でチケ買い(笑)←単純発想

演奏会では、吹奏楽コンクールの課題曲が演奏されたけど、その中で実験が繰り広げられる…。

oneパート練習ってどんな感じ?とふれば、わらわらとそれぞれのパートで椅子を丸く並べて「せーの」と各パートで練習開始。舞台下手のほんまに端っこに陣取った(追いやられた?)ホルン隊は足でリズムとったり、体揺らしたり、遊び放題。どっかのパートではトランプ遊びに興じるとゆー演出も。

そしてそのまんまの位置で、課題曲。あっちこっち歩きながら楽しむ丸谷センセ。

two木管と金管ってどーして今の位置?前後を入れ替えてみたらどーなる?とふれば、民族大移動。

曲にもよるけど、どっちでもいいかも(おい)

three振りたくないから、指揮者なしで演奏したらどーなる?とふれば、「せーの」で演奏開始。

プロだもん、できるよねぇ。

各曲毎に、位置の入れ替えが激しくて、その度に3オケから参加されてるステマネさん大活躍。すっかりお馴染みCOOのステマネさんめったに見ない半袖姿であっちこっちへ椅子持って、譜面台持って…。段取りがとっても大変そうな様子を背中にして、丸谷センセ、いろんな雑談(失礼)でその場をつなぐ。

下野さんも途中、指揮のお話をちょこっと。でも、去り際、すんごい勢いで舞台袖に走っていかはったのは何故だろう…。かわいかったけど(微笑)

メンバーを見ていると、あ、あの人見たことあるなぁ、な人も沢山。プロフを見たら、あ、そーいやあのオケの方ね…、と納得。

普段、プロのオケで、花形のサポート役になってる(失礼)人たちが主役になると、あら、とっても楽しそうで生き生きしてはるw リハの時間もそうなかっただろうに、でも、とっても上手い(当たり前か)

で、本日の目的、下野さん。

ピアノといっても、吹奏楽におけるピアノの占める部分はとっても少ないよ、とお友達に教えてもらったとおり、出番少なし(笑)しかも、華麗なるハープの音色にかきけされて聞こえない(笑×2)

でも、舞台下手で地味に(失礼)、譜面を見ながら真剣な表情の下野さんを見ているだけで和むw

出番あれだけ~と思っていたら…。

アンコールの2曲目で、飛び出してきたコスプレ姿のあれは…下野さんやっ(爆)

ヤッターマンの曲を楽しんで指揮する姿に大爆笑してしまった。

ホンマに面白いキャラの持ち主です、下野さん。それでも読響の正指揮者さん(笑)

結論。

大人が遊ぶと面白い(笑)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん