最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 「ウェストサイド物語」8/9マチネ | トップページ | 「美女と野獣」8/22マチネ »

「ウエスト・サイド・ストーリー」8/16

兵庫県立芸術文化センターにて、ブロードウェイ・ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」を観てきました。

何故か、某日本カンパニー(笑)以外は観たコトなかったのに、ふと観たくなったので今夏初他カンパニーWSS体験。

歌詞だのせりふだのが某訳で擦り込みされているからか、来日公演特有の字幕を全く見なかった訳で。

もちろん見慣れているのが某カンパニーのなので、それが基準(笑)それと比べると、楽曲とかは同じだけど、衣装と装置、若干の演出に違いが。。。

基本は、非常階段が上手、下手に常に。センター後方スクリーンにモノクロで街並みが写しだされ、場面が現される。

オープニング、リフはセンターにいるけど、J団の面々は下手に腰かけてる。

ドックの店の新しい看板を作っているトニー、看板も違う仕様だけど、位置も上手じゃなく下手。

マリアとアニタが働くブライダルショップの登場位置は下手。ウインドウに飾られているマネキンが超リアルだった(笑)
ドックの店のカウンターも下手。

J団のお揃いのジャンパーは、背中にロゴ、あとオレンジのネクタイがお揃いらしい、体育館のダンスで“おしゃれ”な装い(?)でそんな感じでみな揃ってた。

五重唱は、J団が下手でS団が上手。ラストはS団の女子もコーラス参加してた。

Somewhere、後半の3組ダンスの時は、トニマリの二人は不在。で、みなの衣装は真っ白。リフとナルドも真っ白なんだけど、シャツの腹部に真っ赤な染みが。

マリアに決闘のことを伝えた後、チノは仲間からピストルを受け取ってた。

ラスト。

トニーを撃った後、チノは、集まる面々に銃を振り回す。脱力系じゃないチノ(笑)でも、それを止めるのはマリア。

で、そこからのマリアの動きが素早い。警察が来た瞬間に、トニーに触るなとトニーを守る。トニーを運ぶのにS団に手を差し出して助けを求めるが、S団(ペペ)拒否。J団に手を差し出すと、アクションらが出てくる。アクションたちがトニーを支えきれずによろめくとS団が手伝う図式ではなく、進んで出てくるS団。ふ~ん。。。

で、最後の最後、ストールをB・ジョーンではなく、ロザリアがマリアに掛けようとするがそれをマリアは拒否して歩き去っていく…。残されるのは、E・ボディズとドック。

何だかマリアがやけに強い描かれ方(笑)

キャスト的には、少年少女に見える人もそうでない人もいて、あ~良かったと思ったり思わなかったり(どういう意味?)大人連中がちょっとリアルで面白かった。

トニーは大人的雰囲気で、好みではなかったけど、声も顔もなかなか。彼なら一目ぼれもありだな。

リフは少年の雰囲気を残しながら(トニーが大人だったからそう見えた?)なかなかカッコよくて、ナルドも凛々しく。

チノがめちゃくちゃ、お子様っぽくて可愛かった。めっちゃ、頼りなさそう(失礼)でも、決闘の後は自棄になってたのか、何だか無鉄砲なチノ。

場面転換がスムーズというか、それぞれの場面でいちいち装置を出してこないので、時間短縮。さらに、テンポが若干早めなので、上演時間も某カンパニーと比べると短め。でも、楽曲もダンスも同じなので、そういう意味では違和感なく観られたかなぁと。

あれ、違いばっかりの感想?うん、そうらしい(笑)

だってキャストの国籍は違っても作品の訴えるテーマは同じだし、伝わってくるものも同じ。名作だもんね。

« 「ウェストサイド物語」8/9マチネ | トップページ | 「美女と野獣」8/22マチネ »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/97439/46006055

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウエスト・サイド・ストーリー」8/16:

« 「ウェストサイド物語」8/9マチネ | トップページ | 「美女と野獣」8/22マチネ »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん