最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

「エルコスの祈り」10/17

大阪厚生年金会館にて、劇団四季のミュージカル「エルコスの祈り」を観てきました。

招待公演に応募したら、当選。普段、抽選ものには弱いのに、この時は何故?応募者少なかったから…?ま、いっか。タダで観られるのは何でも嬉しい(←現金なヤツ)

この作品を前に観たのはいつだったか、記憶にないけど、エルコスが新人さんだったのは記憶にある。そして脇役にベテランを配し…。今回も同じってコトで(え?)

気になったキャストなどなど。

ストーン博士の岡崎克哉さん。

あったかい心を持った博士キャラを好演。でも、博士だけに、やはり人間ロボットを作るあたりはやはりマニアックな気がするけど、ま、お話なので気にしないことにしよう。

ダニエラの菅本烈子さん。

あのメイクの発想はどこから出てきたのか、スタッフにお伺いしたい(爆)

このキャラは典型的なオトナの象徴(笑)フツーにあんな教師っていたけどな~と思える(笑)彼女が結局、その後どうなったのかが非常に気になるんだけど、哀れだから出来ればずっと雇ってあげてほしいなぁ。

パルタの丹下博喜さん。

ダニエラ派(笑)

メイクが隈取みたいに映えてカッコいいな~と思いながら拝見。

ダーリーの川口雄二さん。

パルタ派(え?)

ピエロ風メイクが微笑ましいし、お間抜けキャラが 何よりも笑える。

何より、この丹下さんパルタとの名コンビぶりが、かつてのエーゲ海での名コンビ(笑)を彷彿とさせて、それがもう個人的にツボに入りまくりで、今日はずっとこの二人を見ていた感じ。

ユートピア学園にいるロボットたちの原始的な構造とお子様向け仕様なのがほほえましいけど、実際にあんなのがいたら、大人でも怖い(笑)

エルコス : 五所真理子
ストーン博士 : 岡崎克哉
ジョン : 鈴木智之
ダニエラ : 菅本烈子
パルタ : 丹下博喜
ダーリー : 川口雄二
理事長 : 鈴木 周
セールスマン : 神保幸由

【子どもたち】
ポール : 田中宣宗
ジョージ : 高橋 徹
リック : 片山怜也
ニールス : 南 圭祐
ピーター : 星 潤
ローズ : 染谷沙絵子
チェリー : 岡本有里加
アミー : 平田 綾
リンダ : 松本菜緒
シェリー : 出口恵理
サラ : 愛沢えりや 
ポーラ : 古屋敷レナ
ハニー : 石井亜早実
エマ : 礒辺愛奈

「ウィキッド」10/11

大阪四季劇場にて、劇団四季のミュージカル「ウィキッド」を観てきました。

東京で2回観たきりなので、かなりお久しぶりな感じの緑の国。いよいよ大阪初日。ロングランの初日だからか(?)カメラとか著名人とか御大とか(笑)

以下、気になったキャストなどなど。

ribbonグリンダの苫田亜沙子さん。

今までマコとかクリスとかマリアとか、おとなしめの役をされていたイメージなので、今回のグリンダの、キラキラ、はしゃぎキャラが新鮮eyeでも、おバカキャラとあの可愛い衣装とが似合っていて、なかなかの好印象。大阪出身ゆえに、大阪開幕キャスティングかもしれないなぁ(ぼそっ)

ribbonエルファバの江畑晶慧さん。

初見、、、かな、多分。なかなかの歌唱力と、一生懸命さというか真面目さが伝わるお方。初代さんに少し似ているところがあるので、お勉強なさったのかと。

ribbonネッサローズの山本貴永さん。

本人に罪はなくともネッサのキャラは嫌い(笑)それほど、コイツ~と思わせるほど、したたかに演じておられるのが印象的。ネッサが一番悪い魔女?(笑)

ribbonマダム・モルブルの八重沢真美さん。

ちょっとお疲れなのか、お声が少しアレな場面があったけど、これまた“オトナ”の都合を嫌味に演じて(←褒めてる)おられた。場面を重ねるにつれて、何であんなに白くなってゆくんだろ~。

ribbonフィエロの北澤祐輔さん。

ついこないだまで、子爵さまだったような。お帰りなさいまし~(笑)まぁ、きっと相手がクリスだった苫田嬢だからに違いない。王子様キャラな北澤さん。前は李さんフィエロで見たので、この役ではお初。すごい久々にシンバ(もどき)を見て懐かしかった(笑)

ribbonボックな金田暢彦さん。

ビックだかボックだかホンキで分からなくなる(苦笑)そこまで間違えんでもええやん、と思うんだけど、名前を間違われてもグリンダを好きって、よっぽどやねぇ、ボックくん。金田さんは、この地味になりがちな役を純粋な愛の精神で(?)好演されていて。しかし、逆恨みするんだから、性格的にはどうなんだろうねぇ(笑)

ribbonディラモンド教授の雲田隆弘さん。

お声がお若い(笑)勝手に、ヤギ教授は年齢を重ねているイメージがあるので、素顔も声もお若いからちょっと驚き。いつも思うけど、この役、顔がホントに出ないから勿体無い。。。

ribbonオズの魔法使いの栗原英雄さん。

うれしゅうございます、オズ陛下shine悲しき虚実の世界に生きる「人間」らしさと、胡散臭さ(褒めてる)と、ラストで見せる愛情と哀しみが抜群でございますnote

眼鏡の両側にマイクが仕込まれてるのね~(どこ見てる?)

ribbonアンサの斎藤准一郎さん。

わ~い、チスだhappy01ま、それだけじゃないけど。アンサでも、じ~っとおいかけて見てたから位置ほとんど押さえた。ずっといてくださると嬉しいなぁ。

ribbonアンサの末谷満さん。

まさかこっちに出られると思ってなかったので、嬉しい限りwinkパンフのお写真が変わってた~。インタビューも公式ののってた~(喜)

グリンダ : 苫田亜沙子
エルファバ : 江畑晶慧
ネッサローズ : 山本貴永
マダム・モリブル : 八重沢真美
フィエロ : 北澤祐輔
ボック : 金田暢彦
ディラモンド教授 : 雲田隆弘
オズの魔法使い : 栗原英雄

【男性アンサンブル】
須永友裕
嶋崎孔明
末谷 満
斎藤准一郎
成田蔵人
白倉一成
賀山祐介
清原卓海
三宅克典

【女性アンサンブル】
織田なつ美

間尾 茜
あべゆき
孫田智恵
黒崎 綾
小澤真琴
花田菜美子
原田真由子
増山美保

「美女と野獣」10/10マチネ

京都劇場にて、劇団四季のミュージカル「美女と野獣」を観てきました。

週末にしか行かないけれど、団体さんに出会うコト多し。こないだもそう、今回もそう。団体さんに支えられつつロングラン。。。営業さんファイト!

あまり間が空いてないので、大きなキャス変なし。人数いないから、連投傾向?(苦笑)

以下、気になったキャストなどなど。

bellコッグスワースの青羽 剛さん。

真面目一徹なイメージが強かったんだけれど、最近、遊びみたいな部分が増えてきた。“ご主~人、息をふか~く吸ってぇぇぇぇ”のスーハーdashがオーバーアクション気味(笑)

ビーストが、“それで?”とベルが夕食に来るのか来ないのかを問う時の、“何ですか???”の声色がちょっと明るくなってる。

bellルフウの遊佐真一さん。

ダルクとの密談の時、ガストンに殴られて後ろにバッタリ…、の時、珍しくバランスが崩れてた。あれ、成功しないと逆に首とか痛そう(涙)

bellビーストの飯田洋輔さん。

やっぱり、ベルのドレスの裾を踏む(そこが気になる。。。)「美女と野獣」のダンスで、大抵、ドレスを踏んでる。

今日は、フツーに喋ってる時にも踏んでた(笑)“ボクと一緒で幸せかい?”の後、鏡でパパの異変に気付いたベルを、“さぁ、行って。行って!”と送り出す時に、裾を踏んでる。。。それじゃぁ、ベルがすぐに動けないよ(笑) ビーストくん、レディの扱いに慣れましょうね~っと。

さて、好きだからこそ突っ込んでみようコーナー(ん?)

ビーストがガストンと闘っているとき、一度はガストンをやりすごして、ベルの元に駆け寄ろうとするビーストの背後にガストンの刃が!!!。。。これ、ベルには見えてると思うんだけどなぁ、危ないと注意を促してあげようよ、ベル←いや、架空のお話ですからっbleah

ビースト : 飯田洋輔
ベル : 鳥原如未
モリース : 松下武史
ガストン : 野中万寿夫
ルミエール : 百々義則
ルフウ : 遊佐真一
コッグスワース : 青羽 剛
ミセス・ポット : 竹原久美子
タンス夫人 : 倉斗絢子
バベット : 伊藤典子
チップ : 川良美由紀

【男性アンサンブル】
川原信弘
赤間清人
藤山大祐
柳 隆幸
安江洋介
安芸雅史
キン マング
石野喜一
清川 晶
熊川剣一

【女性アンサンブル】
小島由夏
長寿真世
龍門祥子
大和貴恵

倖田未稀
世登愛子
市川友貴
渡辺夕紀
丸山れい
林 初実

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん