最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

「印獣」11/22

ああ言えば女優、こう言えば女優。

どういうキャッチフレーズなんやろ~と思っていたら、まさしくそのとおりの内容だった(笑い)

第1回の「鈍獣」がグロ楽しかった、ねずみの三銃士。
次はいつかな~と楽しみに待ってたら、いつの間にか5年も経ってた。

今日はコレ。

http://www.parco-play.com/web/play/inju/

よくまぁ、このオファーをお受けになられましたね、の三田佳子サン。

オー○の泉でお馴染みだったあの方がお座りになりそうな椅子は
大女優としてお似合いとして。

まさかあんな歌を歌われるとは。
まさか黄色い帽子にランドセル姿とは。
まさかセーラー服で××(ピー音発令中)
まさか戦隊もの悪役とは。

槍ちゃん&成志さん&新太兄ちゃんが
どんなコスプレだろーと、出っ歯だろーと、ヅラだろーと、
それは全然フツーなんだけど、
三田さんのいろんなお姿には、唖然としながら次の瞬間、大爆笑。

さすがクドカン&河原兄ぃ、ベテラン女優に何をさせるんだか(爆)


鈍獣で出てきた江田がネタになってたスポーツ新聞。
そしてあのキオスク。

あぁ懐かしや(笑)

久々に声を思いっきり出して笑ったw
爆笑できるホラー作品、超楽しかった♪

「蛮幽鬼」11/15

梅田芸術劇場にて、劇団☆新感線の「蛮幽鬼」を観てきました。

久々の新感線ワールド。

お初となります、早乙女さん。んまぁ、噂に違わず、麗しいお姿。周囲にいる女子より美しいかと思われ(おい)これがかの早乙女さんかぁ、と眺めていたら、男装(本来の姿?)もこれまた美しい。殺陣も鮮やかで何だか風に舞いながら、バサバサと斬るような感じ。

堺さんは、やっぱり笑顔がとっても素敵☆でもその笑顔で喜怒哀楽を表現し、笑顔なんだけど、実は目が笑ってなかったりする(褒めてる)

笑顔で斬りまくる姿も似合ってるし~(ん?)

上川さんは、夢と希望に満ち溢れた留学時代と、裏切りにあった後の心境の変化がはっきりとみてとれて、それが逆に切ない。風貌の変化はメイクの加減だけど、それでなくても別人のよう。

でも、ラスト、美古都にわざと剣を刺させ、そしてしっかりと美古都をしっかりと抱きしめるようにしてこと切れた最期に涙してしまった。復讐の鬼と化しても実は若き日の心も失わず、美古都をまだ愛していたんだろうなぁ。

あ~、楽しかったという感想もあったけど、ちょっと切ないお話でしたとさ。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん