最近のトラックバック

劇団四季「ウィキッド」


劇団四季「美女と野獣」


劇団四季「CATS」


劇団四季「ライオンキング」


劇団四季「アイーダ」


劇団四季「春のめざめ」


CATSカレンダー


カテゴリー「むかしむかしゾウがきた」の3件の記事

「むかしむかしゾウがきた」11/2京都千穐楽

京都劇場にて、劇団四季のオリジナルミュージカル「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。

短い公演なのにねぇ、3回も行ってたよ、自分(苦笑)

キャス変は見事になく、超ベテランと超新人を見事に組み合わせたゾウさん京都公演も本日で楽日でございました。

ゾウさんの中の人(新人さん)には、カテコで一番拍手が多いんだけど(川口さんが某インタビューで羨ましそうだった)、あの可愛さと健気さと苦しさ(おい)には確かに賞賛すべきものが。

九郎衛門くんは、関さんが、“おらの事覚えてるよな?”と言っても、「んにゃっ」という感じで小首をかしげるんだけど(ありえね~)それが、たまらん可愛い。すんごい激闘の後なのに、笑いをとれるのは、この子、芸人のセンスがあるわ(違)

お子様というか、客席に大いにウケていたのが、太郎坊とおゆきの道行き(人形編)と、おミヨちゃんの道行き。“あ、どん、どん、どんどんどんどん”という台詞回しが面白いのかな。人形振りのところが面白い仕草に見えたのかなぁ。。。そうか、普通の流れの中でみると、目立つからかな。文楽は普通にあれだし、歌舞伎でもああいう振りがあるので、おぉ、なかなか上手いことやってはる、としか見えなかった、、、。

日によって、お子様の反応が違うのも、ファミミュの面白さ。一般客よりお子様の方がはきりしていて、きっとそれは、舞台の上でも感じてはると思うけど。一番簡単なのは、“みなさ~ん、こんにちは”とか話しかけると、反応があるかどうか、とか。でも、この公演は、大人の、おぉ、という感想も聞こえてきた気がする。リアルなゾウさんとか。お父さんやお使いのカッコよさとか(爆)

虎クンは本当に動きにキレがあって素晴らしい、顔立ちもはっきりしてはるし。

太郎坊な石井さんと、お父さん(ほら貝吹きなら、一度くらい吹いて欲しかったなぁ)の青山さんの親子関係には謎が残ったけど(おい)、まさとぅクンは小柄だし。家で、お父さんの真似をしながら、ちょっとエラそうな仕草をしてみせて、お父さんと顔を見合わせて笑うところとか、九郎衛門の世話が出来ると喜ぶところの笑顔が可愛い。

でも、囲炉裏に薪をくべるとき、薪をくるりとバトンのように回してから折る仕草は素早く、九郎衛門にびっくりして転んでしまうところは瞬発力があって、なかなか鍛えてはりますなgood

これだけ、ひたすら喋りまくる川口さんも初めてで、とってもいろんな表情が見えて面白かった。ストプで鍛えただけの事はある?(え?)

でも結局、前の席に座ったのは1回きりなので、ひろめ屋さんのかわら版は悲しくもゲットできず。。。(←普通は貰えないので諦めろよ、自分)

日頃、アンサ大活躍のこの作品は、見どころが多くてとっても楽しかったし。

七郎さん、これからも頑張って下さいましねnote 台詞があるんですからhappy02(嬉し泣き)“ちゃっこい土地だ~”と指で大きさを示しながら、一生懸命雪かきする姿がと~ってもキュートでございましたlovely

村人ダンサー(違)のカテコでセンターで踊るのはやはりあなた様しかいません(きっぱり)

インド舞踊で、さすがに手の動きがきれいでございました。

最後の握手大会は、青山さん→准クン→まさとぅクンとあちこち渡り歩きながら(笑)

これから、全国行脚へと旅立たれるカンパニーの皆様、くれぐれもお身体に気をつけて(祈)←ゾウさんは雪が降っても、あの二人しか守ってくれないから(違)

ひろめ屋 : 川口雄二
太郎坊 : 石井雅登
太郎衛門 : 青山祐士
おゆき : 大橋伸予
おミヨ : 山本奈未
ゴンじい : 菊池 正
与作・家老 : 石原義文
松吉・殿様 : 高林幸兵
七郎 : 村中弘和
唐の国のお使い : 龍澤虎太郎
敵兵頭 : 関 与志雄
九郎衛門 : 中村智志  安江洋介

【男性アンサンブル】
石野喜一
斎藤准一郎
玉井晴章
ユ スングク
上廻怜雄奈
鈴木伶央
新庄真一

【女性アンサンブル】
濱田恵里子
桜 小雪
山中由貴
大槻純子
森田真代
宮尾有香

「むかしむかしゾウがきた」10/25ソワレ

京都劇場にて、劇団四季のオリジナルミュージカル「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。

マチネと言っても、11時半、ソワレと言っても15時半(笑)

久々にファミミュシフトで慣れないペース(アンはファミミュという位置づけではないのね)

おかしいなぁ、初日以外にチケット持ってなかったはずなのに、2回目だ(笑)

キャストに変更はなく、今日も元気にゾウさんは行く。

ゾウさんの鼻の付け根の辺りに、空気穴っぽいのがあるのねflair 踊る姿と、北の国で“オラの事は覚えてる?”と言う問いに、小首をかしげるゾウさんに癒される。あのおしりもキュートだ。鳴き声が少し物足りないけど、あんなに人間の為に頑張ってくれたら、別れが寂しくて寂しくて。。。

以下、気になるキャスト別に。

cuteひろめ屋さんこと、川口さん。

メイクが時代劇仕様というか、かなり濃いのが気になる…(おい)もみ上げの部分のヅラがすこぉし、浮いてるの。それがとっても気になって、気になり始めたらもう止まらない…。それにしても、かなりの声量ですな。ひろめ屋さんにはぴったりだw

cute与作&家老な石原さん。

家老(ほとんど通訳)な時は、あまり目立たない気もするけど、時代劇キャラがぴったり。悪の世界に通じている家老っぽいけど(こらっ)

与作な時は、いい人キャラ。菊爺とのコンビがええ感じ。百姓も馴染んでる。着物が似合うのねきっと。

cute松吉&殿様な高林さん。

いやもう、こないだも書いたけど、殿様キャラが可笑しくて、この印象が強すぎる(笑)

cute敵兵頭の関さん。

いや、これだけじゃないんだけど、彼の役(笑)

インド舞踊も黒桑組もベテラン&若手ダンサーを従えて、トップで踊るなんざ、さすが関さん。

しかぁも、台詞もけっこうある(喜)発声に力が入りすぎてる感じがあるけど。

cuteゴンじいな菊池さん。

この方もこれだけじゃないんだけど(笑)

ユタに続き、今回も北訛り。お手のものかなぁ。菊爺と呼んでしまうほど、お爺さんキャラに化けてはります(爆)でも、動きとか声で菊池さんは菊池さん。でも風貌が誰かに似てはるなぁ、と思ったら。吉谷さんと似てるんだ、うん、雰囲気が。

cute太郎衛門な青山さん。

カッコええ~heart01こんなに和装がお似合いとは思わなかった(惚)また水色がいい感じで似合ってるし、はちまきしたら、それも素敵。太郎坊を見守る表情も優しい。まさとぅクンのお父さんには若いけど、おゆきが羨ましいのぉ。出番は少ないのが残念。

個人的メモ→登場時下手(顔向きはセンター殿様方向)。殿様命令後、自宅内上手(顔向き正面)。無情な命令時、下手にて土下座(顔向きセンター殿様方向)。命令後、太郎坊とおゆきへの伝言上手(顔向き正面)。おゆき担当黒子(下手)。中国雑技団団長、センター中心に動く(顔向き正面)

cute七郎な村中さん。

役つき台詞あり、おめでとうございますぅnoteアンサ(ハリーもほとんど台詞ない)でしか拝見しなかったのに、今回はいっぱい台詞があるっ。実に喜ばしい事up “ほっ”なお口がやっぱり可愛い。ちゃっこいを表す仕草もツボ。殿様命令には逆らえない小心者その1(笑)

個人的メモ→殿様のイス持ちにて上手(顔向きセンター殿様方向)×2。太郎坊黒子(上手)。北の国冒頭上手雪かき。ゾウ救出作戦会議下手左。インド舞踊上手後方。カテコ、ゾウさん退場後、最初のアンサセンター。

cute太郎坊な石井さん=まさとぅクン。

あの髪型が馴染んできた(見慣れたらしい) 九郎衛門に最初に驚かされるところは、ホンキで転んでるし、背中に乗った時に、そのまんまで殿様にお辞儀をしているところは微笑ましいし、お辞儀で手の先が揃ってないところもお子様仕様?

おミヨちゃんからの九郎衛門への贈り物の花を掛けてあげて、裏向いたらちゃんと直している(初日がそうだった←細かい)

裸足の足の裏がキレイに見えた(どこ見てる?)

cuteアンサな石野さん。

ぱっちりお目目で村人やら黒桑組やら中国雑技団やら元気に頑張ってはります。いちいち、探さなくてもかなり目立つので、わかりすい(笑)

cuteアンサな斎藤(准)さん。

准クンは、村人→黒桑組→小さい人形の黒子→北の国の人→インド舞踊→カテコは黒桑組。シャープな目つきで(これは演技とは関係ないぞ、ぢぶんpunch)シャープに踊らはる。台詞もちゃんとこなしてはる。太郎坊だったら、どんな感じなんだろぉ(きっと可愛いぞ、笑うと目がなくなるタイプだ)

ひろめ屋のばら撒く瓦版がゲットできないのは本当に寂しい。くれっpaperと手を出してアピールしたら、歌舞伎なら結構、投げてくれるのになぁ(え?)

お見送り挨拶での握手大会が、メインキャス以外は日替わりだと知って、あの大行列に入る前に、誰が並んではるかを、遠目にチェック(おい)あら、お目当てさんがいない…(涙)

本日は、青山お父さん(左)→准クン黒桑組一員(右)→まさとぅクン太郎坊(右)さんを巡るツアーにする事に。

青山さんは、優しい微笑みで、“ありがとうございます”と落ち着いた感じで握手をして下さる(惚)身長があるので、見上げる形になるけど、何だか目を直視できなかったり(照)

准クンは、“うわぁ、ありがとうございます”って溌剌握手。さすが若さが(爆)

まさとぅクンは、最初、姿が見えないなぁ、と思ったら、完全にしゃがみこんで、お子様とお話してはった(お子様好き?ファミミュ慣れ?) 大人で醜いあたいにも、嫌な顔せずに握手して下さる(←仕事ですからっ)

でも、握手盛り上がり大会だった湯の花村と違って、何だか距離を感じる今回の動物園。

しかぁし、遠慮という言葉を知らないあたいは、積極的に手を出し、握手祭開催中(違)

“謝謝”と挨拶する虎クン。あら、はっきりくっきりなお顔だち。そういや、舞台で話される中国語も正しいものなんだろうけど、あの通訳以上に何か離してると思う。どなたか真実プリーズ(笑)

ひろめ屋 : 川口雄二
太郎坊 : 石井雅登
太郎衛門 : 青山祐士
おゆき : 大橋伸予
おミヨ : 山本奈未
ゴンじい : 菊池 正
与作・家老 : 石原義文
松吉・殿様 : 高林幸兵
七郎 : 村中弘和
唐の国のお使い : 龍澤虎太郎
敵兵頭 : 関 与志雄
九郎衛門 : 中村智志  安江洋介

【男性アンサンブル】
石野喜一
斎藤准一郎
玉井晴章
ユ スングク
上廻怜雄奈
鈴木伶央
新庄真一

【女性アンサンブル】
濱田恵里子
桜 小雪
山中由貴
大槻純子
森田真代
宮尾有香

「むかしむかしゾウがきた」10/19京都公演初日

京都劇場にて、劇団四季のオリジナルミュージカル「むかしむかしゾウがきた」を観てきました。

むかし、九郎衛門という名前だったはずだけど、その時代に観たかどうかは謎w

で、自分の中では観た記憶があったんだけど、今回、観てみたら、あれ、こんな場面あったっけ?の連続。ん~、お初かもしれない(笑)と、思いつつ観進めたら、、、黒桑組の場面で、これだっ!と思いついた。

過去のS&Dで、これやってた。それを散々観ていたから、思い込みかもしれない(汗)

客席に入ると、あら、劇場を間違えたかしら(笑)

目の前に定式幕がどどぉ~んとあったので、南座にきちゃったかと思ったデスよ(←過去に通いつめた人)

歌舞伎、文楽とかの手法がふんだんに取りいれられているので、古典好きにもなかなか楽しめる作りになってるし、皆さん、かな~り頑張ってマス。

黒子&白子も役者、浄瑠璃ってるのも役者、もちろん、人形ってるのも役者(笑)

ちゃっこい作り物のゾウさん&太郎坊&おゆきの作りが、ちょっと雑なのは、いかにも作り物ですよぉ、感を表しているのかしらねぇ。

遠くに見えている(舞台後方)時は人形で、近づいてくると本物の人間を使うなんざ、あたいの中では駆け落ちの道行を思わせる(笑) 雪の中を進む姿は特に(爆)

で、その人形振りの時の太郎坊=まさとぅクンの無表情さが何とも言えん(笑)

浄瑠璃ってるのは、ひろめ屋=ゆーじーんと、菊爺と石原さん。その年輪が(?)本職に見える(おい)

黒子さんで一番、注目したのが、おゆきと太郎坊を動かす、青山さんと村中さんupきゃぁ、何て羨ましいっ。それにしても、黒子姿でお顔を隠すのは勿体ないですわよぉ。

そして、九郎衛門が夢見る夢子ちゃんに(笑)なっている時の夢に出てくるダンサーさんの素肌がヤバい(爆)

インドな場面で、透け感のある編み編み状態が余計に鼻血モードlovely

中国な場面で、青山さん、雑技団の団長さんの雰囲気。あれ、踊らないのですね…。と思ったら、次に出てくるダンサーがまたカッコいい(惚)

殿様な高林さんが、バカ殿メイクで大爆笑。何がツボって、ほっぺた赤いし、あの衣装がビミョー(爆)いっつも気品ある役柄が多い気がする高林さんにこんな衣装とメイクをさせてもいいんでしょーかっ。

バナナを食べる時と、食べさせる仕草にまた笑いがこみあげてきた。

太郎坊なまさとぅクン。ファミミュお馴染み、歌って踊りまくるのかと思いきや、あれ、あんまりどころか、ほとんど歌わな~い、踊らな~い(寂)

あの髪型は地毛なのね。この大五郎ヘア(もどき)は、彼に似合ってるとは言い難いんだけど(おい) 着物姿は新鮮note 満面の笑みになると、目がなくなる(ほぉら、ポイントアップ)

ひたすら、ゾウさんを可愛がり、なで、さすり、寄り添い、上に乗り(地下室のハンニバルかと思った)…。

カテコで一番、拍手が大きかったのは、やっぱり九郎衛門くんの二人。黒子姿で、「九郎」、「衛門」と背中に書かれた中身(爆)の二人を見たら、そりゃ、あの可愛いゾウさんの健闘を讃えたくなるのが人情ってもの。

公式によると、このお二人は新人(入団一年目)さんだから、これからが楽しみな存在。で、お顔を拝見するとぉ、、、さて、今後はどんなお役が当たるのか、まだまだ未知の世界に思えまする(爆)

ひろめ屋 : 川口雄二
太郎坊 : 石井雅登
太郎衛門 : 青山祐士
おゆき : 大橋伸予
おミヨ : 山本奈未
ゴンじい : 菊池 正
与作・家老 : 石原義文
松吉・殿様 : 高林幸兵
七郎 : 村中弘和
唐の国のお使い : 龍澤虎太郎
敵兵頭 : 関 与志雄
九郎衛門 : 中村智志  安江洋介

【男性アンサンブル】
石野喜一
斎藤准一郎
玉井晴章
ユ スングク
上廻怜雄奈
鈴木伶央
新庄真一

【女性アンサンブル】
濱田恵里子
桜 小雪
山中由貴
大槻純子
森田真代
宮尾有香

Access since 05.12.30


2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

検索くん